居住とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 居住 > 居住の意味・解説 

きょ‐じゅう〔‐ヂユウ〕【居住】

読み方:きょじゅう

[名](スル)住むこと。すまい。「—者」


居住

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/21 08:54 UTC 版)

居住(きょじゅう)英語Residenceとは、一定の住まいを定め、そこに住んで自分たちの生活を営むこと。




「居住」の続きの解説一覧

居住

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 07:38 UTC 版)

十和田市」の記事における「居住」の解説

人口約6万人半数以上は東部の市街地三本木地区)に住む。市街地は、三本木地区東西に約4km南北4km大きさ展開しており、市街地南北旧国道4号が、東西国道102号貫いている。その他の人口は、奥入瀬川川沿い点在する集落に住む。

※この「居住」の解説は、「十和田市」の解説の一部です。
「居住」を含む「十和田市」の記事については、「十和田市」の概要を参照ください。


居住

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 13:08 UTC 版)

アパルトヘイト」の記事における「居住」の解説

1913年制定の原住民土地法英語版)」により、南アフリカ全土のうち南アフリカ連邦政府指定した地域のみに黒人土地所有権認めたが、それ以外の地域における黒人土地所有権否定し黒人白人から家屋土地買い取って所有することができなくなった都市部おいても1950年制定された「集団地域法英語版)」に基づいて人種別に居住区割り当てが行われ、自身属す人種グループ割り当てられ地域外での居住は違法とされたほか、1953年制定の隔離施設留保法英語版)」では道路除いたあらゆる公共施設公共車両飲食店などにおいて人種別に専用施設用意することが義務付けられ白人と黒人居住区および生活圏法的にくっきりと分けられた。差別される側の黒人は約2500万人インド系住民90万人に対して白人は約500万程度である(黒人20%以下)。さらに1959年全面的なアパルトヘイト構想としてバントゥースタン計画立案された。具体的に1959年制定のバントゥー自治促進法(英語版)」により民族部族単位自治区設け政策実施された。

※この「居住」の解説は、「アパルトヘイト」の解説の一部です。
「居住」を含む「アパルトヘイト」の記事については、「アパルトヘイト」の概要を参照ください。


居住

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/27 14:33 UTC 版)

武 (鹿児島市)」の記事における「居住」の解説

西郷隆盛武士軍人維新の三傑一人1873年明治6年)に征韓論敗れた西郷隆盛鹿児島帰郷し武村現在の二丁目)に屋敷構え1877年明治10年)の西南戦争勃発まで居住していた。西郷屋敷訪れた庄内藩武士菅実秀同伴した石川静正が著した薩摩紀行」では武の西郷屋敷について「この武村の邸は、囲い柴垣小さい門に小さい古西郷吉之助と書いてあり、門の右の方物置小屋猟犬をここにつなぎ、左方入口土間になり、玄関はなかった。いつも庭の方廻って座敷上がった。その座敷前の庭に大きな四・五あるだけで、踏み石なく、少し前野菜畑であった敷地外田圃にて遠く桜島望み景色絶佳であった。」と記している1967年昭和42年)に計画された土地区画整理事業において、この屋敷付近児童公園とする計画立案されたが、西郷屋敷跡は京都建設会社所有となっていたことから地元住民は「西郷屋敷保存会」を発足し鹿児島県及び鹿児島市に対して西郷屋敷保存訴えかけた。その結果西郷屋敷跡は1979年昭和54年4月西郷公園として整備され古井戸手水鉢門柱などが残された2019年令和元年11月7日には西郷隆盛漢詩南洲翁遺訓」を刻んだ石碑西郷屋敷跡に建立された。また住人には西郷家同居していた書家川口雪篷がおり、西郷隆盛留守役を果たした

※この「居住」の解説は、「武 (鹿児島市)」の解説の一部です。
「居住」を含む「武 (鹿児島市)」の記事については、「武 (鹿児島市)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「居住」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

居住

出典:『Wiktionary』 (2021/10/29 00:28 UTC 版)

名詞

きょじゅう

  1. 住むこと。

発音(?)

きょ↗じゅー

動詞

活用


「居住」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



居住と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「居住」に関係したコラム

  • ネット証券の口座開設の基準は

    ネット証券に口座を開設するには、一定の基準をクリアしなければなりません。以下は、ネット証券の口座開設の一般的な基準です。ネット証券と証券会社との口座開設の基準の違いは、インターネット利用環境があるかど...

  • FXの口座開設の条件は

    FX(外国為替証拠金取引)の口座を開設するには、FX業者の設けた基準をクリアしなければなりません。ここでは、一般的な基準をまとめています。なお、基準はFX業者によりまちまちのため、すべてのFX業者に該...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

居住のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



居住の意味のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの居住 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの十和田市 (改訂履歴)、アパルトヘイト (改訂履歴)、武 (鹿児島市) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの居住 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS