嵯峨天皇とは?

さが‐てんのう〔‐テンワウ〕【嵯峨天皇】

[786~842]第52天皇在位809~823桓武天皇皇子。名は神野(かみの)。「弘仁格式」「新撰姓氏録(しょうじろく)」などを編纂(へんさん)させ、蔵人所(くろうどどころ)・検非違使(けびいし)などを設け律令制補強を行った。また、能筆で知られ、三筆一人


嵯峨天皇

名を神野親王といい、桓武天皇第二皇子
母は藤原乙牟漏
皇后橘嘉智子をたて809年に即位する。
即位後に譲位したはずの平城上皇藤原薬子藤原仲成らと語り政権奪回しょうとした(「薬子の変」という)ため、坂上田村麻呂らを派遣してこれを制圧した。
これにより上皇出家し、薬子自害、仲成は殺害された。
以後朝廷30年もの間安定平安文化開花した。
蔵人所」・「検非違使」などを設置し、また、弘仁格式(「弘仁格弘仁式」をいう)」、「新撰姓氏録」を編纂させる。
書にすぐれ三筆一人とされている。


嵯峨天皇 嵯峨山上陵
(さがてんのう さがのやまのえのみささぎ)

御陵写真 陵印
代   数 :第52
天 皇 名 :嵯峨天皇
さがてんのう
御   父 桓武天皇
御   母 皇后天之高廣宗姫尊
御 陵 名 嵯峨山上陵
(さがのやまのえのみささぎ
陵   形 円丘
所 在 地 京都府京都市右京区嵯峨朝原山町
交通機関等 市バス京都バス大覚寺下車  大覚寺門前から山上徒歩30
陵印保管場所 桃山陵墓監区事務所

嵯峨天皇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/17 00:07 UTC 版)

嵯峨天皇(さがてんのう、786年10月3日延暦5年9月7日〉- 842年8月24日承和9年7月15日〉)は、日本の第52代天皇(在位:809年5月18日大同4年4月1日〉- 823年5月29日弘仁14年4月16日〉)。 神野(賀美能・かみの)。嵯峨源氏の祖に当たる。




  1. ^ 井上辰雄『嵯峨天皇と文人官僚』(塙書房、2011年), p. 11
  2. ^ 井上辰雄『嵯峨天皇と文人官僚』(塙書房、2011年), p. 12
  3. ^ a b c d e f g h 目崎徳衛「政治史上の嵯峨上皇」『貴族社会と古典』(吉川弘文館、1995年), pp. 2-22
  4. ^ 井上辰雄『嵯峨天皇と文人官僚』(塙書房、2011年), pp. 25-26
  5. ^ 井上辰雄『嵯峨天皇と文人官僚』(塙書房、2011年), pp. 27-29
  6. ^ 川勝政太郎「平安宮十二門に関する問題」『史跡と美術』162
  7. ^ 井上辰雄『嵯峨天皇と文人官僚』(塙書房、2011年), pp. 39, 305-306
  8. ^ 井上光貞「古代の皇太子」『日本古代国家の研究』
  9. ^ 井上辰雄『嵯峨天皇と文人官僚』(塙書房、2011年), p. 54
  10. ^ 井上辰雄『嵯峨天皇と文人官僚』(塙書房、2011年), pp. 54-55
  11. ^ 系図などによれば49名の皇子皇女がいたと言われている。
  12. ^ 大沢池の花を生け花にしたのが始まりとされるが、実際には古くから家元大覚寺に伝わっており、開祖というのは信じがたい。
  13. ^ 尊卑分脈
  14. ^ 『諸系譜』第一冊,笠朝臣(宝賀寿男『古代氏族系譜集成』古代氏族研究会,1986年による)


「嵯峨天皇」の続きの解説一覧



嵯峨天皇と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「嵯峨天皇」の関連用語

嵯峨天皇のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



嵯峨天皇のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
歴史浪漫歴史浪漫
Copyright(C)2020.1.1 ~@Hinet Suzuki Minoru  All Rights Reserved Since-1998.11.21
宮内庁宮内庁
Copyright © 2020 Imperial Household Agency. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの嵯峨天皇 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS