源氏とは?

げん‐じ【源氏】

[一]源(みなもと)の姓を持つ氏族の称。→源(みなもと)

[二]源氏物語」の略。

[三]光源氏」の略。


げん‐じ【源氏】

1 〔名〕

① 源(みなもと)の姓を持つ氏族弘仁五年(八一四)嵯峨天皇が諸皇子臣籍降下源姓を賜わってから以後皇子賜姓の最も一般的な氏姓となり、清和源氏村上源氏宇多源氏花山源氏などがあるが、特に清和源氏村上源氏長く隆盛であった。清和源氏はのちに東国勢力得て武家の棟梁として発展し、源頼朝足利氏新田氏その子孫である。源家(げんけ)。みなもと。→(二)(一)

蜻蛉(974頃)中「ひきいれに、源じの大納言物したまへり」

日葡辞書(1603‐04)「Guenji(ゲンジ)。ミナモト ウヂ

② 「げんじこう源氏行)」の略。〔俳諧・独稽古(1828)〕

③ (清元浄瑠璃田舎源氏露東雲」で、光源氏の役(役名足利光氏)に用いられたところから) 演劇で、かつらの一つ棒茶筌(ぼうちゃせん)のはけ先が、左右に割れた形のもの。ふつう、色気をもった若殿の役などに用いられる。

④ 「げんじこう源氏香)」の略。

南方録(17C後)台子「源氏、源平十種宇治小鳥、烟くらべ等かやうの香方香会の時は」

(5)げんじえ源氏絵)」の略。

浮世草子好色一代男(1682)六「女郎も、衣つきしゃれて、墨絵に源氏(ゲンジ)」

(6)げんじおり源氏織)」の略。

浮世草子好色三代男(1686)四「風流屋っこ女と呼れ、源氏(ゲンシ)のゑりうら、鈍子(どんす)のぬいかへし帯」

(7) (すべて源氏名をもっていたところから) 貴人の家につかえる奥女中異称

雑俳柳多留二九1800)「源氏が寄ってかしましい御広敷

(8)ゆうがお夕顔)」をいう女房詞。〔女中詞元祿五年)〕

(9) ナスをいう女房詞。〔東大本女中詞(1716‐36頃)〕

(10) 主として売春宿などと連絡をもち、客を連れこんだり不当に高い代金要求したりする不良車夫不良運転手などをいう、盗人・てきや仲間隠語。〔隠語構成様式并其語集(1935)〕

*濹東綺譚(1937)〈永井荷風〉一「ぽん引と云ふのか、源氏といふのかよく知らぬが、兎に角怪し気な勧誘者を追払ふために」

2

[一] 源氏諸氏族のうち、特に清和源氏をいう。桓武平氏とともに武家の棟梁となり、政権を握って幕府鎌倉に開いた。

[二] 「げんじものがたり源氏物語)」の略。

更級日記(1059頃)「源氏の五十余巻、ひつに入りながら」

[三] 「源氏物語」の主人公光源氏(ひかるげんじ)の略。


源氏 (げんじ)

天皇からもらった姓の1つで、もらった天皇ごとにいくつかのグループにわかれ、一部武士になっていきます。その中で最も力が強かったのが清和源氏せいわげんじ]で、平氏倒して、鎌倉幕府かまくらばくふ]を開きました。


源氏

読み方:げんじ

  1. 源氏車から来た語で、車のこと。又は荷物の上の物を窃取すること。〔一般犯罪
  2. 人力車大八車奈良平安時代牛にひかせた源氏車より転じて。〔盗〕 ②ポン引 車を使うところから。〔俗〕
  3. 荷車の後をつけて車上物品窃取することをいう。「はちおいたかまちおいげんじしげんじおい」等皆同意。②また若い女のこともいう。「源氏物語」より出たものか。③不正車夫又は人力車のことをいうこともある。

分類 犯罪、盗/俗/犯罪一般


源氏

読み方:げんじ

  1. 本類「げんじおひ」(※「げんじおい」)同意。〔第三類 犯罪行為
  2. 〔犯〕「源氏」又は「源氏追」といふ掻浚一種途上荷車などを追い掛け車上の物を盗むもの。「トンボ」「蜂追」に同じ。別項(※「はちおい」)参照
  3. 荷車の後をつけて車上物品窃取する事を云ふ。「はちおいたかまちおいげんじおい」に同じ。

分類


源氏

読み方:げんじ

  1. 人力車其他一般車輌。〔第五類 一般建物
  2. 荷車
  3. 人力車、又は不正車夫を云ふ。
  4. 隠語〕車のこと。

分類 ルンペン大阪寄席

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

源氏

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

源氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/08 22:32 UTC 版)

源氏(みなもとうじ/げんじ)は、日本嵯峨天皇以降、臣籍降下し「(みなもと)」の本姓を受けた皇子や皇孫の氏族。


注釈

  1. ^ 軍記物語太平記』(1370年ごろ完成)では、14世紀前半から半ばに活躍した武将の足利尊氏と新田義貞が、己を「源家嫡流」と自覚して行動しているという物語になっている。しかし、21世紀初頭の研究では、これは室町幕府が安定した後に過去に遡及して出来た認識であり、尊氏・義貞自身には源家の嫡流や武家の棟梁という意識は少なくとも幕府成立直後にはなかったと考えられている(足利尊氏#置文伝説なども参照)。
  2. ^ 守邦親王は『尊卑分脈』、久明親王は『本朝皇胤紹運録』に源姓を賜与されたとの記載がある。

出典

  1. ^ 日本大百科全書 8』330-331頁、「源氏」の項目より。
  2. ^ 倉本一宏 2019, p. 12-13.
  3. ^ a b c d e f g 中村みどり 2015, p. 61.
  4. ^ 倉本一宏 2019, p. 12-15.
  5. ^ 倉本一宏 2019, p. 14-15.
  6. ^ 倉本一宏 2019, p. 21.
  7. ^ 倉本一宏 2019, p. 16-21.
  8. ^ a b 赤坂恒明 2015, p. 268-267.
  9. ^ 江渡俊裕「一世源氏元服に関する試論」小口雅史 編『律令制と日本古代国家』(同成社、2018年) ISBN 978-4-88621-804-9
  10. ^ a b 倉本一宏 2019, p. 15.
  11. ^ 中村みどり 2015, p. 74.
  12. ^ 倉本一宏 2019, p. 124-132.
  13. ^ Sansom, George (1958). A History of Japan to 1334. Stanford University Press. pp. 241–242, 247–252. ISBN 0804705232 
  14. ^ a b c d e f g h i j k l m 赤坂恒明 2015, p. 267.
  15. ^ 太田 1923, p. 57.
  16. ^ 塙 & 川俣 1930, p. 419.
  17. ^ 太田 1936, p. 4550.
  18. ^ 倉本一宏 2019, p. 248-249.
  19. ^ 太田 1934, p. 2233.
  20. ^ 赤坂恒明 2015, p. 259.
  21. ^ 倉本一宏 2019, p. 121-123.
  22. ^ 倉本一宏 2019, p. 123.
  23. ^ 倉本一宏 2019, p. 201-202.
  24. ^ 倉本一宏 2019, p. 202-203.
  25. ^ 倉本一宏 2019, p. 205-206.
  26. ^ a b 倉本一宏 2019, p. 207.
  27. ^ a b 倉本一宏 2019, p. 208.
  28. ^ a b 倉本一宏 2019, p. 208-209.
  29. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus『源宗治』 - コトバンク
  30. ^ a b 倉本一宏 2019, p. 209-210.
  31. ^ 倉本一宏 2019, p. 210-211.
  32. ^ a b 倉本一宏 2019, p. 212.


「源氏」の続きの解説一覧

源氏

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 04:48 UTC 版)

名詞

(げんじ)

  1. みなもと名乗った一族

由来

関連語



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「源氏」の関連用語

源氏のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



源氏のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2021,Hofu Virtual Site Museum,Japan
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの源氏 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの源氏 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS