穢れとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 穢れの意味・解説 

けがれ【汚れ/×穢れ】

けがれること。清潔さ、純粋さなどを失うこと。また、失われていること。「—を知らない子供たち

不名誉であること。名折れ。「家名の—」

死・出産・月経などの際に生じるとされる不浄この間は、神前に出たり人に会ったりするのをつつしむ習慣もあった。


穢れ

読み方:けがれ

ラ行下一段活用動詞穢れる」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの


穢れ

読み方:けがれ

【文語】ラ行下二段活用動詞穢る」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

穢れ

読み方:けがれ

人間の死や生、出産に関する不浄のことです。死の穢れは主に塩によって祓い清められます。「ケ」が枯れる「ケガレ」から転化した言葉といわれています。

穢れ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/02 06:25 UTC 版)

穢れ汚れ(けがれ)とは、忌まわしく思われる不浄な状態。疫病性交などによって生じ、共同体に異常をもたらすと信じられ避けられる[1]




  1. ^ 三省堂「大辞林」より
  2. ^ a b 櫛木謙周「穢観念の歴史的展開」(『日本古代の首都と公共性』(塙書房、2014年) ISBN 978-4-8273-1267-6)。
  3. ^ 上島享「〈王〉の死と葬送」(『日本中世社会の形成と王権』(名古屋大学出版会、2010年) ISBN 978-4-8158-0635-4 (原論文発表は2007年))。
  4. ^ 渡邉俊「『春日清祓記』の基礎的考察」『中世社会の刑罰と法観念』(吉川弘文館、2011年) ISBN 978-4-642-02899-8 (原論文発表は2010年)
  5. ^ 穢れ思想とつくられた母親像から見えた放射能問題−「現代化」問われる日本社会、石川公彌子
  6. ^ 上田正昭その他 『日本の神々』 学生社 2003年 ISBN 978-4479840633 pp.77 - 78.


「穢れ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「穢れ」の関連用語

穢れのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



穢れのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
住吉大社住吉大社
Copyright (C) 2021 sumiyoshitaisha. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの穢れ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS