陥落とは? わかりやすく解説

かん‐らく【陥落】

[名](スル)

落ち込むこと。陥没。「地盤が—する」

攻め落とされること。「首都が—する」

地位順位下がること。「最下位に—する」

口説き落とされること。「熱意負けて—する」

欠けていること。欠落していること。

自分の性質一部—しているばかりに」〈花袋春潮


陥落(おとしあな)

作者勝目梓

収載図書もうひとつ理由
出版社双葉社
刊行年月2001.8

収載図書もうひとつ理由
出版社双葉社
刊行年月2004.8
シリーズ名双葉文庫


陥落

読み方:かんらく

  1. いろいろと骨を折つて女を口説き落すことをいふ。戦争用語から転訛したものである。〔情事語〕
  2. 男にさんざん口説かれ落されること。〔花柳界
  3. 〔隠〕女を口説いて苦心惨憺結果口説き落す事をいふ。
  4. 口説き落されること。
  5. 女を口説き落す事を云ふ。
  6. 本来は戦争用語であつて、敵城攻めかけて、降伏せしむる事をいふのであるが、転じて種々な意味に用ふる。その中で最も普通に用ひらるるものは、女を口説いて苦心惨憺結果、之を口説き落す事をいふ。例、「一つあいつを陥落させてやらうか」など。
  7. 女を強く口説いて承知させること。
  8. 女を口説き落すこと。

分類 情事語、花柳界

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

陥落

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/08 22:37 UTC 版)

陥落(かんらく)とは、地面などが落ち込むこと、城塞などの軍事拠点が攻め落とされること。転じて人や団体がその地位を失う、降格する、追われることや、口説き落とされることもいう。




「陥落」の続きの解説一覧

陥落


陥落

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/25 10:08 UTC 版)

救援隊1月スーダン入りハルツーム救援を急ぐためにハーバード・スチュアート准将ラクダ2400余り先遣隊として派遣した先遣隊はバイユーダ砂漠越えてハルツーム目指した途中1月17日マフディー派ベドウィン襲撃受けたがこれを撃破している(アブクレアの戦い)。彼らが1月20日にメテッマに到着したとき、ゴードン4か月前救援隊援助するために派遣していた4隻の蒸気船遭遇した。ここでハルツームが今にも陥落しそうだということ分かったため、ハルツーム急行した。 アブクレアにおけるアンサール敗北知ったアフマド救援隊すぐ近くに迫っていることを察知し1月25-26日の夜、総攻撃開始した。ちょうどこの時ナイル川増水期過ぎており、白ナイル川底露わにしていた。そしてエジプト人下士官の一人であったファラズ・パシャなる人物水門開け5万人のアンサール城内導いた飢えと病、度重なる戦闘によりもはや守備隊抗戦能力はなく、アンサール一気市街なだれ込んだ。ゴードン以下守備隊全員市民4,000人が殺戮され、最終的にアフマドによって殺戮中止された。 ゴードン戦死について明らかではないが大きく分けて二つの説がある。一つはゴードンは赤いフェズ儀礼用の軍服を身に着けリボルバー軍刀抵抗し死闘末に殺害されたというもので英国人々から広く支持されている。 もう一つの説がゴードンオーストラリア領事館逃れようとしたところをアンサール発見され通りで殺されたというものであるゴードンについてはアフマド生け捕り命じていたが、命令守られなかった。どちらにせよゴードン遺体首を刎ねられてアフマド届けられ、体は井戸投げ込まれた。 救援隊ハルツーム到着したのはそのわずか2日後であったマフディー軍ハルツーム陥落の勢い乗って救援隊攻撃した撃退された。しかし任務失敗悟った救援隊エジプト撤収した

※この「陥落」の解説は、「ハルツーム包囲戦」の解説の一部です。» 「ハルツーム包囲戦」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

陥落

出典:『Wiktionary』 (2021/11/07 09:06 UTC 版)

この単語漢字
かん
常用漢字
らく
第三学年

発音(?)

か↗んらく

名詞

(かんらく)

  1. 落ち込むこと。
  2. (軍事) 城や都市攻め落とされること。
  3. 今まで保っていた地位順位下がること。

動詞

活用


「陥落」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

陥落のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



陥落のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの陥落 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのラ・ロシェル包囲戦 (改訂履歴)、ハルツーム包囲戦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの陥落 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS