なとは? わかりやすく解説

五十音図ナ行第1音歯茎鼻音有声子音[n]と母音[a]とから成る音節。[na

平仮名「な」は「奈」の草体から。片仮名「ナ」は「奈」の初2画から。


[副]

あとに動詞連用形カ変サ変未然形)を伴って禁止の意を表す。…するな。

「妹があたり我(あ)は袖振ら木の間より出て来る月にたなびき」〈万・一〇八五〉

「な…そ」の形で動詞連用形カ変サ変未然形)を間にはさんで相手懇願しつつ婉曲に禁止する意を表す。どうぞ…してくれるな

ほととぎすいたく—鳴きそ汝(な)が声を五月の玉にあへ貫(ぬ)くまでに」〈万・一四六五〉


[感]「なあ」に同じ。「—、わかっただろう」


助動

【一】断定の助動詞「だ」の連体形

【二】

断定の助動詞「なり」の連体形「なる」の音変化「なん」の、撥音無表記。→ななり →なめり →ならし

中世語》断定の助動詞「なり」の連体形「なる」の音変化

連銭(れんぜん)芦毛(あしげ)馬ニ金覆輪(きんぶくりん)ノ鞍ヲ置イテ」〈天草平家・二〉

【三】完了助動詞「ぬ」の未然形。→ななむ →なむ →なまし

【四】打消し助動詞「ず」の未然形古形。→なく →なくに →なな


【一】終助

動詞動詞型助動詞終止形ラ変活用語連体形に付く禁止の意を表す。「油断する—」「まだ帰る—」

「かの尼君などの聞かむに、おどろおどろしく言ふ—」〈源・夕顔

補助動詞「なさる」の命令形「なさい」の省略形動詞動詞型助動詞連用形に付く命令の意を表す。「早く行き—」「好きなようにやり—」

活用語終止形助詞に付く

㋐軽い断定主張の意を表す。「これは失敗だ—」

㋑(多く「なさい」「ください」「ちょうだい」などに付いて命令やわらげていう意を表す。「これください—」「お手伝いてちょうだい—」

相手返答同意求めたり念を押したりする意を表す。「君も行ってくれるだろう—」「早めに片付けよう—」

「こは常陸(ひたち)の宮ぞかし—、しか侍り聞こゆ」〈源・蓬生

感動詠嘆の意を表す。「この暑さにはまいった—」「楽しい—」

花の色はうつりにけり—いたづらわが身世にふるながめせしまに」〈古今・春下〉

上代語動詞動詞型助動詞未然形に付く

自分の決意願望を表す。…しよう。…したい。

帰るさに妹に見せむにわたつみの沖つ白玉拾(ひり)ひて行か—」〈万・三六一四〉

他に対す勧誘願望の意を表す。…しようよ。

梅の花今盛りなり思ふどちかざしにして—今盛りなり」〈万・八二〇

【二】[間助]文末や、文中種々の切れ目用いる。語勢添えて自分の言葉相手納得させようとする気持ちを表す。「あの店は—、品物がいいんだ」「彼—、来られないんだって

【三】[格助]

上代語名詞に付く連体修飾を示す。の。

「ま—かひに、もとなかかりて」〈万・八〇二〉

格助詞「に」の音変化上代東国方言時間・場所を表す。に。

草陰の安努(あの)(=地名)—行かむと墾(は)りし道安努は行かずて荒立ちぬ」〈万・三四四七〉

[補説] 1は現在「まなこ(眼)」「みなと(港)」などの語にその形をとどめる

【四】[係助]係助詞「は」が直前撥音「ん」と融合して音変化したもの

「また生滅々已(しゃうめつめつい)の心北門建長寺」〈虎明狂・鐘の音

[補説] 能・狂言平曲などに行われたが、本文表記は「は」のままなのが普通。


接尾時を表す名詞に付いて並列するのに用いる。「朝—朝—」「朝—夕—」


接尾上代語》人を表す名詞に付いて親愛の意を添える。「せ—」「いも—ろ」


な【七】

読み方:な

ななつ。なな。しち。物の数声に出して数えるときに用い「なあ」となることが多い。「いつ、む、—、や」


な【何】

読み方:な

[代]「なに」の音変化。または「なん」の撥音無表記。

「あなうたてや、こは—ぞ」〈源・宿木


な【×儺】

読み方:な

疫鬼追い払う行事追儺(ついな)。鬼遣らい

晦日(つごもり)の日になりて、—といふもの試みるを」〈かげろふ・上〉


な【南】

読み方:な

⇒なん


な【名】

読み方:な

ある事物他の事物と区別するために、それに対応するものとして与える、言語による記号。名前。

一般にその事物の呼び方。「人と—の付く生き物」「花の—」

ただ一つしか存在しないものとしてのその事物の固有の呼び方。「富士という—の山」「—もない島

その人の、固有の呼び方氏名姓名また、に対して家の中でその人区別する呼び方。「初対面で—を名乗る」「子に—を付ける」

㋓その集団組織などの呼び方。「学校の—」

集団組織などを代表するものとして、表向き示される呼び方名義。「会社の—で登記する

評判。うわさ。「好き者の—が広がる

名声。名誉。「世に—の聞こえた人物」「家の—を傷つける」

守るべき分際名分。→名を正す

㋐うわべの形式体裁。「会社とは—ばかりの個人経営

表向きの理由名目。「福祉事業の—で営利むさぼる

[下接語] 徒(あだ)名・渾(あだ)名・宛(あて)名・家名・一名浮き名・氏(うじ)名・烏帽子(えぼし)名・大(おお)名・贈り名・幼(おさな)名・男名替え名隠し名・仮(か)名・唐(から)名・国名源氏名小路(こうじ)名・小(こ)名・醜(しこ)名・通り名殿名暖簾(のれん)名・又の名・真(ま)名・物名・大和(やまと)名・呼び名・童(わらわ)名


な【奈】

読み方:な

[音](呉) [訓]いかん いかんぞ

学習漢字4年

いかん。どうして。どの。「奈辺

梵語外国語音訳字。「奈翁ナポレオン)・奈落

難読奈何(いかん)


な【字/名】

読み方:な

《「名」と同語源》文字。「真—」「仮—」


な【己/×汝】

読み方:な

[代]

一人称人代名詞。わたくし。自分

常世辺(とこよへ)に住むべきものを剣大刀—が心からおそやこの君」〈万・一七四一〉

二人称人代名詞あなた。おまえ。なんじ。

千鳥鳴く佐保川門(かはと)の瀬を広み橋渡す—が来と思へば」〈五二八〉

[補説] もと一人称であったものが、二人称転用されたもの。


な【納】

読み方:な

⇒のう


な【×肴】

読み方:な

鳥獣の肉や魚介野菜など、酒・飯添え副食物総称。おかず。

後妻(うはなり)が—乞はさば柃(いちさかき)実の多けくを」〈記・中・歌謡〉


な【菜】

読み方:な

《「肴(な)」と同語源》

葉・茎食用とする草本菜っ葉。「サラダ—」

油菜(あぶらな)。「—の花」


な【那】

読み方:な

常用漢字] [音](呉) [訓]なんぞ どれ どの

なんぞ。なに。どの。「那辺

梵語外国語音訳字。「那落支那刹那(せつな)・檀那(だんな)」

名のり]とも・ふゆ・やす


な【魚】

読み方:な

《「肴(な)」と同語源》食用とする魚。さかな。

海佐を以ちて釣らすに」〈記・上〉


な 【名】

名は体を表す」の古諺どおり、人の名も単なる象徴としてではなく人格を表すものとされた。神の名もまた神格表れで、ためにモーセの十戒では神名みだりに唱えることが禁じられていた。『新約聖書』の新しさはこの神の名イエスの名が加えられる仏教でも名詮自性(名自性を詮う)といい、名が性質を表すと説く日本上代では、人が生まれると神主や僧が名をつけるなど宗教関係した名をつける日は三日目五日目・七日目十一日目・十四日目などで産婦禁忌と関係あるようだ名付け親の風も生まれた成人になると童名廃して名乗をつけるし、罪を犯すと名を変えられた出家隠居などにも変えるし、還俗するとまた変える。→ 名付け親

下北弁 意味 用例 用例の意味・備考
な   あなた、君、おまえ

方言 意味
君、汝(古語)、あなた 「汝(な)、吾(わ)共に古い使い方の二人称で、古事記古今和歌集などでしばしば見ることができる


~な

単語 発音 意味、用例 関連語
~な 接尾】 ~のもの、所有を表す助詞
用例:ほのしゃむろはだれなっしゃ?
意味:そのスコップ誰のものですか


»仙台弁の発音についてはこちら

な、(ん)

大阪弁 訳語 解説
な、(ん) なければなくては
ねば、ないと、
なくちゃ、なきゃ
否定助動詞「ぬ」の仮定形「ね」+助詞「ば」、「ねば」「にゃ」の転。ナ行音などの前につくと「ん」になる。せなあかん、行か怒られる、もう寝な、せんならん。「なくては」の転じたなくちゃ」や、「なければ」の転じた「なきゃ」は東京中心とする関東方言越後で「んば」。


大阪弁 訳語 解説
感嘆詞「なあ」から。確認納得状況把握敬語との併用もあり、目上に対して使って失礼にあたらない。ほんでな、きついな、食べんといてな、そうだんな、暑うおまんな、など。命令形にも使われ、はよせんかいな、何してんねんな、などはやわらかい命令となる。語尾はのばさない。最近の若い女性東京メディア影響で標準語の「ね」や、標準語でもなんでもない東国方言の「さあ」を使う人が増えており、雅な大阪弁基礎崩れてしまっている。ちなみに「ねえ」は九州琉球「なあ」は、近畿、「のう」は北陸東海中国四国奥羽北関東、「さあ」は、奥羽関東東山東海などの言い方上京人であふれかえる東京では「ねえ」「なあ」「よう」「さあ」が混在している。


な、なや

大阪弁 訳語 解説
な、なや ないのだよ、
んじゃないよ
「な」+「や」。禁止命令の「な」に程度和らげる「や」がついた。連用形接続するのがポイント変なとこ触りな、もうあそこへ行きなや、もう落書きしなや。子供をなだめ叱るときなどに。


な、なあ

大阪弁 訳語 解説
な、なあ ね、ねえ
hey; I'll telling you
「ねえ」や「のう」よりも新しい、近畿中心とした言い方なあなあちょっと聞いてえな。な、わしの言うたとおりやったやろ? 泉南で「よう」、九州で「ねえ」、四国中国で「のう」、近畿などで「なあ」関東奥羽北海道で「さあ」、東京では上方「なあ」後に持ち込まれ九州の「ねえ」、さらに関東の「さあ」が話され再命名されている。「のう」に「申し」が付いた紀南の「のし」、「のう」に「あんた」が付いた長門周防の「のんた」、「なあ」に「申し」が付いた伊予の「なもし」や尾張の「なも」も同系列語


ーや・ーな

大阪弁 訳語 解説
ーや・ーな よ・な 促し要望を表す、動詞連用形や、助詞「て」の後などについて、前の語を強調する。はよ行きぃや、ちょっとだまりぃや、もっと食べぇな、ちょっと待ってぇな、なんでぇな。前の音を伸ばして連用形禁止命令の「食べな」「行きな」などと同音衝突を避ける伸ばす音の前の音にアクセントを置く。「んかいや」「んかいな」よりはやわらかい言い方


・・な

品詞(1)否定打消し助動詞「ん」の仮定形
標準語》・・しなければ、・・でなければ
用例》「書かな、いけん」(書かなければいけない)。
用例》「はや行かな、遅れるがな」(早く行かないと、遅れるよ)。

品詞(2)終助詞次の「な」は終助詞で、文末について命令形表現やわらかくしたり、勧誘の意を示したりする。ほとんど標準語ですね。
用例》「てごして、ごしなれな」(手伝ってくださいな)。
用例》「まあ、やってみましょいな」(まあ、やってみましょうよ)。
参照鳥取弁における助動詞の用例鳥取弁における助詞の用例


・・なあ、・・な

品詞間投助詞。軽い詠嘆念押しを表す。「・・だ」とともに鳥取弁特有の文末
標準語》・・ね、・・ねえ
用例》「ええ天気ですなあ」(いい天気ですねえ)。
用例》「花ちゃん大きなんなったな」(花ちゃん大きくなられましたねえ)。
用例》「もうじき昼ですなあ」(もうすぐお昼ですね)。
用例》「ぬくなったな」(暖かくなったね)。
用例》「この本は、おまいのだなあ」(この本は君のだねえ)。

~な①

方言味・解
~な①助詞)~か?〔疑問〕 ≒「~ね」

~な②

方言味・解
~な②副助詞)~ねば;~なければ

[意]えっ?[例]なっ、まちっとおおけんこえじ、いうてえ(えっ、もう少し大きな声言ってください)

~な

[意]~ですか[例]ぱりっとしち、どこいきですな[例]ぱりっとした格好をして、どこに行くのですか)

  1. 米屋・物乾店・魚屋小物小魚)の符牒にして三といふ数量を表す。通り符牒を参照せよ(※巻末通り符牒参照)。〔符牒
  2. 芸人の通り符牒にして、三といふ数量を表す。通り符牒を参照せよ(※巻末通り符牒参照)。〔符牒
  3. 三。〔魚商
  4. 三。〔芸人
  5. 三。〔米屋
  6. 三。〔雑穀乾物商〕

分類 符牒米屋芸人雑穀乾物商、魚商


  1. 生糸の通り符牒にして、五といふ数量を表す。通り符牒を参照せよ。(※巻末通り符牒参照)〔符牒
  2. 五。〔生糸商〕

分類 生糸商、符牒

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/21 05:06 UTC 版)

五十音と撥音




「な」の続きの解説一覧

(ん)な

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/26 02:08 UTC 版)

長岡弁」の記事における「(ん)な」の解説

お前、の意。

※この「(ん)な」の解説は、「長岡弁」の解説の一部です。
「(ん)な」を含む「長岡弁」の記事については、「長岡弁」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「な」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2021/10/16 14:06 UTC 版)

名詞:名

  1. 人や動物などにつけるその個体固有標識名前なまえ
    1. 下の名前
  2. 事物につける個体固有の標識
    • その山の名は北岳という。
  3. その物又は事を他の事物と区別するため、言語用い概念代表して標識したもの
  4. ほまれ。名誉名声評判

語源

古典日本語(名) < 日本祖語 *na (名詞)

類義語

複合語

成句・連語

翻訳

訳語 — 「[[なまえ#翻訳#翻訳]]を参照のこと

名詞:菜

  1. くき食用とするくさ

類義語

翻訳

連体詞

  1. 口語そんな縮約。「んな」とも。

助詞1

終助詞

  1. 禁止する意味。また、すでに起きた行為とがめる意味。

類義語

関連語

助詞2

終助詞

  1. 子供親しい人にやわらかく命令する。また冷たく指図する

語源

なさいの省略

助詞3

終助詞

  1. 納得させる。確認する。
  2. 希望を表す。
  3. 感動を表す。

類義語

  • なあ

感動詞

  1. 相手関心向けさせる。なあの形もとる

接尾辞・助動詞

  1. 形容動詞や、形容動詞型の活用をする助動詞連体形構成する活用語尾
  2. 形容動詞や、形容動詞型の活用をする助動詞終止用いられる活用語尾。だと比べ詠嘆的なニュアンスがある。
  3. 一説には、断定の助動詞「だ」の連体形活用語尾。のやわけ、はず、ものなどにつく。

リンク

「な、ナ」で始まる日本語

名詞:名

  1. 名前なまえ名称
  2. 名声評判うわさ
  3. 虚名名目

発音

一拍名詞二類

な↘ぁ

語源

日本祖語 *na (名詞)

名詞:菜

  1. 食用くさ
  2. 副菜

発音

一拍名詞三類

↘なぁ

名詞:肴

  1. おかず副食物

名詞:魚

  1. 食用さかな

名詞:儺

  1. 行事おにらい。

類義語

副詞

  1. 呼応関係、 + 連用形 +禁止助詞」で強い禁止を表す)決し~してならない

語源

日本祖語 *na (副詞)

代名詞

  1. 二人称おまえ

助詞

  1. 上代語体言(またはそれに準ずる語)について連体修飾語をつくる。
  2. 上代東国)~へ。~に

派生語




※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「な」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



なと同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



なのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
下北弁辞典下北弁辞典
Copyright(C)2004-2022 Akemi. All rights reserved.
津軽語辞典津軽語辞典
Copyright (C) 2022. All rights reserved.
仙台名取弁仙台名取弁
Copyright (C) 2022 konnok All rights reserved.
全国大阪弁普及協会全国大阪弁普及協会
Copyright (C) 2000-2022 全国大阪弁普及協会 All Rights Reserved.
鳥取弁辞書鳥取弁辞書
Copyright (C) 1996-2022 gonbe007
博多弁推進会博多弁推進会
©1999-2022 博多弁推進会
豊語林豊語林
Copyright (C) 2022 豊語林 All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのな (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの長岡弁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS