清音とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 音響 > > 清音の意味・解説 

せい‐おん【清音】

読み方:せいおん

澄んだ声音色(ねいろ)。

「帛(きぬ)を裂くような…―がピインと虚空遥かに澄みわたのである」〈木下尚江良人の自白

日本語の音節のうち、撥音と促音除き濁音符半濁音符付けない仮名で表される音節五十音図各音節。→濁音半濁音拗音(ようおん)


清音

読み方:キヨネ(kiyone)

所在 岡山県(JR伯備線ほか)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

清音

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/22 01:31 UTC 版)

清音(せいおん)とは、広義では、日本語の音節のうち、撥音促音を除き、濁点半濁点も付けない仮名で表されるものであり、狭義では、濁音と対立する無声子音をもつ音節のみを指す。




「清音」の続きの解説一覧

清音

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/12 15:35 UTC 版)

速記」の記事における「清音」の解説

日本語五十音に当たる符号基本文字呼ばれる濁音半濁音をここに含むこともある。

※この「清音」の解説は、「速記」の解説の一部です。
「清音」を含む「速記」の記事については、「速記」の概要を参照ください。


清音(共鳴音)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/13 17:43 UTC 版)

診察」の記事における「清音(共鳴音)」の解説

大きい音で澄んだ音、正常肺野で聴かれる。

※この「清音(共鳴音)」の解説は、「診察」の解説の一部です。
「清音(共鳴音)」を含む「診察」の記事については、「診察」の概要を参照ください。


清音

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/15 16:08 UTC 版)

天地無用!シリーズの登場人物」の記事における「清音」の解説

今作から本格的にメインキャラクターとして活躍していく。柾木家出てアパート美星同居している。生活の為にアルバイトをしているが、貧乏生活の日々

※この「清音」の解説は、「天地無用!シリーズの登場人物」の解説の一部です。
「清音」を含む「天地無用!シリーズの登場人物」の記事については、「天地無用!シリーズの登場人物」の概要を参照ください。


清音

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/15 16:08 UTC 版)

天地無用!シリーズの登場人物」の記事における「清音」の解説

宇宙ポリス地球駐在員で、魎呼監視名目柾木家居候する。パートナー美星手を焼いている。

※この「清音」の解説は、「天地無用!シリーズの登場人物」の解説の一部です。
「清音」を含む「天地無用!シリーズの登場人物」の記事については、「天地無用!シリーズの登場人物」の概要を参照ください。


清音

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/07 22:32 UTC 版)

た行」の記事における「清音」の解説

た行頭子音音素は /t/ である。音声学的には「た」「て」「と」の頭子音無声歯茎破裂音[t]、「ち」では無声歯茎硬口蓋破擦音[tɕ]、「つ」では無声歯茎破擦音[ts]となる。た行ローマ字表記日本式では ta ti tu te to であり、ヘボン式では ta chi tsu te to である。

※この「清音」の解説は、「た行」の解説の一部です。
「清音」を含む「た行」の記事については、「た行」の概要を参照ください。


清音

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/22 14:10 UTC 版)

「は行」の記事における「清音」の解説

「清音」も参照 「は行」各音頭子音音素は/h/である。音声学上の発音は「は」、「へ」、「ほ」の頭子音無声声門摩擦音[h]、「ひ」の頭子音無声硬口蓋摩擦音[ç]、「ふ」の頭子音無声両唇摩擦音[ɸ]である。明治以降借用され外来語みられる撥音促音が、は行の前に来る場合バッハシャンハイ等)には無声軟口蓋摩擦音[x]となる場合もある。 「は行」の訓令式ローマ字及び日本式ローマ字表記ha hi hu he hoヘボン式ローマ字表記ha hi fu he ho である。 助詞の「は」と「へ」は、「わ行」音で発音する。また歴史的仮名遣いで、文節のはじめ以外は「わ行」音(ワヰウヱヲ)で発音される。これは、歴史的仮名遣い表記ハ行転呼以前体系に従っているためである

※この「清音」の解説は、「は行」の解説の一部です。
「清音」を含む「は行」の記事については、「は行」の概要を参照ください。


清音

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/30 06:44 UTC 版)

さ行」の記事における「清音」の解説

さ行音(清音)の頭子音音素)は /s/ である(音韻論)。音声学上では、「さ」「す」「せ」「そ」の頭子音単音)は無声歯茎摩擦音 [s] となる。但し息の量が少ないため、英語圏話者には [θ] のように聞こえ場合がある。「し」の頭子音硬口蓋化して、無声歯茎硬口蓋摩擦音 [ɕ] となる。硬口蓋化しない外来音の [si] を仮名で表す場合には、しばしば「スィ」と表記されるさ行音における訓令式ローマ字及び日本式ローマ字表記sa si su se so、ヘボン式ローマ字表記sa shi su se so である。

※この「清音」の解説は、「さ行」の解説の一部です。
「清音」を含む「さ行」の記事については、「さ行」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「清音」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

清音

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 03:37 UTC 版)

名詞

せいおん

  1. 澄んだ音色
  2. 言語学日本語において、濁点半濁点用いずにかなで表す音節
  3. 言語学)特に濁音存在するカ行サ行タ行ハ行音節と、それに対応する拗音

発音(?)

せ↗ーおん
せ↘ーおん

対義語

関連語


「清音」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



清音と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「清音」の関連用語

清音のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



清音のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの清音 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの速記 (改訂履歴)、診察 (改訂履歴)、天地無用!シリーズの登場人物 (改訂履歴)、た行 (改訂履歴)、は行 (改訂履歴)、さ行 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの清音 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS