アポロ17号とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 宇宙百科事典 > アポロ17号の意味・解説 

アポロ17号

分類:宇宙飛行


名称:アポロ17号(Apollo 17)
小分類:アポロ計画
打ち上げ国名機関:アメリカ/アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ年月日:1972年12月7日
帰還年月日:1972年12月19日
打ち上げロケット:サターンV
宇宙飛行士:ユージン・A・サーナン/ロナルド・E・エヴァンス/ハリスン・H・シュミット
飛行時間:301時間5159
国際標識番号:1972096A

アポロ17号はアポロ計画最後に打ち上げられた宇宙船となりました。月着陸船チャレンジャー号着陸地点は、「晴の海」東南にある高地のタウリス・リトロー地域です。月面にとどまってい時間75時間でした。
月に降りたのはユージン・サーナン船長ハリソン・シュミットです。シュミット地質学者としてNASA宇宙飛行士選ばれた人でした。
2人3度船外活動を行なって合計35kmの距離を移動し、110キログラム岩石採集しました。この距離と岩石の量は、アポロ11号から17号のなかでもっとも多いものです。飛行時間月面滞在時間もいちばんの長さでした。

1.宇宙船はどんな形をして、どのような性能持っているの?
アポロ宇宙船司令船と機械船から構成されています。司令船は円錐形をした居住カプセルで、全長3.23m、底辺直径3.91m、重量5.56tです。円筒形機械船は司令船に酸素電力供給したり、推進ロケット役割をする部分です。全長7.37m、直径3.91m、重量23.2tです。また、月着陸船全長7m、重量15.1tです。


2.ロケットはどんな形をして、どのような性能持っているの?
サターンVは3段式ロケットで、宇宙船をふくめた全長が111m、重量2941tです。第1段に推力694tのエンジンが5基、第2段に推力93tのエンジンが5基、第3段に推力93トンエンジンが1基ついています。

3.打ち上げ飛行順序はどうなっているの?
サターンVの第1段と第2段の推力で、第3段とアポロ宇宙船地球軌道に乗せ、第3段の推力で月に向かいます。第3段を離れ宇宙船が第3段に収めてある月着陸船ドッキングして、第3段と着陸船を切り離します。月の周回軌道に乗ってから月着陸船月面降り立ちます。地球帰るとき、着陸船は再び宇宙船ドッキングして、飛行士宇宙船乗り移ったあとで切り離されます。大気圏再突入司令船だけで行われます。


4.宇宙飛行目的は?
月着陸月面調査です。

5.宇宙でどんな活動をし、どのような成果をおさめたの?
ハリソン・シュミット科学者として初めて月を訪れ月面調査しました。

参考文献:アラン・シェパード,ディーク・スレイトン著/ムーンショット(集英社)、竹内均監修/Newton Collction II 宇宙開発(教育社)


アポロ17号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/16 07:54 UTC 版)

アポロ17号は、アメリカ合衆国アポロ計画における最後の飛行である。2019年現在、史上6度目にして最後の有人月面着陸を行い、また地球周回低軌道を越えて人類が宇宙を飛行した最後の例となっている[2][3]。また、アポロ宇宙船を月面着陸という本来の目的で使用する最後の飛行ともなった。同宇宙船がこの後に使われたのは、スカイラブ計画アポロ・ソユーズテスト計画のみであった。船長ユージン・サーナン (Eugene Cernan)、司令船操縦士ロナルド・エヴァンス (Ronald Evans)、月着陸船操縦士ハリソン・シュミット (Harrison Schmitt) の3名を乗せて1972年12月7日フロリダ州ケープ・カナベラルケネディ宇宙センターから打ち上げられた。




  1. ^ a b Orloff, Richard W. (September 2004) [First published 2000]. “Table of Contents”. Apollo by the Numbers: A Statistical Reference. NASA History Series. Washington, D.C.: NASA. ISBN 0-16-050631-X. LCCN 00-61677. NASA SP-2000-4029. オリジナルの23 August 2007時点におけるアーカイブ。. http://history.nasa.gov/SP-4029/Apollo_00g_Table_of_Contents.htm 2013年7月24日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n Wade, Mark. “Apollo 17”. Encyclopedia Astronautica. 2011年8月22日閲覧。
  3. ^ Apollo 17 Mission Overview”. Apollo Lunar Surface Journal. 2011年8月25日閲覧。
  4. ^ a b c d Landing Site Overview”. Apollo 17 Mission. Lunar and Planetary Institute. 2011年8月23日閲覧。
  5. ^ December 11, 1972 – Longest lunar stay by humans”. Today in Space History. 2011年8月25日閲覧。
  6. ^ Extravehicular Activity”. NASA. 2004年11月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月25日閲覧。
  7. ^ a b Apollo 17 Crew”. The Apollo Program. Washington, D.C.: National Air and Space Museum. 2011年8月26日閲覧。
  8. ^ a b c A Running Start – Apollo 17 up to Powered Descent Initiation”. Apollo Lunar Surface Journal. 2011年8月25日閲覧。
  9. ^ Astronaut Bio: Joe Henry Engle”. NASA. 2011年8月25日閲覧。
  10. ^ a b “2 Astronauts Quitting Jobs And Military”. Toledo Blade. Associated Press. (1972年5月24日). http://news.google.com/newspapers?id=plwxAAAAIBAJ&sjid=6wEEAAAAIBAJ&pg=7112,4977778&dq=roosa+apollo+17&hl=en 2011年8月26日閲覧。 
  11. ^ “Apollo crew warned about commercialism”. The Free Lance-Star. (1972年8月1日). http://news.google.com/newspapers?id=kAsUAAAAIBAJ&sjid=94oDAAAAIBAJ&pg=5667,8302&dq=apollo+17+backup+crew&hl=en 2011年8月26日閲覧。 
  12. ^ Slayton & Cassutt 1994, p. 279
  13. ^ Astronaut Bio: Robert Overmyer”. NASA. 2011年8月26日閲覧。
  14. ^ Astronaut Bio: Robert Allan Ridley Parker”. NASA. 2011年8月26日閲覧。
  15. ^ Astronaut Bio: C. Gordon Fullerton”. NASA. 2011年8月26日閲覧。
  16. ^ a b Apollo Mission Insignias”. NASA. 2011年7月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月25日閲覧。
  17. ^ a b c Apollo 17 Traverse Gravimeter Experiment”. Apollo Lunar Surface Journal. 2011年8月23日閲覧。
  18. ^ Mason, Betsy (2011年7月20日). “The Incredible Things NASA Did to Train Apollo Astronauts”. Wired Science (Condé Nast Publications). http://www.wired.com/wiredscience/2011/07/moon-landing-gallery/?pid=1688&viewall=true 2011年8月23日閲覧。 
  19. ^ a b c d e f g h i Apollo 17 Press Kit (PDF)”. Washington, D.C.: NASA (1972年11月26日). 2011年7月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月26日閲覧。
  20. ^ Osborne, W. Zachary; Pinsky, Lawrence S.; Bailey, J. Vernon (1975). “Apollo Light Flash Investigations”. Biomedical Results of Apollo. Foreword by Christopher C. Kraft, Jr.. Washington, D.C.: NASA. NASA SP-368. http://lsda.jsc.nasa.gov/books/apollo/S4CH2.htm 2011年8月26日閲覧。 
  21. ^ a b Surface Electrical Properties”. Apollo 17 Science Experiments. Lunar and Planetary Institute. 2011年8月26日閲覧。
  22. ^ The Apollo Lunar Roving Vehicle”. NASA. 2011年8月26日閲覧。
  23. ^ a b c d Bailey. O.T., et al. (1973). “26. Biocore Experiment”. Apollo 17 Preliminary Science Report (NASA SPP-330). http://the-moon.wikispaces.com/NASA+SP-330 
  24. ^ Haymaker, Webb; Look, Bonne C.; Benton, Eugene V.; Simmonds, Richard C. (January 1, 1975). “The Apollo 17 Pocket Mouse Experiment (Biocore)”. In Johnston, Richard S.; Berry, Charles A.; Dietlein, Lawrence F.. SP-368 Biomedical Results of Apollo (SP-368). Lyndon B. Johnson Space Center. OCLC 1906749. http://history.nasa.gov/SP-368/s4ch4.htm 
  25. ^ a b Apollo 17 Launch Operations”. NASA. 2011年11月16日閲覧。
  26. ^ a b Landing at Taurus-Littrow”. Apollo Lunar Surface Journal. 2011年8月22日閲覧。
  27. ^ a b ALSEP Off-load”. Apollo Lunar Surface Journal. 2011年8月24日閲覧。
  28. ^ a b Phillips, Tony (2008年4月21日). “Moondust and Duct Tape”. Science@NASA. NASA. 2011年8月24日閲覧。
  29. ^ Brzostowski, Matthew; Brzostowski, Adam (April 2009). “Archiving the Apollo active seismic data”. The Leading Edge (Tulsa, OK: Society of Exploration Geophysicists) 28 (4): 414-416. doi:10.1190/1.3112756. ISSN 1070-485X. http://tle.geoscienceworld.org/content/28/4/414.abstract 2014年6月12日閲覧。. 
  30. ^ The First EVA”. Apollo Lunar Surface Journal. 2011年7月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月22日閲覧。
  31. ^ Preparations for EVA-2”. Apollo Lunar Surface Journal. 2011年8月24日閲覧。
  32. ^ EVA-3 Close-out”. Apollo Lunar Surface Journal. 2011年7月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月22日閲覧。
  33. ^ a b Return to Earth”. Apollo Lunar Surface Journal. 2011年8月22日閲覧。
  34. ^ a b Apollo: Where are they now?”. NASA. 2011年7月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月26日閲覧。
  35. ^ NASA Spacecraft Images Offer Sharper Views of Apollo Landing Sites”. NASA (2011年9月6日). 2013年7月24日閲覧。
  36. ^ From the Earth to the Moon - Season 1, Episode 12: Le Voyage Dans La Lune”. TV.com. San Francisco, CA: CBS Interactive. 2011年8月26日閲覧。
  37. ^ Hickam 1999, pp. 3–8
  38. ^ Anderson, Patrick (2005年9月19日). “Rex Marks the Spot”. The Washington Post. http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2005/09/18/AR2005091801146.html 2011年8月24日閲覧。 
  39. ^ Caidin 1972, p. 15
  40. ^ Deep Impact quotes”. Subzin.com. 2013年7月24日閲覧。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アポロ17号」の関連用語

アポロ17号のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アポロ17号のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JAXAJAXA
Copyright 2020 Japan Aerospace Exploration Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアポロ17号 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS