矯めるとは?

た・める【矯める/×揉める/×撓める】

[動マ下一][文]た・む[マ下二

がっているものを伸ばしたり、まっすぐなものを曲げたりして、形を整える。また、曲げて、ある形をつくる。「籤(ひご)を—・める」「—・めて枝ぶりよくする

悪い性質習慣や癖などを改めなおす。矯正する。また、手を加えて型にはめようとする。「フォームを—・める」

「情をも—・めず欲をもいとわない生の肯定は」〈藤村夜明け前

事実故意曲げる。いつわる

彼女はこの不正を—・める為に馴れ馴れしい素振り示した」〈芥川玄鶴山房

片目を閉じてねらう。ねらいをつけるまた、じっと見る

何やら、もの思わしげな清容子(ようす)を、最(も)う一度—・めて視て」〈鏡花日本橋

「テッポウヲ—・ムル」〈日葡


た・める【矯・揉・撓】

〔他マ下一〕 [文]た・む 〔他マ下二

木・竹などをあぶったり濡らしたりして、曲がっているのをのばし、また、まっすぐなのを曲げて、形を整える。〔二十巻本和名抄(934頃)〕

*碧巖沢抄(1533)一〇「弓をたむること、箕の手をたむる如くなるぞ」

改め正しくする。矯正する。ためなおす

古活字本荘子抄(1620頃)五「刻意とは意のわるき処をきりきざむやうにたむるを云」

真実ねじまげるこじつける文意をまげる。

日本後紀延暦一八年(799)二月乙未「矯八幡神言。令道鏡帝位天下太平

読本春雨物語(1808)天津処女妖僧道鏡きほひて、宇佐神勅を矯さするに、清あからさまに奏せしかば」

ねらいをつける片目をふさいでねらう。また、視点定めて見つめる。じっと見る。→ためつすがめつ

寛永刊本蒙求抄1529頃)四「畏たと云て矢をためて射としたれば

日本橋(1914)〈泉鏡花四四「もの思はしげな清容子を、最う一度凝(タ)めて視て」


矯める

出典:『Wiktionary』 (2020/02/18 13:36 UTC 版)

漢字混じり表記

矯める(ためる)

  1. ためる参照



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「矯める」の関連用語

矯めるのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



矯めるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの矯める (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS