日本神話とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 世界宗教用語 > 日本神話の意味・解説 

にほんしんわ 【日本神話】

古事記』『日本書紀』『風土記』『古語拾遺』などの諸文献に残され、または昔噺伝説などの口頭伝承にもみられる神話類。文献史料による日本の歴史三世以降のものなので、それ以前のものは神話色彩が強い。記紀みられる神話は、これらの文献日本民族統一後に作られた関係から、天地創造説よりは支配者たる天皇祖先に関する説話が多い。神代史では高天原神話出雲系神話筑紫神話区分され、人代では神武天皇東征建国日本武尊地方征討神功皇后新羅征伐など。

アラン:日本神話

英語表記/番号出版情報
アラン:日本神話Mythologies japonaises作曲年: 1932年 

日本神話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/13 00:16 UTC 版)

日本神話(にほんしんわ)とは日本に伝わる神話のことである。




  1. ^ 井上順孝 『神道』 54頁。
  2. ^ a b 上田正昭世界大百科事典』23巻、411頁。
  3. ^ 上田正昭 『世界大百科事典』23巻、411-412頁。
  4. ^ 井上順孝 『神道』 60-61頁。
  5. ^ 戸部民夫 『日本神話』 16-42頁。
  6. ^ a b c d e f 伊藤聡 『神道とは何か』(中公新書 2012年)
  7. ^ みすず書房 (1974)
  8. ^ 弘文堂 (1974)
  9. ^ 講談社現代新書 (1976)、講談社学術文庫(2007)
  10. ^ みすず書房 (1979.1)
  11. ^ 朝日出版社 (1980.8、新装1987.6)
  12. ^ 青土社 (1996年) - 古川のり子と共著
  13. ^ 『ヤマトタケルと大国主 比較神話学の試み3』みすず書房 (1979.1)
  14. ^ 『ヤマトタケルと大国主 比較神話学の試み3』みすず書房 (1979.1)
  15. ^ 『ヤマトタケルと大国主 比較神話学の試み3』みすず書房 (1979.1)
  16. ^ 「琉球の神話」は伊波普猷が明治37年(1904年)に『史学界』に発表した後、明治37年(1904年)に『古琉球』へ所載された。『古琉球』の第4版を出すに当たり昭和17年(1942年)改稿。『伊波普猷全集 第1巻』1974年に所収。
  17. ^ 「記紀の神話と南西諸島の伝承 六、結論」より。「記紀の神話と南西諸島の伝承」は『日本神話』1970年に所収。
  18. ^ 「日本神話と琉球神話」『日本神話と琉球』1977年。
  19. ^ 「琉球の宗教儀礼と日本神話」『日本神話と琉球』1977年。
  20. ^ Roland B. Dixon
  21. ^ 『日本神話の研究』の「我が国天地開闢神話にたいする一管見」より。『日本神話の研究』1971年
  22. ^ a b 伊藤幹治「日本神話と琉球神話」講座日本の神話編集部 『日本神話と琉球』 有精堂〈講座日本の神話〉、1977年所収。
  23. ^ 「記紀の神話と南西諸島の伝承 六、結論」より。「記紀の神話と南西諸島の伝承」は『日本神話』1970年に所収。
  24. ^ 大林太良「神話学入門」中公新書


「日本神話」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「日本神話」の関連用語

日本神話のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



日本神話のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
中経出版中経出版
Copyright (C) 2018 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2018 PianoTeachers' National Association of Japan
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本神話 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS