もとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 服飾 > 衣服 > 衣服 > の意味・解説 

【一】[係助]種々の語に付く。

ある事柄を挙げ、同様の事柄が他にある意を表す。…もまた。「国語好きだ」「ぼくも知らない

「み吉野の山のあらし寒けくにはたや今夜(こよひ)—我(あ)がひとり寝む」〈七四

同類事柄並列列挙する意を表す。「木も草枯れる」「右も左もわからない

「銀(しろかね)—金(くがね)—玉—何せむに優(まさ)れる宝子にしかめやも」〈万・八〇三〉

全面的であることを表す。

不定称指示語付き全面的否定、または全面的肯定を表す。「疑わしいことは何もない」「どこもいっぱいだ」「だれもが知っている

「何—何—、小さきものは皆うつくし」〈・一五一

動詞連用形動作名詞付き打消しの語と呼応して、強い否定の意を表す。「思いもよらぬ話」「返事もしない」

おおよそ程度を表す。…ぐらい。…ほど。「一週間もあればできる」「今なら一万円しようかね」

驚き感動の意を表す。「この本、三千円もするんだって

限りなく遠く—来にけるかなとわびあへるに」〈伊勢・九〉

ある事柄示し、その中のある一部分限定する意を表す。…といっても。…のうちの。「中世鎌倉のころ」「東京も西のはずれ」→もこそ →もぞ →もや

【二】[接助]形容詞形容詞活用語連用形動詞動詞型活用語連体形に付く。逆接の意を表す。…とも。…ても。…けれども。「見たくも見られない」「努力するも報われなかった」

いつしか涼しき待ち出(い)でたる—、なほ、はればれしからぬは、見苦しきわざかな」〈源・宿木

身一つ、からうじて逃るる—、資財取り出(い)づるに及ばず」〈方丈記

【三】[終助]文末で、活用語終止形助詞接尾語「く」に付く。感動詠嘆を表す。…ことよ。…なあ。→かも →ぞも →はも →やも

春の野たなびきうら悲しこの夕影うぐひす鳴く—」〈・四二九〇〉

[補説] 主に上代の用法で、その後は「かな」に代わった。係助詞終助詞的用法ともいう。


[副]

「もう3」に同じ。さらに。いま。「も少し待とう」「も一ついかがですか

「もう1」に同じ。もはや。

東京へは、—二十年も出ん」〈漱石草枕


[助動][○|○|も|も|○|○]《上代東国方言活用語未然形に付く。推量の助動詞「む」に同じ。

上野(かみつけの)佐野田の群苗に事は定め今はいかにせ」〈三四一八


五十音図マ行の第5音。両唇鼻音有声子音[m]と母音[o]とから成る音節。[mo

平仮名「も」は「毛」の草体から。片仮名「モ」は「毛」の末3画から。


も【藻】

海水淡水中で生育する植物藻類(そうるい)。また、海草水草をさす。《 花=夏》「—の花の重なりあうて咲きにけり/子規


も【喪】

人の死後、その近親の者が、一定の期間、外出社交的な行動を避けて身を慎むこと。親疎により日数長短がある。「喪に服する」「喪が明ける」

わざわい凶事災難

「平らけく安くもあらむを事も無く無くもあらむを」〈万・八九七〉


も【×摸】

[音]モ(呉) ボ(漢)

手さぐりする。「摸索

手本をまねる。「摸擬摸写摸倣臨摸

[補説] 「摹」は異体字

難読掏摸(すり)自摸(ツーモー)


も【面】

《「おも(面)」の音変化》おもて。表面。「(み)の面」

つくばねのこの—かの—に影はあれど君がみかげにます影はなし」〈古今東歌


も【×裳】

古代、腰から下にまとった衣服総称

律令制男子礼服で、表袴(うえのはかま)の上につけたもの

平安時代以後女房装束で、表着(うわぎ)や袿(うちき)の上に、腰部から下の後方だけにまとった服。

僧侶腰につける衣。

裳の画像

も【模】

[音](呉) (漢)

学習漢字6年

[一]〈モ〉

同じものをつくるための鋳型ひな型手本。「模型模範

形。ようす。「模様

型どおりにまねる。「模擬模写模造模倣

(「摸」の代用字)手でさぐる。「模索

はっきり見えないさま。「模糊(もこ)」

[二]〈ボ〉全体の形や大きさ。「規模

名のり]のり

難読相模(さがみ)・酸模(すかんぽ)


も【茂】

常用漢字] [音](呉) [訓]しげる

草木がしげる。「繁茂

名のり]あり・いかし・し・しげ・しげい・しげみ・たか・とお・とも・とよ・もち・もと・ゆた


も【最】

[接頭]状態を表す語に付いて、真に本当に、もっとも、などの意を表す。「最中」「最寄り」「最はや


も【母】

⇒ぼ


も【妹】

「いも(妹)」の音変化

「旅とへど真旅になりぬ家の—が着せし衣に垢(あか)付きにかり」〈四三八八


も【も・モ】

〔名〕 五十音図第七第五段(マ行オ段)に置かれ、五十音順第三十五位のかな。いろは順では第四十五位で、「ひ」のあと、「せ」の前に位置する。現代標準語発音では、両唇を閉じて発する有声通鼻音 m と母音 o との結合した音節 mo にあたる。「も」の字形は、「毛」の草体から出た。「モ」の字形は同じく「毛」の第一画を省略した形から出た。ローマ字では、mo をあてる。


〔名〕 =もがさ(痘瘡

勝山記大永三年(1523)「此年少童もをやむ。亦はいなすりをやみ候。大概はつるる也」


〔副〕 (「ま(今)」の変化したものか)

① =もう①

*虎明本狂言鼻取相撲室町末‐近世初)「『よひものがあらばおいてこひ』〈略〉『もおいてきたか』」

② =もう②

狂言記文相撲(1730)「やいやいも一番とらふといへ」


1⃣ 〔係助〕

[一] 文中用法

文中種々の連用語を受ける。

(イ) 同類のものが他にあることを前提として包括的主題提示する。従って多く場合類例暗示されたり同類暗示のもとに一例提示されたりする。類例明示されれば並列となる。単文場合活用語終止形で結ぶ。

古事記(712)上・歌謡「太刀が緒(モ) いまだ解かずて 襲(おすひ)を(モ) いまだ解かねば」

(ロ) 主題詠嘆的に提示する。

古事記(712)上・歌謡「沖つ鳥 胸見る時 羽叩ぎ(モ) これはふさはず」

(ハ) 願望対象感動的提示する。

書紀720雄略一二年一〇月・歌謡我が(モ) 長くもがと 言ひし工匠はや」

② 同じ語の間にはさみ、強調の意を表わす

(イ) 「AもA(だ)」の形で同じ語(名詞または形容動詞語幹)を受けて、一般的なではなく特別な、程度甚だしいAである、ということ表わす。→折りも折り。

歌舞伎幼稚子敵討(1753)三「下へ来てさっしゃる客は、田舎田舎、箸の持様も知らぬ、野暮助たわいなしでござりまする」

(ロ) 「AもAだが(なら)BもBだ」の形で人を表わす名詞を受けて、AもBも共に常軌を逸していてあきれるほどである、の意を表わす。→何方(どっち)もどっち

虞美人草(1907)〈夏目漱石〉一〇「是を二十五円で売りけられる阿爺(おとっさん)阿爺だが、それを又二階迄、えっちらおっちら担ぎ上げる御前御前だね」

(ハ) 「…も…たり」(「たり」は完了の助動詞)などの形で、同じ動詞連用形を受けて、その動作激しく、あるいは長時間わたって行なわれた、ということを、驚き気持込めて言う。→揃いも揃う

史記抄(1477)三「をほへをほへたり、云云たりそ」

対照的二つの語に添え強調の意を表わす

(イ) 「…も…ないもない」の形で同じ語(動詞形容詞)を受け、…するか(…であるか)どうかを論ずるまでもないということ表わす

金色夜叉(1897‐98)〈尾崎紅葉〉続「容す容さん有るものか」

(ロ) 「AもBもない」の形で対照的な意味の二つの語を並べて、AとBの区別をする場面状況ではない、という意を表わす。「ここでは先輩後輩ない。みんな平等なんだ」

桜桃(1948)〈太宰治〉「いや、何もお前、医学的な話ぢゃないか。上品下品無い」

(ハ) 「Aもへったくれ(くそ)もない」「Aも何もない」などの形で、この状況ではAなぞ本来の意味・価値をもたない、また、Aが存在しない、必要ない、ということ強めて言う。

浄瑠璃小野道風青柳硯(1754)四「イヤ置け置け、断(ことはり)へったくれ入らぬ」

詠嘆を表わし、間投助詞的に用いられる。

(イ) 間投助詞上接して軽い詠嘆表わす

古事記(712)下・歌謡「置目(モ)や淡海置目明日よりはみ山隠りて見えずかもあらむ」

(ロ) 形容詞連用形副詞数詞接続助詞「て」などを受け、また複合動詞中間介入して詠嘆強調表わす

古事記(712)上・歌謡「うれたく(モ) 鳴くなるか」

(5) 係助詞上接して副助詞的に用いられる。→もこそ・もぞ・もや・もか。

[二] 文末用法文末終止形文中係助詞がある時はそれに応ず活用形)およびク語法を受けて詠嘆表わす体言を受ける場合同じく詠嘆表わす他の係助詞上接して「かも」「はも」「そも」などの形となる。終助詞とする説もある。

古事記(712)中・歌謡「はしけやし 我家(わぎへ)の方よ 雲居立ち来(モ)」

2⃣ 〔接助〕 活用語連体形を受け、また「ても」の形で確定の逆態接続表現する。

源氏100114頃)橋姫心ひとつにいとど物思はしさ添ひ内裏へ参らむと思しつる出で立たれず」

3⃣ 〔終助〕 ⇒(一)(二)


〔助動〕 推量の助動詞「む」にあたる上代東国方言

万葉(8C後)一四・三四七二「人妻とあぜかそを言はむ然らばか隣の衣を借りて着なは毛(モ)」


も【喪】

〔名〕

① 人の死後、その親族がある一定の間、悲しみ沈み屋内謹慎していること。親疎により日数長短がある。

太平記14C後)九「我父の喪(モ)に居て三月を過ざれば、悲歎の涙未だ乾かず」

わざわいまがごと凶事

万葉(8C後)五・八九七「事も無く 裳(も)無くもあらむを」


も【妹】

〔名〕 「いも(妹)」の変化した語。

万葉(8C後)二〇・四三八八「旅とへど真旅になりぬ家の母(モ)が着せし衣に垢つきにかり」


も【最】

〔接頭〕 (「ま(真)」と同語源か) 状態を表わす体言に付いて、真に、もっとも、などの意を添える。「も中」「も寄り」など。


も【模】

〔名〕 ならうべき手本。かた。のり。

随筆戴恩記(1644頃)序「師者人之模範也。模不模。範不範、為少矣」


も【藻】

〔名〕 藻(そう)類のこと。また、水中に生じる植物の総称

書紀720神代下・歌謡「沖つ茂(モ)は 辺には寄れども さ寝床も 与はぬかもよ 浜つ千鳥よ」

[語誌]和歌では、「も」単独で詠まれることは少なく、「玉藻」「藻塩」などの複合語多く見られる


も【裳】

〔名〕

古代、腰から下にまきつけ衣服総称

肥前風土記(732‐739頃)松浦「針を勾げて鈎となし〈略〉裳の糸を緡(つりを)となして」

男子礼服の時、表袴の上につけるもの。上は四幅、下は六幅であるものを一二襞に畳んで縫いつける。上部に紐があって、着用する時は腰に引きまわし、前で引き違えて結ぶ。

宮廷奉仕婦人、またそれに相当する貴族婦人正装の時、表着(うわぎ)や袿(うちき)の上腰部より下の後方にだけまとう服。腰に当たる部分大腰といい、左右に引腰称する紐を長く垂れ装飾とし、別に紐を左右の腰の脇より下へまわして結んで止める。これを小腰という。

裳&wc3;〈春日権現験記絵〉の画像

*竹取(9C末‐10C初)「よき程なる人に成りぬれば、〈略〉も着す

僧侶腰につける衣。

法隆寺伽藍縁起并流記資財帳天平一九年(747)「合袈裟壱拾壱領〈略〉裳壱腰」


も【面】

〔名〕 (「おも(面)」の変化した語) おもて。表面また、あたり。方向

万葉(8C後)一四・三三六一「足柄の彼(おて)毛(モ)此(こ)の母(モ)に刺す罠(わな)のかなるましづみ子ろ吾(あ)れ紐解く


も - タクシー業界のことば

行政処分を受けた後、増車など事業計画変更できない期間。喪の期間を現す服喪期間」は専門紙見出しにも使われる。喪中タクシー経営者は喪が明けるのを一日千秋思いで待つ。ただし年賀状出してもいいらしい。

も〔裳〕

女雛の腰から下の後方だけにまとった布。ひだが深く吉祥文様などが描かれる

喪 【も】

元は「死者哀哭あいこく)する」意で「そう」と読んだ。ここから死者哀悼する礼」である「喪礼そうれい)」、「人をうしなう」こと、「死を悲しむ」などの意味で使われた。現在は「喪(も)」は死者悲しみこもる「喪中」と同義に使われ「喪(も)に服す」などと使用。英語のグリーフワークを「喪(も)の作業」と訳し、「死別悲し作業」という意味を付与することもある。

  1. 小間物屋通り符牒にして六といふ数量を表す。通り符牒参照せよ(※巻末通り符牒参照)。〔符牒
  2. 六。〔生魚商〕
  3. 六。〔小間物屋

分類 小間物屋生魚商、符牒


  1. 古本屋通り符牒にして七といふ数量を表す。通り符牒参照せよ(※巻末通り符牒参照)。〔符牒
  2. 七。〔古本屋

分類 古本屋符牒

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/20 04:11 UTC 版)

は、日本語音節のひとつであり、仮名のひとつである。1モーラを形成する。五十音図において第7行第5段(ま行お段)に位置する。




「も」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2020/01/12 03:15 UTC 版)

発音

  • /mo/

名詞:植物

  1. 藻類
  2. 主に水中において、光合成をし生育する植物

関連語

翻訳

名詞:儀礼

  1. (大切な)人を失うこと。親しい人の死後一定の期間、行い慎み死者弔うこと。

関連語

成句

翻訳

副助詞

  1. 同様のことを並べる。また、すべてを列挙しない場合暗に同様のことがあることを示す働きもする。
  2. 事物出来事の中で目立つものを取り立てる
  3. 数量を表す表現数量を表す疑問詞について、多数であるニュアンスを表す。
  4. 端なものを提示し、それ以外のことについても当然成り立つことを暗示する。さえ。すら。まで。
  5. 否定文中で疑問詞少量を表す語について、全部否定を表す。
  6. 疑問詞を含む語句について、すべてに該当することを表す。
    特に「でも」の形を取ることが多い。否定文では部分否定となることがある
  7. 最も程度端な場合想定を表す。
  8. 逆接譲歩を表す。
  9. 可能性を表す。
  10. 許可容認を表す。
  11. 選択肢を表す。
  12. ほぼ同等であることを表す。
  13. 仮定を表す節の中で、やや多め想定を表す。
  14. 否定文中で、その数値程度達しないことを表す。
  15. 否定語調やわらげる
  16. 修飾副詞を表す。
  17. 詠嘆強調を表す。
  18. (AもA)どちらも問題があるといったニュアンスを表す。
    • 親なら子子だよ。
    • どっちどっちだ
  19. (AもA)程度はなはだしいことを表す。
  20. (「しもした」「したもした」などの形で同じ動詞繰り返して)多数回やった、また賞賛や皮肉を込めて、よくぞやったというニュアンスを表す。
  21. (AもBもない、などの形で)そのようなことを論じる余地はない、結論決まっている、といったニュアンスを表す。
  22. (AもBもない、などの形で)どれも区別して考える必要はない。同じ立場だ。

  • 画数:4
  • 音読み:セン
  • 訓読み:も、 ぱら








※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



もと同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「も」に関係したコラム

  • バイナリーオプションとFXとの違い、メリット、デメリットは

    バイナリーオプションFX、外国為替を対象にした投資商品ですが、注文方法や決済方法など異なる点がいくつかあります。それは、バイナリーオプション、FXのメリット、デメリットであります。例えば、バイナ...

  • FXの円高、円安とは

    FX(外国為替証拠金取引)では、円高、円安という言葉をよく耳にします。例えば、USD/JPYが1ドル81.50円から81.30円へ値動きした場合には、円の価値が高くなったので、「20銭の円高」といいま...

  • 株式のインターネット取引ができる証券会社の手数料比較

    2012年6月現在の株式のインターネット取引ができる証券会社の手数料の一覧です。以下の表は、約定代金が10万円以下の売買を行った時の1約定あたりの手数料です。なお、証券会社では1日の約定代金によって売...

  • 株式の投資8原則とは

    株式の投資8原則とは、過去の相場経験を8つの法則にまとめたのです。1.十分に調査する購入予定の銘柄の財務内容やチャートなどを十分に調査して研究することが望ましいとされます。また、企業の発表する決算報...

  • 株式分析を出来高で行うには

    相場の格言に、「最初の大商いには黙ってつけ」、「人気の出始めは人気に従え」といったのがあります。株価が急に上がったり、急に下がったりしたら必ず何らかの理由があるから、何はとあれ相場に乗っておくとよ...

  • FXやCFDのダブル指数移動平均とは

    FXやCFDのダブル指数移動平均とは、指数移動平均と指数移動平均の指数移動平均を用いたテクニカル指標のことです。ダブル指数移動平均は2重指数移動平均といい、英語では、DEMA、Double Expo...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「も」の関連用語

1
58% |||||

2
58% |||||


4
58% |||||


6
52% |||||

7
52% |||||

8
52% |||||

9
52% |||||

10
52% |||||

ものお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ものページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
タクシーサイトタクシーサイト
Copyright(c) 2000-2021 taxisite Inc. All Rights Reserved.
タクシー業界用語辞典
社団法人日本人形協会社団法人日本人形協会
Copyright (C) 2021 社団法人日本人形協会 All rights reserved.
※このホームページに掲載されている文章・写真・イラストなどの無断転載を禁じます。
葬儀の相談センター葬儀の相談センター
Copyright(c)2021 葬儀の相談センター All Rights Reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのも (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS