王手とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 娯楽 > 王手 > 王手の意味・解説 

おう‐て〔ワウ‐〕【王手】

読み方:おうて

将棋で、直接に王将攻めたてる手。

最終的な勝利を得るまであと一歩段階相手死命を制するような決定的な手段。「優勝に―をかける」

「王手」に似た言葉

王手

原題:
製作国:日本
製作年:1991
配給:ムービーギャング
スタッフ
監督:阪本順治 サカモトジュンジ
製作:荒戸源次郎 アラトゲンジロウ
プロデューサー:椎井友紀子 
原作:豊田利晃 トヨダトシアキ
脚本:豊田利晃 トヨダトシアキ

阪本順治 サカモトジュンジ
企画:孫家邦 
撮影:伊藤昭裕 イトウアキヒロ
音楽:梅林茂 ウメバヤシシゲル
美術:小池直実 コイケナオミ
編集:高島健一 タカシマケンイチ
録音:橋本文雄 ハシモトフミオ
スクリプター:佐藤ヒデキ 

浜田孝一 
助監督:片島章三 カタシマ
照明:安河内央之 ヤスコウチヒロユキ
キャスト(役名
赤井英和 アカイヒデカズ (飛田歩)
加藤雅也 カトウマサヤ (香山龍三)
広田玲央名 ヒロタレオナ (照美
仁藤優子 ニトウユウコ (嶋田加奈子
若山富三郎 ワカヤマトミサブロウ (三田村早苗
金子信雄 カネコノブオ (天王寺
梅津栄 ウメヅサカエ (駒田成次)
汐路章 シオジアキラ (李貞錫)
國村隼 クニムラジュン (恵美須
シーザー武志 シーザータケシ (鬼詰)
芹沢正和 セリザワマサカズ (大熊三段
坂東玉基  (矢倉名人
伊武雅刀 イブマサト (八段
麿赤児 マロアカジ (白銀
笑福亭松之助 ショウフクテイマツノスケ (オッサン
解説
大阪舞台に、将棋世界生きる若者の姿を描く。原作・脚本豊田利晃共同脚本・監督は「鉄拳」の阪本順治撮影は「あいつ」の伊藤昭裕それぞれ担当
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されいますのでご注意ください
大阪・新世界に住む真剣師飛田と、プロ名人目指す香山幼なじみで、対照的な性格ありながら二人将棋取り持つ腐れ縁の仲だった。香山薬屋加奈子想い寄せていたが、彼女は将棋オタク”の香山じれったい一方日本海温泉町出向い飛田は、そこでストリッパー照美出会い、また想いを寄せるそんな折り二人前に伝説の老真剣師三田村現れる老いたりとはいえど強い三田村飛田歯が立たないそんな中でも借金取りから逃げながら、プロアマ問わず真剣勝負燃え飛田。やがて彼は名人戦挑むことになる。相手はまだ少年だったが甘くはない。飛田名人戦にすべてをかけて、平安本将棋三田村再度勝負をする。飛田はようやく三田村に勝ち、遂に矢倉名人挑む。そして、長時間勝負の末、飛田矢倉打ち崩すのだった

王手

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/07 15:47 UTC 版)

王手(おうて)とは、チャトランガ系統のボードゲームにおける指し手(駒の動き)の一種である。ルール上、取られてはならないと定められている相手の最重要駒(玉将キングなど)に対して、自分の駒を利かせる指し手のことをいう。チェスの場合はチェック (英語: check) と呼ばれている。


  1. ^ 玉将(ぎょくしょう)は金、銀、桂、香などの駒と同様に、宝物の名称から来ている。王将(おうしょう)が使われるようになったのは後のことで、本来は様の意味はない(玉将#玉将と王将)。なお玉手(たまて)は別の意味となる。
  2. ^ 空き王手(ディスカバード・チェック)の場合、「王将(キング)を動かすことによって王手(チェック)がかかる」ということはあり得る。また、中将棋などの古将棋で、太子醉象の成駒で王将と同じ働きを持つ駒)が存在するなど、王将の働きを持つ駒が複数存在する場合は、例外的に「王将で王手」も可能である。
  3. ^ 図1での合駒には他に6三~6七の位置に歩を打つ手もあるが、すぐに飛車に取られてまた王手がかかるためあまり意味がない。
  4. ^ 理論上は▲6二同角不成もありうるが、飛車・角・歩の不成が意味をもつのは打ち歩詰めが関連する場合のみである。
  5. ^ 日本将棋連盟ウェブサイトよくあるご質問参照。
  6. ^ 「touch and move」の事。触れた駒は必ず動かさなければならないという、チェスの厳格なマナーのひとつ。



王手(おうて)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 03:11 UTC 版)

将棋用語一覧」の記事における「王手(おうて)」の解説

次の手番で玉が取れますよという手。ルール上、王手をかけられた側は次の手で何らかの方法(玉を逃げる・合駒する・王手している駒を取るいずれか)で受けなければならない

※この「王手(おうて)」の解説は、「将棋用語一覧」の解説の一部です。
「王手(おうて)」を含む「将棋用語一覧」の記事については、「将棋用語一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「王手」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

王手

出典:『Wiktionary』 (2021/11/07 16:33 UTC 版)

この単語漢字
おう
第一学年

第一学年
重箱読み

発音

名詞

(おうて)

  1. (将棋) 相手放置すれば、次の手で相手取れるような手。
    • 王手をかける。
  2. 比喩的あと少しで達成できる状態

関連語


「王手」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



王手と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「王手」の関連用語

王手のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



王手のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの王手 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの将棋用語一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの王手 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS