ハ行とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 言葉 > > ハ行の意味・解説 

は‐ぎょう〔‐ギヤウ〕【は行/ハ行】

五十音図の第6行。は・ひ・ふ・へ・ほ。


は行

(ハ行 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/24 09:16 UTC 版)

は行(はぎょう)とは、五十音の第6番目の行を指す。「は行」には「」、「」、「」、「」、「」の仮名が含まれる。どの仮名子音母音から成る音節またはモーラを表す。


  1. ^ 先島方言などで「花」を[pana]などと言うのはこの音が遺るものであるとする。
  2. ^ 浅川哲也著「知らなかった!日本語の歴史」(東京書籍 2011年8月)p.144より。ハの万葉仮名「波」や「播」の漢字音は、上古音(周~秦代)はpuar、中古音(隋・唐代)はpuaで、ともにp音で始まっている。
  3. ^ 季刊邪馬台国75号(2002年冬)、76号(2002年春)、77号(2002年9月)、82号(2004年1月)、85号(2004年10月)、87号(2005年1月)の特集「「古事記」の秘密」(著者は安本美典)より。75号の「奈良時代の「ハ」「バ」の音の謎」では、ハの万葉仮名の漢字音がpaではなくpua、バの万葉仮名の漢字音がbaではなくbuaである事から、破裂音ではなく破擦音と推定している。
  4. ^ 「母」の語は当時、ハ行転呼を経て [ɸawa] のように発音されることが非常に多く、faua はそれを音写したもの。 fafa [ɸaɸa] は現代語につながるものだが、ハ行転呼を免れ語頭以外に [ɸ] を保っているのは例外的で、「父」 titi、「婆」 baba などの影響で「同じ音の2連続」という語形が強く意識されたものであるとされる。
  5. ^ 例外もある。下記「母」のような例のほか、「かわはぎ」「前フリ」のような複合語、「ひらひら」「へとへと」などの擬声語など。


「は行」の続きの解説一覧

ハ行

出典:『Wiktionary』 (2008/05/12 02:49 UTC 版)

名詞

(はぎょう)

  1. 五十音図における、第6。は(ハ)、ひ(ヒ)、ふ(フ)、へ(ヘ)、ほ(ホ)。子音hを含む。片仮名場合ハ行とも表記する。

関連語




ハ行と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ハ行」の関連用語

ハ行のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ハ行のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのは行 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのハ行 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 Weblio RSS