近親交配とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 競馬用語 > 近親交配の意味・解説 

きんしん‐こうはい〔‐カウハイ〕【近親交配】

同系交配の一。近親間で行う交配家畜改良に用い、目標とする形質についてホモ接合体出現高める。


きんしんこうはい(近親交配)


近親交配

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/29 06:19 UTC 版)

近親交配(きんしんこうはい)とは、親縁係数が0でない個体同士を掛け合わせること。内系交配インブリード(Inbreed)、インブリーディング(Inbreeding)、クロスとも。同一個体で行われる場合は、自家受精(植物の場合は自家受粉)という。これは一般的には好ましくないものとされ、生物にはそれを避ける仕組みを持つものが様々なで知られる。


  1. ^ 浅島・武田編(2007)、p.4




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「近親交配」の関連用語

近親交配のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



近親交配のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JRAJRA
Copyright 2021 Japan Racing Association.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの近親交配 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS