道徳とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 概念 > 道徳 > 道徳の意味・解説 

どう‐とく〔ダウ‐〕【道徳】


どうとく 【道徳】


道徳

読み方:ドウトク(doutoku)

所在 高知県高岡郡四万十町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

道徳

読み方:ドウトク(doutoku)

所在 愛知県(名古屋鉄道常滑線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

道徳

読み方
道徳どうとく

道徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/01 23:07 UTC 版)

道徳(どうとく、: moralモラル)は、中国の古典を由来とする観念であり、「」と「」という2つの考えからなる。道とは、人が従うべきルールのことであり、徳とは、そのルールを守ることができる状態をいう[1]道徳的規範(どうとくてききはん)や道徳性(どうとくせい)ともいう。あるいは類義語倫理(りんり、: ethics、エシクスまたはエシックス)はいくつかの意味をもち、道徳を表すことが多い。朝鮮民族において、「道徳的優位性」は最重視されている[2]


  1. ^ 日本国語大辞典,世界大百科事典内言及, ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典,デジタル大辞泉,世界大百科事典 第2版,大辞林 第三版,日本大百科全書(ニッポニカ),精選版. “道徳(どうとく)とは” (日本語). コトバンク. 2020年7月27日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 「韓国が歴史問題にあんなにしつこい」深い理由(東洋経済オンライン)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2022年8月1日閲覧。
  3. ^ ピーター・シンガー著、山内友三郎、塚崎智監訳『実践の倫理』新版、昭和堂、1999、p. 6.
  4. ^ Jonathan Haidt and Craig Joseph, Intuitive Ethics: How Innately Prepared Intuitions Generate Culturally Variable Virtues, Daedalus, 133, 4, 2004.
  5. ^ M. S. Tisak and E. Turiel, Children's conceptions of moral and prudential rules, Child Development, 55, 3, pp.1030-1039, June 1984.
  6. ^ Richard A. Shweder and Jonathan Haidt, The Future of Moral Psychology: Truth, Intuition, and the Pluralist Way, Psychological Science, 4, pp.360-365, Request Paper, 1993.
  7. ^ a b J. Haidt, S. Koller and M. Dias, Affect, culture, and morality, or is it wrong to eat your dog?, Journal of Personality and Social Psychology, 65, pp.613-628, 1993.
  8. ^ スティーブン・ピンカー著、山下篤子訳『人間の本性を考える』下、NHKブックス、2004, p.65-66.
  9. ^ Rosenblatt, Abram, et al. "Evidence for Terror Management Theory I: The Effects of Mortality Salience on Reactions to Those Who Violate or Uphold Cultural Values." Journal of Personality and Social Psychology, 57, 1989, pp.681–690.
  10. ^ J. H. Goldberg, J. S. Lerner, and P. E. Tetlock, Rage and reason: The psychology of the intuitive prosecutor, European Journal of Social Psychology, 29, pp.781-795, 1999.
  11. ^ Fiery Cushman, Crime and punishment: Distinguishing the roles of causal and intentional analyses in moral judgment, Cognition, 108, 2, pp.353-380, Aug 2008.
  12. ^ Fiery Cushman, Liane Young, and Marc Hauser, The Role of Conscious Reasoning and Intuition in Moral Judgment : Testing Three Principles of Harm, Psychological Science, 17, 12, pp.1082-1089, 2006.
  13. ^ Kevin M. Carlsmith, John M. Darley and Paul H. Robinson, Why Do We Punish? Deterrence and Just Deserts as Motives for Punishment, Journal of Personality and Social Psychology, 83, 2, pp.284–299, 2002.
  14. ^ Ara Norenzayan, et al. The Origin and Evolution of Religious Prosociality, Science, 322, 58, 2008.
  15. ^ a b M. Hauser and P. Singer, Morality without religion, Free Inquiry, Dec. 2005; Project Syndicate, Dec. 2005.
  16. ^ Scott Atran and Ara Norenzayan, Religion's evolutionary landscape: Counterintuition, commitment, compassion, communion, Behavioral and Brain Sciences, 27, 2004.
  17. ^ Alan Macfarlane(アラン・マクファーレン),Japan Through the Looking Glass,2007, Profile Books, page194
  18. ^ Lafcadio Hearn,Japan:An Attempt at Interpretation,1904,Dodo Press,page54,138
  19. ^ John W.Dower,Embracing Defeat,1999,page280-281,ジョン・ダワー、敗北を抱きしめて、下巻、8ページ、2001年、岩波書店
  20. ^ J. Haidt and J. Graham, When morality opposes justice: Conservatives have moral intuitions that liberals may not recognize., Social Justice Research, 20, 98-116, 2007..
  21. ^ フランス・ドゥ・ヴァール著、西田利貞、藤井留美訳『利己的なサル、他人を思いやるサル―モラルはなぜ生まれたのか』草思社、1998.(原題 "Good Natured")
  22. ^ Dogs Understand Fairness, Get Jealous, Study Finds, NPR News, Dec. 9, 2008 at 12:16am.
  23. ^ アントニオ・R・ダマシオ著、田中三彦訳『生存する脳―心と脳と身体の神秘』講談社、2000.(原題 "Descartes' Error")
  24. ^ J. Greene, L. Nystrom, A. Engell, J. Darley and J. Cohen, The Neural Bases of Cognitive Conflict and Control in Moral Judgment, Neuron, 44, 2, pp.389-400, 2004.
  25. ^ P. M. Churchland, Toward a Cognitive Neurobiology of the Moral Virtues, Topoi, 17, 2, Sept. 1998, pp.83-96.
  26. ^ Jonathan Haid, Moral psychology and the misunderstanding of religion, www.edge.org, 2007.
  27. ^ J. Haidt and C. Joseph, The moral mind: How 5 sets of innate moral intuitions guide the development of many culture-specific virtues, and perhaps even modules., in P. Carruthers, S. Laurence, and S. Stich (Eds.), The Innate Mind, 3, 2007.
  28. ^ Jonathan Haidt, The New Synthesis in Moral Psychology, Science, 316, pp. 998-1002, May 2007



道徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/06 09:25 UTC 版)

仏教とキリスト教」の記事における「道徳」の解説

ブッダ教え500年上後キリスト教道徳的な訓示との強い類似性示している。:生命神聖さ他者への同情暴力拒絶告解チャリティー活動強調美徳実践などが共通している。 ブッダ道徳的教えは、山上の垂訓四つ驚くべき類似点を持つとバーネット・ヒルマン・ストリーターは主張している。

※この「道徳」の解説は、「仏教とキリスト教」の解説の一部です。
「道徳」を含む「仏教とキリスト教」の記事については、「仏教とキリスト教」の概要を参照ください。


道徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/16 15:38 UTC 版)

グノーシス主義」の記事における「道徳」の解説

物質からなる肉体を悪とする結果、道徳に関して2つ対極的立場現れた一方では禁欲主義となって顕われ他方では放縦となって現れる前者は、マニ教見られるように禁欲的な生き方教える。後者は、霊は肉体とは別存在であるので、肉体において犯した罪悪の影響を受けないという論理下に不道徳を恣(ほしいまま)にするタイプである。 4世紀神学者アウグスティヌスキリスト回心する前に惹かれたのは、前者禁欲的なタイプであったと言われる

※この「道徳」の解説は、「グノーシス主義」の解説の一部です。
「道徳」を含む「グノーシス主義」の記事については、「グノーシス主義」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「道徳」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

道徳

出典:『Wiktionary』 (2021/07/31 13:58 UTC 版)

名詞

どうとく

  1. 人がより従うべき道義的な規範
  2. 語義1.について学ぶ学校教科

関連語

翻訳


「道徳」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



道徳と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

道徳のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



道徳のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの道徳 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの仏教とキリスト教 (改訂履歴)、グノーシス主義 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの道徳 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS