かかったとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > かかったの意味・解説 

かかっ‐た【掛かった】

連体(あとに打消しの語を伴って用いる)話になるような。口に出し言えるような。

「ほんにほんに—事(こん)ちゃあねえ」〈滑・浮世床・二〉


かかっ‐た【掛━】

連体〕 (動詞「かかる(掛)」の連用形「かかり」の音便形助動詞「た」が付いてできたもの) かかりあうべき。関係するだけの価値のある。下に必ず打消の語を伴い全体として話にならない」「言語道断だ」の意となる。

浮世草子好色旅日記(1687)一「何としたといへば、かかった事でござらぬ」


罹った、懸った、掛かった

読み方:かかった

ラ行五段活用動詞罹る」「懸る」「掛かる」の連用形である「罹り」「懸り」「掛かり」の促音便形に、過去・完了存続確認助動詞「た」が付いた形。

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「かかった」の関連用語

かかったのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



かかったのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2022 GRAS Group, Inc.RSS