権記とは?

ごんき【権記】

平安中期権大納言藤原行成日記正暦2年991)から寛弘8年1011)までの分が残っているが、ほかに若干逸文がある。藤原道長時代史料として重要。行成卿記。


ごんき【権記】

平安中期権大納言藤原行成日記。主に正暦二年(九九一)から寛弘八年(一〇一一)に至る日記で、ほかに逸文若干ある。記主行成朝廷故実通じ、また書道すぐれた藤原道長時代史料として重要。行成卿記。


権記

読み方:ゴンキ(gonki)

平安時代日記藤原行成著。


権記

読み方:ゴンキ(gonki)

分野 日記

年代 平安中期~後期

作者 藤原行成


権記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/03 23:04 UTC 版)

権記』(ごんき)は、平安時代中期に活躍した藤原行成の記した日記である。名の由来は、極官(ごくかん)の権大納言による。『行成卿記』、『権大納言記』とも。執筆時期は藤原道長の全盛期で、特に蔵人頭在任中(一条天皇期)の活動が詳細に記されており、当時の政務運営の様相や権力中枢・宮廷の深奥を把握するための第一級の史料[1]


  1. ^ 倉本一宏『藤原行成「権記」全現代語訳』の「はじめに」より


「権記」の続きの解説一覧



権記と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「権記」の関連用語

権記のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



権記のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの権記 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS