天武天皇とは?

てんむ てんのう -てんわう 【天武天皇】 ○

?~686日本書紀第四〇代天皇漢風諡号しごう)(673686)。名は大海人(おおあま皇子和風諡号天渟中原瀛真人あまのぬなはらおきのまひと)。舒明天皇第三皇子。兄、天智天皇皇太子となったが、天皇死に際し、吉野退去672年挙兵して、大友皇子を破り、飛鳥浄御原(あすかきよみはら)に即位在位中、国史撰修着手八色姓やくさのかばね)を制定し、律令体制推進した。 → 壬申じんしん)の乱

天武天皇

天武天皇は、大海人皇子といい、父舒明天皇、母皇極斉明天皇中大兄皇子(天智天皇)とは同母兄弟にあたる。
大海人は天智朝を補佐し、また皇位継承者としても有力視されていたが、672年天智天皇崩御後、大海人皇子野讃良皇女草壁皇子高市皇子大津皇子らと吉野脱出して、天智天皇(中大兄皇子)の子大友皇子(弘文天皇)の近江朝廷側と対立した。
この対立は、大海人皇子吉野側が大友皇子(弘文天皇)の近江側を破り、大友皇子自害するに及んで吉野側の勝利に終わった(「壬申の乱」という)。
この後飛鳥入り飛鳥浄御原宮造営して673年に即位して天武天皇となった。
天武天皇は、天皇や皇族中心とした「皇親政治」をめざし、律令制による中央集権国家建設に力を注いだ。
大舎人の制」「「考選の法」「親王諸王十二階、諸臣四十八階の新冠位制」を定め684年には「八色の姓」を定めて朝廷における身分秩序確立した。
さらに、天武朝に至って天皇の地位絶対化、神格化がはかられ、「大君は神にし坐せば」で始まる歌が万葉集収められたが、次第に「現人神(あらひとがみ)」となっていった
681年皇后以下の臣に「飛鳥浄御原律令」の編纂を命じ、さらに「定紀」「旧辞」の再検討を命じた。
その一方外交では、新羅との国交保持したが、唐との国交断絶した。
686年病を得て改元誓願かいもなく没した。


天武天皇 檜隈大内陵
(てんむてんのう ひのくまのおおうちのみささぎ)

御陵写真 陵印
代   数 :第40
天 皇 名 :天武天皇
てんむてんのう
御   父 舒明天皇
御   母 齊明天皇
御 陵 名 隈大内
(ひのくまのおおうちみささぎ
陵   形 円丘
合   葬 持統天皇合葬
所 在 地 奈良県高市郡明日香村大字野口
交通機関等 近鉄飛鳥下車  東へ0.8km
陵印保管場所 畝傍陵墓監区事務所

天武天皇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/08 06:17 UTC 版)

天武天皇(てんむてんのう、? - 686年10月1日朱鳥元年9月9日))は、7世紀後半の日本の第40代天皇(在位:673年3月20日(天武天皇2年2月27日) - 686年10月1日(朱鳥元年9月9日))。




  1. ^ 北山茂夫『天武朝』253頁。
  2. ^ 『日本書紀』朱鳥元年9月27日条。西郷信綱『壬申紀を読む』14-15頁。
  3. ^ 福永光司「「天皇」考六題」、『道教と古代日本』10頁。
  4. ^ a b 福永光司「タオイズムから見た壬申の乱」22-23頁。福永・千田・高橋『日本の道教遺跡を歩く』42頁。
  5. ^ 山本幸司『天武の時代』112頁。
  6. ^ 亀田隆之「天智・天武の年齢」91頁。
  7. ^ 坂本太郎「天智天皇と天武天皇」40頁。
  8. ^ 直木孝次郎『壬申の乱』46-47頁註1。川崎庸之『天武天皇』4頁。
  9. ^ 大和岩雄『古事記と天武天皇の謎』184-186頁。直木孝次郎『壬申の乱』増補版273-374頁補註3。加藤洋子「天武天皇の出自と神格化について」15頁。
  10. ^ 坂本太郎「天智天皇と天武天皇」40-41頁。亀田隆之「天智・天武の年齢」89頁。直木孝次郎『壬申の乱』増補版273-374頁補註3。
  11. ^ 直木孝次郎『壬申の乱』増補版273-374頁補註3。加藤洋子「天武天皇の出自と神格化について」4-5頁。
  12. ^ 森田悌『天武・持統天皇と律令国家』3-4頁。
  13. ^ 『日本書紀』白雉4年是歳条。以下、事実の記載については基本的に『日本書紀』による。『日本書紀』に年月日が記されているものについては年月日を本文に記し、いちいち注に記さない。
  14. ^ 後述する妃の出産からの推測。
  15. ^ 大伯は後の邑久郡で、現在の岡山県東部。
  16. ^ 那の大津。現在の福岡市奴国に連なる。
  17. ^ 『日本書紀』天智天皇3年2月丁亥(27日)条、7年5月5日条、8年5月壬午(5日)条。
  18. ^ 『日本書紀』天智天皇10年正月甲辰(6日)条。
  19. ^ 『日本書紀』天智天皇10年10月庚辰(17日)条、壬午(19日)条。
  20. ^ 篠川賢『飛鳥の朝廷と王統譜』69-70頁、172-173頁。
  21. ^ 森田悌『天武・持統天皇と律令国家』5-7頁。
  22. ^ 直木孝次郎『古代国家の成立』308-309頁。篠川賢『飛鳥の朝廷と王統譜』173頁。
  23. ^ 直木孝次郎「壬申の乱あれこれ」271頁。
  24. ^ 弱冠で太政大臣、没年25とする。日本古典文学大系『懐風藻・文華秀麗集・本朝文粹』69頁。
  25. ^ 新編古典文学全集『日本書紀』3、287頁注30。直木孝次郎『古代国家の成立』282-283頁。
  26. ^ 川崎庸之『天武天皇』78-80頁。
  27. ^ 森田悌『天武・持統天皇と律令国家』8頁。
  28. ^ 『日本書紀』巻第27の天智天皇10年10月庚辰条と、巻28の冒頭部にある4年10月庚辰条に大筋一致する内容がある。4年は称制を含めない天智天皇即位からの年数で、書紀のあるべき編年では10年にあたる。
  29. ^ 大友皇子即位説を参照。
  30. ^ 外池昇『事典陵墓参考地 もうひとつの天皇陵』(吉川弘文館、2005年)pp. 49-52。
  31. ^ 上野修「日並皇子挽歌に現われた天武天皇神話の意義について」17-19頁。
  32. ^ 『古事記』序に「絳旗」。岩波文庫版14頁。
  33. ^ 『日本書紀』巻28、7月朔日条(新編日本本古典文学大系4『日本書紀』3、327頁。
  34. ^ 直木孝次郎「持統天皇と呂太后」217-128頁。亀井輝一郎「近江遷都と壬申の乱」6-11頁。加藤洋子「天武天皇の出自と神格化について」21-23頁。
  35. ^ 亀田隆之『壬申の乱』184-185頁。熊谷公男『大王から天皇へ』334-335頁。
  36. ^ 井上光貞「律令体制の成立」500-501頁。。倉本一宏「天武天皇殯宮に誄した官人について」48-49頁。篠川賢『飛鳥と古代国家』207頁。
  37. ^ 亀田隆之『壬申の乱』206-213頁。
  38. ^ 西郷信綱『壬申紀を読む』222頁、229-231頁。熊谷公男『大王から天皇へ』335頁、347頁。
  39. ^ 北山茂夫「大化改新」『日本古代政治史の研究』40-47頁。同「壬申の乱」『日本古代政治史の研究』96-97頁、101-104頁、『日本古代内乱史論』63-64頁、71-76頁。また山本幸司『天武の時代』78頁。
  40. ^ 石母田正『日本の古代国家』220-223頁。山本幸司『天武の時代』112-113頁。
  41. ^ もう一つの説は推古天皇。天武説が多数の学者に支持されていることは、西郷信綱『壬申紀を読む』221-222頁、熊谷公男『大王から天皇へ』335頁、吉村武彦『古代王権の展開』313-317頁、『古代天皇の誕生』219-229頁、篠川賢『飛鳥と古代国家』217-218頁など。
  42. ^ 熊谷公男『大王から天皇へ』335-338頁。
  43. ^ 2010年刊の小林敏男『日本国号の歴史』の129頁に、「近時の研究史をみると、浄御原令成立説が有力とみてよい」とある。他に上田正昭]]『倭国から日本国へ』、76 - 77頁、81頁。熊谷公男『大王から天皇へ』、342 - 343頁。
  44. ^ 熊谷公男『大王から天皇へ』、340 - 347頁。
  45. ^ 小林敏男『日本国号の歴史』、154 - 157頁。
  46. ^ 武光誠『日本古代国家と律令制』67-68頁。
  47. ^ 井上光貞「律令体制の成立」505-506頁。
  48. ^ 井上光貞「律令体制の成立」511頁。
  49. ^ 井上光貞「律令体制の成立」525頁。
  50. ^ 亀田隆之『壬申の乱』178-179頁。
  51. ^ 北山茂夫『天武朝』144-146頁。
  52. ^ 亀田隆之『壬申の乱』200-202頁。
  53. ^ 直木孝次郎『壬申の乱』242-248頁。
  54. ^ 井上光貞「律令体制の成立」501-502頁。
  55. ^ 亀田隆之『壬申の乱』179-182頁。
  56. ^ 今村啓爾(『富本銭と謎の銀銭』)は、富本銭は無文銀銭の後に鋳造され、まじない用ではなく流通貨幣だったとする。篠川賢『飛鳥と古代国家』222頁もこれに従う。
  57. ^ 『万葉集』巻1、23・24。
  58. ^ 直木孝次郎『古代国家の成立』348-350頁。
  59. ^ 北山茂夫『天武朝』158-163頁。
  60. ^ 北山茂夫『天武朝』146-149頁。
  61. ^ 北山茂夫『天武朝』173頁。
  62. ^ 坂本太郎「天智天皇と天武天皇」44-45頁。
  63. ^ 井上光貞「律令体制の成立」501頁。森田悌『天武・持統天皇と律令国家』204頁。
  64. ^ 北山茂夫『天武朝』216頁。
  65. ^ 森田悌『天武・持統天皇と律令国家』。
  66. ^ 林部均「飛鳥浄御原宮の成立」25頁。
  67. ^ 林部均「飛鳥浄御原宮の成立」28-30頁、同「発掘された飛鳥の諸宮」59-64頁。志村佳名子「飛鳥浄御原宮における儀礼空間の復元的考察」。
  68. ^ 『日本書紀』天武天皇5年是年条。
  69. ^ 小澤均「藤原京の成立」130-131頁。
  70. ^ 林部均「発掘された飛鳥の諸宮」64-65頁。
  71. ^ 木下正史「飛鳥から藤原京へ」18頁。
  72. ^ 西郷信綱『壬申紀を読む』11頁。
  73. ^ 北山茂夫『萬葉の時代』38-39頁。村井康彦『律令制の虚実』73-77頁。
  74. ^ 大嘗の初見は『日本書紀』天武天皇2年12月丙戌(5日)条にある。これを大嘗祭の初めとみるのは、森田悌『天武・持統天皇と律令国家』41-44頁など。
  75. ^ 『古事記』序第2段。岩波文庫版15-16頁。
  76. ^ 松前健「天武天皇と古事記神話の構成」49-52頁。
  77. ^ 『日本書紀』巻28、天武天皇即位前紀。
  78. ^ 滝川政次郎『人物新日本史』112-113頁。
  79. ^ 直木孝次郎「古代の伊勢神宮」、「伊勢神宮の成立について」。
  80. ^ 『日本書紀』天武天皇2年4月己巳(14日)条、3年10月乙酉(9日)条。
  81. ^ 中西正幸『神宮式年遷宮の歴史と祭儀』24-25頁。
  82. ^ 滝川政次郎『人物新日本史』108-112頁。
  83. ^ 田村圓澄『伊勢神宮の成立』112-115頁。「『天照大神』と天武天皇」3-7頁、『飛鳥時代 倭から日本へ』。新谷尚紀『伊勢神宮と出雲大社』。松前健「天武天皇と古事記神話の構成」54-60頁。
  84. ^ 溝口睦子『アマテラスの誕生』。この交代を天武天皇がしたこととするのは同書180頁以下。
  85. ^ 筑紫申真『アマテラスの誕生』140-148頁。
  86. ^ a b 森田悌『天武・持統天皇と律令国家』49-49頁。
  87. ^ 田村圓澄「『天照大神』と天武天皇」11-12頁、『伊勢神宮の成立』116-117頁。『飛鳥時代 倭から日本へ』137-140頁。田村は天照大神は『金光明経』をふまえて天武天皇が作ったのではないかという(『伊勢神宮の成立』118-127頁)。
  88. ^ 速見侑『日本仏教史 古代』86頁。
  89. ^ 速見侑『日本仏教史 古代』87頁。
  90. ^ 田村圓澄『飛鳥時代 倭から日本へ』132-136頁。
  91. ^ 丸山茂「天武朝の宗教環境」162-166頁。
  92. ^ 井上光貞「日本における仏教統制機関の確立過程」333-341頁。速見侑『日本仏教史 古代』84-85頁。
  93. ^ 丸山茂「天武朝の宗教環境」163頁。
  94. ^ 丸山茂「天武朝の宗教環境」163頁。
  95. ^ 二葉憲香「古代天皇の祭祀権と仏教」51-52頁。
  96. ^ 福永・千田・高橋『日本の道鏡遺跡を歩く』14頁。
  97. ^ 福永光司「タオイズムから見た壬申の乱」
  98. ^ 森田悌『天武・持統天皇と律令国家』35-36頁。
  99. ^ 『日本書紀』巻第28天武天皇即位前紀。岩波文庫版『日本書紀』第5分冊66頁、391頁。
  100. ^ 『日本書紀』巻第28、6月甲申(24日)条(ただし、占ったのは翌日)。岩波文庫版『日本書紀』第5分冊76頁、394頁。
  101. ^ 『古事記』序第二段、岩波文庫版14頁。
  102. ^ 『日本書紀』巻之第28、天武天皇元年6月甲申条(24日深夜)。新編日本古典文学全集4『日本書紀』3、313頁。
  103. ^ 『日本書紀』巻之第28、天武天皇元年6月丁亥条(27日)。新編日本古典文学全集4『日本書紀』3、323頁。
  104. ^ 吉永登「天武天皇における天照大神と神武天皇」。
  105. ^ 山本幸司『天武の時代』10-11頁、157-158頁。
  106. ^ 北山茂夫『天武朝』174頁。
  107. ^ 森田悌『天武・持統天皇と律令国家』34頁。
  108. ^ 天武天皇15年(675年)1月2日に大極殿、16日に大安殿で宴があり、天皇が出した「無端事」への正解者に褒美があった。
  109. ^ 山本幸司『天武の時代』46-47頁。
  110. ^ 直木孝次郎『古代国家の成立』358-359頁。森田悌『天武・持統天皇と律令国家』30-34頁。
  111. ^ 猪熊兼勝「天武天皇陵」53頁。
  112. ^ 『明月記』嘉禎元年4月22日。猪熊兼勝「天武天皇陵」53頁。
  113. ^ 高木市之助『吉野の鮎』10頁。
  114. ^ 天武天皇から今上天皇までの系譜
  115. ^ 『尊卑分脈』、『高階氏系図』(『群書類従』巻第63、『続群書類従』巻第174 所収)による。







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「天武天皇」の関連用語

天武天皇のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



天武天皇のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
歴史浪漫歴史浪漫
Copyright(C)2018.1.1 ~@Hinet Suzuki Minoru  All Rights Reserved Since-1998.11.21
宮内庁宮内庁
Copyright © 2018 Imperial Household Agency. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの天武天皇 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS