風土記とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 出版 > > 風土記の意味・解説 

ふうど‐き【風土記】

⇒ふどき(風土記)


ふど‐き【風土記】

【一】地方別にその風土文化その他について記した書物

【二】奈良時代地誌和銅6年(713)元明天皇の詔により、諸国産物地形古伝説や地名由来などを記して撰進させたもの。現存するのは、完本出雲と、省略欠損のある常陸(ひたち)・播磨(はりま)・肥前豊後(ぶんご)の5か国のもの。上代地理文化を知るうえで貴重。後世のものと区別するため、古風土記ともいわれる


ふうど‐き【風土記】

〔名〕 ⇒ふどき(風土記)


ふど‐き【風土記】

1 〔名〕 諸国風土伝説風俗などを記した地誌

随筆西遊記新日本古典文学大系所収)(1795)序「国々の風土記といへるも大かたほころびたれば、其由もまたしられず」

2 古代官撰地方誌。和銅六年(七一三律令国家の命により各国地名整理物産品目土地肥沃状態、地名由来旧聞伝承について各国庁が報告した公文書(解(げ))漢文体変体漢文体など国により文体異なる。現存するのは完本である出雲国と、省略欠損のある常陸播磨豊後肥前国の五か国。逸文が「釈日本紀」「万葉集註釈」などに三十数か国分収められている。各国官命解釈により内容記載特色が出ている。和銅正本多く散失したらしく、延長三年(九二五)再び太政官符によって再提出が命じられている。後世のものと区別して「古風土記」ともいう。古代地理文化などが知られるとともに、「古事記」「日本書紀」に組み込まれない地方独自の神話伝説歌謡などを知る上でも貴重。


風土記

読み方:フドキfudoki

和銅6年朝廷の命により各国庁が報告した公文書


風土記(ふどき)

和銅6年(713)歴史編纂材料として諸国に命じて国々地名由来産物古伝承などを記して朝廷提出させた地誌

風土記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/07 04:47 UTC 版)

風土記(ふどき)とは、一般には地方の歴史や文物を記した地誌のことをさすが、狭義には、日本の奈良時代に地方の文化風土や地勢等を国ごとに記録編纂して、天皇に献上させた報告書をさす[1]。正式名称ではなく、ほかの風土記と区別して「古風土記」ともいう。律令制度の各国別で記されたと考えられ、幾つかが写本として残されている。




  1. ^ 『ビクトリア現代新百科』 学習研究社 11巻33頁
  2. ^ a b 坂本勝 2011, pp. 16-17.
  3. ^ 『続日本紀』6巻[1]

    五月甲子 畿内七道諸國郡郷名著好字其郡内所生銀銅彩色草木禽獸魚䖝等物具録色目及土地沃塉山川原野名号所由又古老相傳舊聞異事載于史籍言上

  4. ^ 栄原永遠男『日本の歴史4 天平の時代』集英社、1991年、40頁


「風土記」の続きの解説一覧



風土記と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「風土記」の関連用語

風土記のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



風土記のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
岡山県神社庁岡山県神社庁
since 2022 (C)Okayamaken Jinjacho
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの風土記 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS