不運とは? わかりやすく解説

ふ‐うん【不運】

読み方:ふうん

[名・形動運の悪いこと。また、そのさま。「―をなげく」「―な身の上」⇔幸運


不運

作者金堀常美

収載図書真夜中ココア
出版社新風舎
刊行年月2005.2
シリーズ名新風舎文庫


不運


(不運 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/05 18:03 UTC 版)

(うん)とは、その人の意思努力ではどうしようもない巡り合わせを指す。


  1. ^ 「付きがある」「付きがまわってくる」などともいう。運が悪いことは「付きがない」「付きに見放される」「付いていない」などという。
  2. ^ KO字源「運」
  3. ^ 村上 2002.
  4. ^ たとえば億万長者になるために、広く人脈を築き信頼関係を持ち信頼できない人物を遠ざけ、公衆が求めていると考える事業・サービスを展開することなど
  5. ^ たとえば億万長者になるために、毎月の所得の全額を宝くじに投資する手法など
  6. ^ 戦争や天災などで、かろうじて生き残ること、または逆にたまたま天災や事件・事故現場に居合わせて命を落とすことなど


「運」の続きの解説一覧

不運

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 08:23 UTC 版)

ツァボの人食いライオン」の記事における「不運」の解説

ホワイトヘッドファーカーなどが帰って1-2日後の12月9日明け方パターソンボマから出ようとしているところにシンバシンバ!(ライオンだ!ライオンだ!)」と叫び声をあげて1人スワヒリ人走ってきた。彼の報告によると、ライオンが川のそばにあるキャンプから労働者をさらおうとして失敗しかわりにロバを1頭襲って殺していた。ライオンは今、そのロバすぐそこ食べているというものだったパターソンはただちにキャンプ戻ってファーカー万一備えにと残してくれていた連発銃武装し案内役となったスワヒリ人後に続いたライオンその場とどまっていることを願いながら近づくと、やぶの向こうにライオンの姿が認められるところまで行くことができた。しかし、案内役スワヒリ人枯れ枝を折る音を立て、それに気づいたライオン唸り声をあげて近くの密林逃げ込んだ。 また逃げられる思ったパターソン急いでキャンプ引き返しその場にいた労働者たちを集めたパターソン太鼓ブリキ缶などの鳴り物手当たり次第に持参するよう命じライオン潜んでいる茂み半円形に取り巻くように労働者配置したパターソン茂み向こう側回り込んだところで鳴り物一斉に打ち鳴らすように労働者の頭に言い含め彼は単独で茂みを巡ってアリ塚のそばに身を潜めた。 労働者たちは包囲の円を少しずつ縮めて前進し、その音はパターソンの耳にも届いたそのときたてがみのない巨大なライオン獣道まで出てきた。ライオンゆっくりと歩き2、3秒ごとに周囲の様子うかがっていたが、労働者たちが立て騒音に気をとられてパターソン存在気づかなかったパターソンライオンが14-15メートルの距離に近づくまで待ち、銃の狙い定めたライオンはようやくパターソン存在気づいて唸り声上げたパターソンライオン頭部狙いをつけて銃の引き金引いたが、手ごたえがなく不発であった。この事態うろたえたパターソンは、左の銃身から発砲することを失念したライオンはまだ労働者たちが立てている騒音動揺していたため、パターソンを襲うことはせずに道路わきの密林逃げ込もう跳躍した。落ち着き取り戻したパターソンは、左の銃身から発砲し、それはライオンに当たっていたが、ライオンはそれでも逃げ切り、後を追ったパターソンはやがて足跡見失った度重なる不運の連続は、さすがにパターソン意気消沈させた。インド人たちは、ライオンいかなる武器をも寄せつけない悪霊」だといっそう強く信じ込むようになっていた。

※この「不運」の解説は、「ツァボの人食いライオン」の解説の一部です。
「不運」を含む「ツァボの人食いライオン」の記事については、「ツァボの人食いライオン」の概要を参照ください。


不運

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/03 04:30 UTC 版)

大窪詩仏」の記事における「不運」の解説

文政12年1829年)は63歳になる詩仏にとって運の悪い年だった。3月江戸の大火己丑大火)で詩聖堂を全焼し秋田藩邸に仮住まい余儀なくされた。下谷練塀小路小宅構えることは出来たが、二度と詩聖堂を復興することは出来なかった。ついでこの冬二人幼女残して妻が先立つ

※この「不運」の解説は、「大窪詩仏」の解説の一部です。
「不運」を含む「大窪詩仏」の記事については、「大窪詩仏」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「不運」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

不運

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 03:43 UTC 版)

名詞

(ふうん)

  1. 幸運恵まれないこと。薄運薄福

発音(?)

ふ↘ーん

翻訳


「不運」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「不運」の関連用語

不運のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



不運のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの運 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのツァボの人食いライオン (改訂履歴)、大窪詩仏 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの不運 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS