米国へとは? わかりやすく解説

米国へ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/06 22:21 UTC 版)

フランシスコ・デ・ミランダ」の記事における「米国へ」の解説

1771年ミランダスペイン帝国陸軍に入隊した。そして、アラゴン[要曖昧さ回避]の聯隊配属されアメリカ独立戦争関心示した1781年にはアメリカ独立戦争ペンサコーラの戦い参戦し中佐昇進した翌年1782年バハマ占領にも参戦したミランダバハマ陥落の報をベルナルド・デ・ガルベス・イ・マドリーに告げたが、ガルベス自らの許可無くバハマ侵攻した事に憤慨しミランダ捕えられた。この時スペイン非公式を是としない方針納得出来なかった事がミランダスペイン帝国からの独立へ向かわせたとも言われている1783年解放されたミランダは米国へと戻りボストンから英国行の船に乗る。そこでジョージ・ワシントントマス・ペインアレクサンダー・ハミルトンヘンリー・ノックストマス・ジェファーソン等の面々遭遇した

※この「米国へ」の解説は、「フランシスコ・デ・ミランダ」の解説の一部です。
「米国へ」を含む「フランシスコ・デ・ミランダ」の記事については、「フランシスコ・デ・ミランダ」の概要を参照ください。


米国へ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/12 07:11 UTC 版)

筑波久子」の記事における「米国へ」の解説

1963年昭和38年)、人気絶頂の中、24歳突如芸能界引退渡米してコロンビア大学語学入学27歳時に遠距離恋愛経て3歳年下のマシュー・ヴァン・リューエンと結婚カリフォルニア新居構えるが、映画への思い捨てられず、カリフォルニア大学脚本コースに進む。 1967年昭和42年)、長男キース出産1966年昭和41年)及び1968年昭和43年)に一時帰国し、東映映画など出演その後アメリカ定住当時米国泥沼化するベトナム戦争さなかにあり、知人にも戦死者がいた。筑波退廃的な生活を送る若者たち題材にしたドキュメンタリー映画『若いアメリカ人たち』を撮る。 1973年昭和48年)、第2作目作品Tender Loving Care』が大物プロデューサーロジャー・コーマンに認められ、「チャコ・ヴァン・リューウェン名義で全米配給。「彼女の作品試写室見てショックを受けたキャリアの浅いチャコ作ったのが信じられなかった、それくらいクオリティの高い作品仕上がっていた」(コーマン談) 1978年昭和53年)、ジョー・ダンテ監督抜擢して1億円の低予算製作したパニック映画ピラニア』が、興収40億円の大ヒットハリウッド大物プロデューサーとなった1981年昭和56年)、『ピラニア』のリメイク作品殺人魚フライングキラー』の監督に、当時無名駆け出し28歳ジェームズ・キャメロン抜擢1986年昭和61年)、旧ソ連チェルノブイリ原発事故起こり感受性の強い一人息子キースが世を儚んで拳銃自殺してしまう。筑波一時このショックから精神不安定となり、自殺試みたこともあったという。 2013年平成24年)春、息子思い支えに東日本大震災からの復興自殺防止高齢者若者支援目的とする団体「ファミリー・グループ」を日本組織政治活動行っている

※この「米国へ」の解説は、「筑波久子」の解説の一部です。
「米国へ」を含む「筑波久子」の記事については、「筑波久子」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「米国へ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

米国へのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



米国へのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのフランシスコ・デ・ミランダ (改訂履歴)、筑波久子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS