論語とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 文芸 > 論語 > 論語の意味・解説 

ろんご 【論語】

中国春秋時代思想家孔子とその弟子たちの言行録四書の一。二〇編。戦国時代初期から編纂へんさん)が始まり漢代になって成立。「仁」を中心とする孔子およびその一門思想が語られ、儒家中心経典として中国伝統思想根幹となった。日本へは応神天皇の代に伝来したといわれ、早くから学問中心とされた。

ろんご 【論語】

中国儒教代表的経典四書第一孔子言論主として門人その他の人々との問答などを集め語録。二〇編。漢代集大成され、『古論語』二一編・『魯論語』二〇編・『斉論語』二二編の三種伝えられていたが、後漢代に張禹が『魯論語』を中心に三種校定本(『張侯論語』)を作り、それが現在伝わる『論語』。孔子理想道徳である「仁」の意義政治教育対す意見などが述べられている。儒家中心経典として中国伝統思想根幹となった。日本へは応神天皇の代に百済から伝来したといわれる早くから学問中心とされ、明治初期まで知識人思想形成大きな影響与えた。中国ではたびたび批判対象にもなっている。→ 孔子

論語〈鄭注残巻/〉

主名称: 論語〈鄭注残巻/〉
指定番号 119
枝番 00
指定年月日 1933.01.23(昭和8.01.23)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書
員数 1巻
時代区分
年代
検索年代
解説文: 時代作品

論語〈巻第七、第八/〉


論語〈巻第四、第八/〉


論語〈巻第七、第八/〉


論語

重要文化財のほかの用語一覧
書跡・典籍:  論語  論語  論語  論語  論語総略  論語集解  論語集解

論語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/25 07:07 UTC 版)

論語』(ろんご、拼音: Lúnyǔ)とは、孔子と彼の高弟の言行を孔子の死後、弟子達が記録した書物である。『孟子』『大学』『中庸』と併せて朱子学における「四書」の1つに数えられる。




  1. ^ Wikisource reference 班固. 漢書/卷030. - ウィキソース. 


「論語」の続きの解説一覧



論語と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「論語」の関連用語


2
92% |||||

3
78% |||||

4
72% |||||



7
72% |||||

8
72% |||||

9
犬に論語 国語辞典
56% |||||

10
猫に小判 国語辞典
56% |||||

論語のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



論語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2019 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2019 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの論語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS