アポロ1号とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 宇宙百科事典 > アポロ1号の意味・解説 

アポロ1号

分類:宇宙飛行


名称:アポロ1号(Apollo 1)
小分類:アポロ計画
打ち上げ国名機関:アメリカ/アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げロケット:サターンIB
宇宙飛行士:バージル・I・グリソム/エドワード・H・ホワイト/ロジャー・B・チャフィー

アポロ計画唯一アメリカ有人ロケットでも初めての爆発事故おこしたのがアポロ1号です。
1967年1月27日アポロ計画初の有人宇宙飛行行なうための、打上げ予行演習をしている最中のことでした。アポロ宇宙船突然に爆発して火災おこしたのです。原因は、船内電線絶縁体が裂けてむきだしになっていたせいでした。船内満たされていた純粋酸素が、電気火花引火して燃えだしたのです。船内にいたパイロットの3人は、着ていた宇宙服おかげで火に焼かれずにすんだものの、窒息により死亡してしまいました。
この事故アメリカ人々衝撃をもたらし、アポロ計画中止するべきだという世論しばらくの間おこりました。

1.宇宙船はどんな形をして、どのような性能持っているの?
アポロ宇宙船司令船と機械船から構成されています。司令船は円錐形をした居住カプセルで、全長3.23m、底辺直径3.91m、重量5.56tです。円筒形機械船は司令船に酸素電力供給したり、推進ロケット役割をする部分です。全長7.37m、直径3.91m、重量23.2tです。


2.ロケットはどんな形をして、どのような性能持っているの?
サターンIB全長68.3m、直径6.6m、重量587tです。推力744tのロケットエンジンが8基と、推力102tのロケットエンジンが1基ついていました。

3.打ち上げ飛行順序はどうなっているの?
打ち上げのための予行演習最中爆発事故がおこり、打ち上げはされませんでした

4.宇宙飛行目的は?
アポロ計画初の有人宇宙飛行です。


5.宇宙でどんな活動をし、どのような成果をおさめたの?
打ち上げ前の爆発事故で、飛行計画は行なわれませんでした

参考文献:アラン・シェパード,ディーク・スレイトン著/ムーンショット(集英社)、野田昌宏編著/NASA これがアメリカ航空宇宙局だ(CBS・ソニー出版)


アポロ1号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/04 08:33 UTC 版)

アポロ1号は、アメリカ合衆国アポロ計画において、1967年2月21日の発射を目指して準備が進められていた最初の有人宇宙飛行計画である。AS-204(アポロ-サターン204)の指定番号が与えられている。同年1月27日ケープ・カナベラル空軍基地34番発射台上で発射の予行演習を行っていた際に発生した火災により、船長ガス・グリソム(Virgil I. "Gus" Grissom)、副操縦士エドワード・ホワイト(Edward H. White)、飛行士ロジャー・チャフィー(Roger B. Chaffee)の3名が犠牲になり、司令船も焼失した。アポロ1号の名は当初は乗員たちによって任意に称されていたが、1967年4月24日NASAはこの事故を記憶にとどめるため、正式にこれを計画の番号とした[1]




  1. ^ a b Vol.11, part 1 (1967 Mar/Apr)”. NASA SP-4009: The Apollo Spacecraft - A Chronology. アメリカ航空宇宙局 (1978年). 2011年3月3日閲覧。
  2. ^ http://www.nasm.si.edu/research/arch/findaids/bellcomm/bci_sec_21.html
  3. ^ Benson 1978: Chapter 18-1 - The Fire That Seared The Spaceport, "Introduction"
  4. ^ "3 Crewmen Picked For 1st Apollo Flight", Palm Beach Post, March 21, 1966
  5. ^ "Apollo Shot May Come This Year", UPI story, Bonham Daily Favorite newspaper, May 5, 1966
  6. ^ a b c d e f g Apollo 1: The Fire 27 January 1967”. NASA Special Publication-4029. 2011年8月20日閲覧。
  7. ^ “'Open End' Orbit Planned for Apollo”. Pittsburgh Press. UPI: p. 20. (1966年8月4日). http://news.google.com/newspapers?id=ReojAAAAIBAJ&sjid=UU8EAAAAIBAJ&dq=apollo-1&pg=7152%2C998301 2010年11月11日閲覧。 
  8. ^ "Apollo To Provide Live Space Shots", Sarasota Herald-Tribune newspaper, Oct 13, 1966
  9. ^ Dorr, Eugene. “Space Mission Patches - Apollo 1 Patch”. 2009年7月18日閲覧。
  10. ^ Hengeveld, Ed. “The man behind the Moon mission patches”. collectSPACE. 2009年7月18日閲覧。
  11. ^ Report of Apollo 204 Review Board
  12. ^ Mary C., White. “Gus Grissom”. Detailed Biographies of Apollo I Crew. NASA History. 2008年7月29日閲覧。
  13. ^ Courtney G Brooks, James M. Grimwood, Loyd S. Swenson (1979), “Chapter 8 Part 7”, Chariots for Apollo: A History of Manned Lunar Spacecraft, NASA, ISBN 0-486-46756-2, http://www.hq.nasa.gov/office/pao/History/SP-4205/ch8-7.html 2008年1月29日閲覧。 
  14. ^ Murray, Charles, & Cox, Catherine. Apollo: The Race to the Moon (New York: Simon and Schuster, 1989), p. 184.
  15. ^ Murray and Cox, Apollo, p. 185.
  16. ^ Wilford, John (1969), We Reach the Moon; the New York Times Story of Man's Greatest Adventure, New York: Bantam Paperbacks, p. 95, ISBN 0373063690 
  17. ^ David Shayler (2000), Disasters and accidents in manned spaceflight, Springer, p. 105 
  18. ^ Richard W. Orloff; David Michael Harland (2006), Apollo: the definitive sourcebook, Springer Science & Business, p. 114 
  19. ^ Seamans, Robert C., Jr. (1967-04-05), “Memorandum”, Report of Apollo 204 Review Board, NASA History Office, http://www.hq.nasa.gov/pao/History/Apollo204/seamans.html 
  20. ^ Dr. Robert C. Seamans, Jr. (1967年4月5日). “NASA Management Instruction 8621.1 April 14, 1966”. Apollo 204 Review Board Final Report. NASA. 2011年3月7日閲覧。
  21. ^ James E. Webb - NASA Administrator, February 14, 1961-October 7, 1968”. 2011年8月20日閲覧。
  22. ^ a b c Seamans, Robert C., Jr. (1967-04-05), “Findings, Determinations And Recommendations”, Report of Apollo 204 Review Board, NASA History Office, http://www.hq.nasa.gov/pao/History/Apollo204/find.html 2007年10月7日閲覧。 
  23. ^ NASA history SP-4009”. 2011年8月20日閲覧。
  24. ^ 1967年、ノース・アメリカンの副社長ジョン・マッカーシー (John McCarthy) は、グリソムが船内で体を動かしたときに誤って「電線の絶縁を蹴飛ばした」のではないかと推察したが、調査委員会は彼の発言を強く否定し、無視した。焼失した宇宙船の中に最初に入った宇宙飛行士であるフランク・ボーマンは、「我々は、グリソムあるいは他の飛行士が電線を蹴ったことで出火したことをうかがわせるような、いかなる証拠も発見することはなかった」と証言した。1978年に作成されたNASAの事故史を記録した内部資料では、「出火原因については、ケネディ宇宙センターでは今でも様々な憶測が流れている。『電線を蹴飛ばしたことが原因』とする意見については、人によって意見が異なる」と記されている (Benson 1978: Chapter 18-6 - The Fire That Seared The Spaceport, "The Review Board", retrieved May 12, 2008) 。マッカーシーは上記のコメントを出したすぐ後に、「私は単に仮説として述べたに過ぎない」と語っている (“Blind Spot”. Time Magazine. (1967年4月21日). http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,843575-2,00.html 2008年5月21日閲覧。 )
  25. ^ Benson 1978: Chapter 18-3 - The Spacecraft Comes to KSC
  26. ^ Giblin, Kelly A.. “Fire in the Cockpit!”. Invention & Technology Magazine. American Heritage Publishing. 2011年3月23日閲覧。
  27. ^ http://www.imdb.com/title/tt1466415/
  28. ^ http://www.imdb.com/title/tt0925248
  29. ^ a b Benson 1978: Chapter 18-2 - The Fire That Seared The Spaceport, "Predictions of Trouble"
  30. ^ Garber, Steve (2003年2月3日). “NASA Apollo Mission Apollo-1 -- Phillips Report”. NASA History Office. 2010年4月14日閲覧。
  31. ^ 5月11日、ウェブはノース・アメリカンを指名したのは正当な選択だったことを表明した。6月9日には、シーマンズが1961年11月に同社を指名するまでに至った過程を記録した、7ページからなる覚え書きを提出した。 CSM Source Selection”. Encyclopedia Astronautica. 2011年8月20日閲覧。
  32. ^ Storms interview with historian James Burke for BBC television "The Other Side of the Moon." May 18, 1979
  33. ^ Murray, Charles, & Cox, Catherine. Apollo: The Race to the Moon (New York: Simon and Schuster, 1989), pp. 213–14.
  34. ^ Sputnik and the Soviet Space Challenge, Asif Siddiqi, page 266, ISBN 0-8130-2627-X
  35. ^ Charles, John (2007年1月29日). “Could the CIA have prevented the Apollo 1 fire?”. The Space Review. http://www.thespacereview.com/article/797/1 2008年1月5日閲覧。 
  36. ^ Colonel B. Dean Smith (2006), The Fire That NASA Never Had, PublishAmerica, ISBN 978-1424125746 
  37. ^ Bellcomm, Inc Technical Library Collection”. National Air and Space Museum, Archives Division (2001年). 2010年4月5日閲覧。
  38. ^ a b c Briefing of "NASA Update on the Space Shuttle Columbia" (Disaster) by NASA administrator Sean O'Keefe and Scott Hubbard on August 26, 2003
  39. ^ a b c E. Krantz 2000, p. 204
  40. ^ Part V: Investigation and Analyses”. Apollo 204 Review Board Final Report (1967年4月5日). 2011年3月7日閲覧。
  41. ^ http://blog.cosmo.org/2009/07/apollo-1-archive-at-cosmosphere.html
  42. ^ Apollo 11 30th Anniversary: Manned Apollo Missions”. アメリカ航空宇宙局 History Office (1999年). 2011年3月3日閲覧。
  43. ^ Post-landing Activities”. Apollo 15 Lunar Surface Journal (2006年1月15日). 2007年7月26日閲覧。 Section 105:11:33.
  44. ^ Virgil I. Grissom High School”. Huntsville City Schools. 2008年6月24日閲覧。
  45. ^ Ed White MIddle School”. Huntsville City Schools. 2008年6月24日閲覧。
  46. ^ Roger B. Chaffee Elementary School”. Huntsville City Schools. 2008年6月24日閲覧。
  47. ^ http://www.north-scott.k12.ia.us/vg/index.html
  48. ^ http://www.north-scott.k12.ia.us/ew/index.html
  49. ^ http://www.north-scott.k12.ia.us/
  50. ^ Edward H. White Middle School”. North East Independent School District - San Antonio, Texas. 2008年6月24日閲覧。
  51. ^ Edward H. White High School”. Duval County Public Schools. 2008年6月24日閲覧。
  52. ^ Edward H. White Elementary”. Duval County Public Schools. 2008年7月11日閲覧。
  53. ^ Ed White Memorial Youth Center”. Ed White Memorial Youth Center. 2008年2月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年7月11日閲覧。
  54. ^ Grissom Elementary School”. Tulsa Public Schools. 2008年6月24日閲覧。
  55. ^ Fallen Astronaut
  56. ^ pdf of City of Long Beach Economic Zones
  57. ^ Roger B. Chaffee Planetarium”. Grand Rapids Public Museum. 2008年6月24日閲覧。
  58. ^ Chaffee Park, Rosecrans Avenue, Fullerton, CA - Google Maps”. Maps.google.com (1970年1月1日). 2010年8月14日閲覧。
  59. ^ Weil, Martin (2007年2月18日). “Ill-Fated Apollo 1 Capsule Moved to New Site”. The Washington Post: p. C5. http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/02/17/AR2007021701760.html 
  60. ^ “Apollo 1 astronauts honored at Cape”. Palm Beach Post. (2007年1月27日). http://www.palmbeachpost.com/state/content/state/epaper/2007/01/27/0127apollo.html 2007年11月14日閲覧。 




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アポロ1号」の関連用語

アポロ1号のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アポロ1号のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JAXAJAXA
Copyright 2018 Japan Aerospace Exploration Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアポロ1号 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS