天命とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 人生 > 運命 > 天命の意味・解説 

てん‐めい【天命】

読み方:てんめい

天の命令。天が人間与えた使命。「人事を尽くして―を待つ」

人の力で変えることのできない運命宿命

天の定めた寿命天寿。「―を全うする」「―が尽きる」

天の与える罰。天罰

「―とはいいながら五郎ばたばた苦しみまして」〈円朝真景累ヶ淵


てんめい 【天命】

中国思想天運をいう。天によって定められた人の宿命。「使命の意味解することもある。

天命

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/11 04:19 UTC 版)

天命(てんめい)とは、から与えられた命令のこと[1]である。


  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 小南一郎「天命」 『哲学・思想 事典』岩波書店、1998年。 
  2. ^ 広辞苑 第五版 【命数】(2)天から授けられた運命。
  3. ^ a b 日原利国「天命」 『世界大百科事典』平凡社、1988年。 
  4. ^ 三田村泰助『生活の世界歴史(2) 黄土を拓いた人びと』河出文庫、河出書房新社、1991年


「天命」の続きの解説一覧

天命

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/27 06:43 UTC 版)

上海退魔行」の記事における「天命」の解説

PCは天命と言われるキャラクタークラス類するものを二つ選ぶことでおおまかなスタイル決定される。天命は「サムライ」ストリート・キッズ」など、魔都上海代表的な職業揃っており、PCは天命により独自の特技を使うこともできるまた、天命ごとに自分がどの明星の勢力下にいるのかが決定される。1シナリオにつき1回だけだが自分属す明星の助けを借りるともできる。この明星たちに関する情報は「陰陽カード」というイラストつきのカード表現され魔都上海イメージ演出する手助けにもなっている。

※この「天命」の解説は、「上海退魔行」の解説の一部です。
「天命」を含む「上海退魔行」の記事については、「上海退魔行」の概要を参照ください。


天命

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/31 14:54 UTC 版)

孟子」の記事における「天命」の解説

孟子自身は革命」という言葉用いてないものの、その天命説は明らかに後の革命説の原型をなしている。 孟子によれば、舜は天下天から与えられ天子となったのであり、堯から与えられたのではない。天下与えられるのは天だけであり、たとえ堯のような天子であっても天命に逆らって天下やりとりすることはできない。では、その天の意思、天命はどのように示されるのかといえば、それは直接にではなく、民の意思を通して示される。民がある人物天子認め、その治世満足するかどうかによって天命は判断されるのであるまた、殷(商)の湯王が夏の桀王(けつおう)を追放し、周の武王殷の紂王ちゅうおう)を征伐したことも、臣下による君主への弑逆には当たらないとした。なぜならば、いくら桀紂天子の位にあったとはいえ仁義のない「残賊」にすでに天命はなく、ただの民と同じだからであるこのように孟子の天命説は武力による君主放伐さえも容認するものであったしかしながら孟子革命首唱であっても革命家ではなかった。その天命説も放伐煽動するではなく、むしろ規制するためのものであったといえるだろう。 天子の位は、かつては代々賢者から賢者へと禅譲されていたが、禹(う)が崩ずる賢者の益でなくその子啓が位を継ぎ以後今日まで世襲続いている。これは禹の時代になって徳が衰えたからなのではないか、という弟子萬章問いに対し孟子明確にこれを否定している。孟子によれば、位を賢者が継ぐか子が継ぐかはすべて天命によるものであり、両者優劣差はない孟子孔子の言を引いて唐・虞は禅(ゆず)り、夏后殷・周は継ぐも、其の義は一なり」(萬章章句上)と述べている。そのため、位を世襲しながら天によって廃されてしまうのは、必ず桀紂のような残賊」だけだとされる孟子が湯武の放伐正当化したのは、あくまでそれが天命によってなされたからであり、もし天命によっていなければ、つまり君主不仁不義でなければただの簒奪となる。周王室の力が衰え各地君主臣下に国を乗っ取られる乱世にあって孟子はその下剋上道徳性求めた見るべきだろう。 このことはルソー社会契約論酷似している

※この「天命」の解説は、「孟子」の解説の一部です。
「天命」を含む「孟子」の記事については、「孟子」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「天命」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

天命

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 06:30 UTC 版)

名詞

てんめい

  1. 天から与えられた命令
  2. すべからく成すべき務め
  3. 変えることのできない運命
  4. 天が定め寿命

発音(?)

て↗んめー
て↘んめー

「天命」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



天命と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「天命」の関連用語

天命のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



天命のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2023 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの天命 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの上海退魔行 (改訂履歴)、孟子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの天命 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS