永住とは? わかりやすく解説

えい‐じゅう〔‐ヂユウ〕【永住】

読み方:えいじゅう

[名](スル)長く、ある土地住み着くこと。死ぬまでその土地に住むこと。「ここを—の地と定める」「アメリカに—する」


永住権

(永住 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/07 13:56 UTC 版)

永住権、永住資格(えいじゅうけん、えいじゅうしかく、英:Permanent residency、Permanent resident status)とは、世界各国における外国人に対する在留許可制度による滞在資格の一つで、無制限在留期間かつ収入事業運営活動または報酬受領活動を認められた在留資格[1][2][3][4][5]。漢字だと誤解されやすいが、この「権」は権利(right)の意味ではなく、資格(status)の意味の方である[6][7]。そのため、永住権(永住資格)を維持するためには定められたルールに従う必要があり、違反時には取り消し資格喪失となる[4][6]


  1. ^ Maintaining Permanent Resident Status” (英語). U.S. Embassy & Consulates in Japan. 2024年5月15日閲覧。
  2. ^ Immigration, Refugees and Citizenship Canada (2017年12月13日). “Understand PR Status”. www.canada.ca. 2024年5月15日閲覧。
  3. ^ 米国永住者”. 在日米国大使館と領事館. 2024年5月15日閲覧。
  4. ^ a b 永住資格の維持”. 在日米国大使館と領事館. 2024年5月20日閲覧。
  5. ^ Maintaining Permanent Resident Status” (英語). U.S. Embassy & Consulates in Japan. 2024年5月20日閲覧。
  6. ^ a b c アメリカ国籍取得テストでアメリカの一般教養と英語を学ぶ - p10 ジェームス・M・バーダマン, ‎マヤ・バーダマン 2023年
  7. ^ 「移住者たちのリアルな声でつくった 海外暮らし最強ナビ【ヨーロッパ編】」久保田由希,2021年
  8. ^ a b 日本大百科全書(ニッポニカ). “永住資格(えいじゅうしかく)とは? 意味や使い方”. コトバンク. 2024年5月15日閲覧。
  9. ^ a b 永住許可(入管法第22条) - 入国管理局ホームページ
  10. ^ a b 永住許可(入管法第22条) | 出入国在留管理庁”. www.moj.go.jp. 2024年5月15日閲覧。
  11. ^ アメリカ人との国際結婚を通しての移住 – Law Office of D. J. Jones PLLC” (英語). 2021年8月31日閲覧。
  12. ^ アメリカ市民権の申請・取得の流れと方法”. 2021年8月31日閲覧。
  13. ^ Green Card (Permanent Residence) USCIS
  14. ^ (朝鮮語) 永住(F-5), 韓国法務部出入国管理局. 日本語版(査証(VISA)/一般長期査証/永住(F-5)), HiKorea, 2009.04.06)や英語版では1,10-14に関する記述は見られない(2010年3月13日閲覧)。
  15. ^ (朝鮮語) 지방선거…외국인 투표는 '화교'만 해라?(訳;地方選挙…外国人投票は '華僑'ばかりやりなさい?), PRESSian, 2006-05-19.
  16. ^ 6月の韓国統一地方選、外国人1万1680人が投票 統一日報, 2010年03月10日
  17. ^ (朝鮮語) 영주(F-5) — 국민 또는 영주(F-5)자격을 가진 자의 배우자 등, 韓国法務部出入国管理局, 2007.02.22.
  18. ^ 中国人が済州都心のモーテルやマンションまで買い占め 中央日報, 2014年10月23日



「永住」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「永住」の関連用語

永住のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



永住のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの永住権 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS