元明天皇とは?

げんめい‐てんのう〔‐テンワウ〕【元明天皇】

[661〜721]第43天皇在位707〜715天智天皇の第4皇女。名は阿閇(あべ)。草壁皇子の妃。文武元正両天皇の母。文武天皇夭折(ようせつ)後に即位平城京遷都古事記風土記編纂(へんさん)、和同開珎(わどうかいちん)の鋳造などを行った。


元明天皇

元明天皇は天智天皇第四皇女として生まれ、名を阿閉皇女という。
子には軽皇子氷高皇女のほか吉備内親王がいる。
元明天皇はその即位に際して宣命」をおこなったが、その内容は伝わっていない
武蔵国秩父郡から献上されてこれを瑞祥として年号和銅とし、「和銅開珎」(わどうかいちん)を鋳造して貨幣として流通させた。
この頃飢饉があり、衆議に押され710年に都を藤原京から平城京遷都した。
712年天武天皇の命による「古事記」が太安万侶により完成した。
715年後事氷高皇女に託し、721年崩御した。
この天皇は次の世代への中継ぎ役割を果たした天皇といわれている。


元明天皇 奈保山東陵
(げんめいてんのう なほやまのひがしのみささぎ)

御陵写真 陵印
代   数 :第43
天 皇 名 :元明天皇
げんめいてんのう
御   父 天智天皇
御   母 :嬪蘇我姪娘
御 陵 名 :奈保山東陵
(なほやまのひがしのみささぎ
陵   形 山形
所 在 地 奈良県奈良市奈良阪町
交通機関等 近鉄奈良」からバス「奈保山御陵」下車  東へ0.2km
陵印保管場所 畝傍陵墓監区事務所

元明天皇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/23 01:24 UTC 版)

元明天皇(げんめいてんのう、661年斉明天皇7年〉 - 721年12月29日養老5年12月7日〉)は、日本の第43代天皇(在位:707年8月18日慶雲4年7月17日〉- 715年10月3日和銅8年9月2日〉)。




  1. ^ 元明天皇(げんめいてんのう)とは”. コトバンク. 2019年11月28日閲覧。
  2. ^ 吉備内親王については、氷高皇女の後ということ以外は不明。
  3. ^ 義江明子「元明天皇と奈良初期の皇位継承」(初出:『高岡市萬葉歴史館叢書21 万葉の女性歌人』(2009年)/所収:義江『日本古代女帝論』(雄山閣、2017年) ISBN 978-4-8273-1290-4





元明天皇と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「元明天皇」の関連用語

元明天皇のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



元明天皇のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
歴史浪漫歴史浪漫
Copyright(C)2021.1.1 ~@Hinet Suzuki Minoru  All Rights Reserved Since-1998.11.21
宮内庁宮内庁
Copyright © 2021 Imperial Household Agency. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの元明天皇 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS