うけいとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 隠語辞典 > うけいの意味・解説 

うけい〔うけひ〕【誓ひ/祈ひ】

神に誓うことによって吉凶成否を占うこと。誓約

「夫(それ)—の中に必ず当(まさ)に子を生むべし」〈神代紀・上〉


う‐けい【右傾】

[名](スル)

右の方に傾くこと。⇔左傾

思想国粋主義ファシズム右翼的な立場に傾いていること。「右傾している新聞」⇔左傾


う‐けい【右傾】

〔名〕

右の方に傾くこと。

予言者ヨナ(1928)〈高橋新吉〉「船は右傾したり左傾したり甚く動揺しだした」

右翼に傾くこと。政治思想国粋的、軍国主義的全体主義傾向帯びること。⇔左傾。「右傾化」 〔新しき用語の泉(1921)〕


う‐けい【有形】

〔名〕 形があること。ゆうけい

当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉五「有形(ウケイ)の自由を論ずれども、無形の絆を脱しかねて、恋の奴(やっこ)に身を卑(おと)しめ」


う‐けい【烏景】

〔名〕 (「烏」は太陽をさす。太陽中には三本足の烏(からす)が住むという伝説による。「景」は光) 太陽の光日光。ひざし。

将門記940頃か)「烏景西に傾き


うけい うけひ 【誓・祈】

〔名〕 (動詞「うけう(誓)」の連用形名詞化

わからないことを神意によって知るために、誓い立てること。

書紀720神代上「夫れ誓約之中〈誓約之中、此をば宇気能美難箇(ウケヒのみなか)と云ふ〉に」

② (中古以後用法で) 人の不幸や死を神に祈ること。のろうこと。

宇津保(970‐999頃)蔵開下「いきあつまりて、うけひのろひぞせん」


う‐けい【雨渓】

〔名〕 砂利地に雨水のたまった所。


右傾

読み方:うけい

  1. 左傾対す言葉政府政府党に賛意表するもの。文芸上で伝統尊重するもの。一般にはプロレタリア反対するブルジヨア思想のことをいふ。
  2. 左傾対す言葉政府政府党に賛意表するもの、文芸上で伝統尊重するもの。一般にはプロレタリア反対するブルジヨア思想をいふ。
  3. 左傾に対し、反社会的保守主義態度。⑵政府与党。⑶文芸上で伝統尊重する意味。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

請井

名字 読み方
請井うけい
名字辞典では、珍しい名字を中心に扱っているため、一般的な名字の読み方とは異なる場合がございます。

請井

読み方
請井うけい

うけい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/23 21:53 UTC 版)

うけい(うけひ)は、古代日本で行われた占いである。宇気比誓約などと書く。


  1. ^ 訓讀日本書紀. 上巻』黒板勝美 編 岩波書店 p.48(国立国会図書館)


「うけい」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「うけい」の関連用語

うけいのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



うけいのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
名字見聞録名字見聞録
copyright©1996-2021 SPECTRE all rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのうけい (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS