ラ行とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 言葉 > > ラ行の意味・解説 

ら行

(ラ行 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/08 07:22 UTC 版)

ら行(ら ぎょう)とは、日本語五十音図における9番目のである[1]が含まれる。どの仮名子音母音から成る音節またはモーラを表す。


注釈

  1. ^ 字引:るんるん”. コトバンク. 2020年4月12日閲覧。
  2. ^ 青森県八戸市にある「ルイケ(類家)」(江戸時代における陸奥国三戸郡類家村、幕藩体制下の奥州八戸藩知行類家村)を挙げる資料もあるが、典拠不明である。

出典

  1. ^ 小学館『デジタル大辞泉』、小学館『精選版 日本国語大辞典』. “ら行”. コトバンク. 2020年4月12日閲覧。
  2. ^ 北海道庁 アイヌ政策推進局 アイヌ政策課 (OAMP) (2018年4月4日更新). “アイヌ語地名リスト”. 公式ウェブサイト. 北海道. 2020年4月12日閲覧。
  3. ^ a b c d 北海道庁 アイヌ政策推進局 アイヌ政策課 (OAMP) (2018年4月4日更新). “モク~リ - アイヌ語地名リスト (PDF)”. 公式ウェブサイト. 北海道. 2020年4月12日閲覧。
  4. ^ a b c 北海道庁 アイヌ政策推進局 アイヌ政策課 (OAMP) (2018年4月4日更新). “ル~ワ - アイヌ語地名リスト (PDF)”. 公式ウェブサイト. 北海道. 2020年4月12日閲覧。
  5. ^ 更科源蔵・更科光 1976, pp. 447-448.
  6. ^ a b 日立デジタル平凡社世界大百科事典』第2版. “羅鱶”. コトバンク. 2020年4月12日閲覧。
  7. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』. “ラシャ”. コトバンク. 2020年4月12日閲覧。
  8. ^ ”. コトバンク. 2020年4月11日閲覧。


「ら行」の続きの解説一覧

ラ行

出典:『Wiktionary』 (2008/05/12 02:50 UTC 版)

名詞

(らぎょう)

  1. 五十音図における、第9。ら(ラ)、り(リ)、る(ル)、れ(レ)、ろ(ロ)。子音rを含む。片仮名場合ラ行とも表記する。

関連語




ラ行と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ラ行」の関連用語

ラ行のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ラ行のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのら行 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのラ行 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS