矯正とは? わかりやすく解説

きょう‐せい〔ケウ‐〕【矯正】

読み方:きょうせい

[名](スル)

欠点悪習などを正常な状態に直すこと。「発音を―する」「歯列―」

刑務所少年院などに収容されている人たち改善更生のための処遇を行うこと。従来の「行刑」に代わって用いられている語。「―施設」「―職員


矯正

読み方:キョウセイ(kyousei)

欠点などを正しく改めさせること


矯正

straightening : leveling
管、棒及び線の曲がり又は板の平らさを調整する加工

矯正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/28 01:28 UTC 版)

矯正(きょうせい)は、正しくない状態に対して、力を加えて正しい状態にすること。以下のような用法がある。




「矯正」の続きの解説一覧

矯正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 10:47 UTC 版)

乱視」の記事における「矯正」の解説

乱視は、眼鏡コンタクトレンズハードコンタクトレンズもしくはトーリックのソフトコンタクトレンズ)、レーシックで矯正できる。 円柱レンズ使えば乱視自体は矯正できる。円柱レンズによって正常視となる乱視単性乱視という。 単性乱視ない場合は、円柱レンズによって近視または遠視なるので、さらに凹レンズまたは凸レンズによる矯正が必要になる。 この2枚レンズ機能1枚果たトーリックレンズを使うことが多いが、近視遠視コンタクトレンズ乱視眼鏡併用することもある。 通常のコンタクトレンズ角膜上で自由に回転するが、乱視コンタクトレンズ角度固定しなければならないため、特定の角度安定する工夫なされている

※この「矯正」の解説は、「乱視」の解説の一部です。
「矯正」を含む「乱視」の記事については、「乱視」の概要を参照ください。


矯正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/25 22:10 UTC 版)

巻き爪」の記事における「矯正」の解説

ワイヤーや金素材による巻き爪矯正の場合では、手術に比べ疼痛少ない。自由診療となる。 下記以外にも、爪の両端ひっかける、先端とりつけるタイプの爪矯正器具2012年考案されており、1週間以内痛みなくなった例が多い。自分で買うこともでき、10-15分の足湯をして爪を軟化させながら行う。 また器具取り付け同様に湯で軟化させる巻き爪ロボがあり、一度での巻きをだいぶ緩和するが、爪白癬など諸条件では爪が割れことがある

※この「矯正」の解説は、「巻き爪」の解説の一部です。
「矯正」を含む「巻き爪」の記事については、「巻き爪」の概要を参照ください。


矯正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 08:51 UTC 版)

老視」の記事における「矯正」の解説

矯正は老眼鏡老視鏡)で行う。正視の人が老視になった場合老眼鏡には凸レンズを使う。凸レンズを使う点では遠視眼鏡同じであるが、使う目的異なる。遠視眼鏡遠視矯正するために凸レンズ使い老眼鏡老視によって落ちた調節力を補うために凸レンズを使う。 老視になる以前から近視遠視乱視などで眼鏡用いていた場合は、原理としては遠くを見るための度数適切な凸レンズ度数加えたものを近くを見るために用いる。元が近視凹レンズ用いていた場合は、その分凹レンズ度数弱める。弱い近視で、老視のために加え凸レンズ強さ近視矯正するための凹レンズ強さ上回る場合には、遠方視用に凹レンズ、近方視用に凸レンズ用いることになる。調節力の減退に応じて加え度数強くする必要がある逆にいえば若い人ほど度数弱くて済み40代半ばより若ければ一般に老眼鏡不要である強度近視では上述見かけの調節効果が強いので、加え度数弱くなる。-10Dを超えるような最強近視の場合、眼自体老眼になっていても、マイナスレンズの見かけの調節により遠用眼鏡をかけたまま近く明視できる場合がある老眼鏡をかけると遠く見えらくなるので、老眼鏡はかけたままにするものではない。近くのものを見る際にかけ、遠くを見る際には外すか遠くを見るための眼鏡かけ替えるかする。このかけ外しかけ替え煩雑さを解消するのが、遠近両用眼鏡である。 遠近両用眼鏡は、遠くと近く眼鏡かけ外ししたり交換したりする不便さ解消した眼鏡である。レンズ大部分遠方視の度数に合わせ、レンズ下側一部に近方視用度数のレンズ組み込んだものが多い。通常の老眼鏡に対する遠近両用眼鏡長所は、眼鏡掛け替える手間が省ける点である。短所場面によって使いづらいことがある点である。遠く正面で、近く下目使いで見ることが多いという日常生活での傾向前提としているので、この傾向当てはまらない場面例え壁新聞ポスター歩み寄って見るなど正面近くを見る場面や、下り階段など下目使いで遠くを見る場面で、はっきり見えなかったり首を不自然に曲げなくてはならなかったりする。 遠近両用眼鏡には、主に二つ種類がある。遠く用の度数入ったレンズ部分近く用の部分がはっきり分かれ外観上境い目見え二重焦点眼鏡と、レンズ下へ行くにしたがって度数徐々に変化し外観上境い目見えない累進焦点眼鏡二つである。その他に、あまり一般的でないが、遠く中間近く三つ分かれた三重焦点眼鏡もある。上で説明した遠近両用眼鏡長所・短所は、二重焦点三重焦点累進焦点いずれににも当てはまる。かつて[いつ?]は二重焦点主流だったが、近年[いつ?]は累進焦点一般的である。 二重焦点比べた累進焦点長所は、見た目遠近両用眼鏡であることが分からない点と、遠近境い目物の見え大きさ位置急激に変わらない点、中間距離もはっきりと見ることができる点である。最後の長所累進焦点他に三重焦点にも当てはまる。累進焦点一般的になる前に中間距離がはっきり見えるからといって二重焦点よりも三重焦点がよく売れたといえばそんなことはなく、むしろ三重焦点はほとんど売れなかったとして、中間距離がはっきり見えることはあまり重要でないとする論もある。反対に短所としては、物の見え大きさ連続的に変化するため慣れるまでそれが視界揺れ歪みとして感じられたり目が疲れやすく感じたりする点と異な度数境い目なく繋げた代償としてレンズ側方非点収差が増すためレンズ側方見たときの鮮明さ二重焦点より劣る点である。 2018年2月三井化学発売した老眼鏡は、フレーム電子回路内蔵しておりツルセンサーに触れる液晶埋め込んレンズ遠近切り替わる液晶による切り替えで、遠く専用眼鏡から、二重焦点遠近両用眼鏡変わる。遠く専用眼鏡切り替えれば、下り階段など下目使いで遠くを見る場面で見づらが解消される

※この「矯正」の解説は、「老視」の解説の一部です。
「矯正」を含む「老視」の記事については、「老視」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「矯正」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

矯正

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 04:19 UTC 版)

名詞

きょうせい

  1. 欠点誤りゆがんでいる部分などを直し正しい状態にすること。

動詞

活用

サ行変格活用
矯正-する

「矯正」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「矯正」の関連用語

矯正のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



矯正のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
吉崎メッキ化工所吉崎メッキ化工所
Copyright (C) 2022 (株)吉崎メッキ化工所. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの矯正 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの乱視 (改訂履歴)、巻き爪 (改訂履歴)、老視 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの矯正 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS