宇多天皇とは?

うだ てんのう -てんわう 【宇多天皇】 ○

867~931第五九代天皇在位887~897)。光孝天皇皇子。名は定省さだみ)。親政を行おうとしたが、関白藤原基経に阻まれた(阿衡あこう事件)。基経の死後菅原道真起用して摂関政治弊害改めるのに努めた(寛平の治)。のち、出家して寛平法皇亭子院ていじのいん)と称した。子の醍醐天皇与えた「寛平御遺誡」、日記宇多天皇御記」がある。

うだてんのう 【宇多天皇】

平安前期天皇(五九代)。菅原道真挙用藤原氏抑え政治刷新譲位後、仁和寺出家寛平法皇となった。(八六七~九三一

宇多天皇

名を源定省(定省親王)といい、光孝天皇の七皇子
母は仲野親王(桓武天皇皇子)の娘班子女王
一時臣籍下り源氏姓を賜ったが、父光孝天皇発病ともなって親王となりついで皇太子となる。
887年に父光孝天皇崩御ともなって即位して宇多天皇となった。
藤原基経関白迎えようとして阿衡の紛議」が起き、宇多天皇の藤原基経対す不信がつのった。
藤原基経没後菅原道真登用し「寛平の治」を実現し、天皇の親政を行った。
899年仁和寺出家して初の法皇となる。
931年没する


宇多天皇 大内山陵
(うだてんのう おおうちやまのみささぎ)

御陵写真 陵印
代   数 :第59
天 皇 名 :宇多天皇
うだてんのう
御   父 光孝天皇
御   母 尊称皇太后班子女王
御 陵 名 大内山
おおうちやまみささぎ
陵   形 :方丘
所 在 地 京都府京都市右京区鳴滝宇多野谷
交通機関等 JR・市・京都バス御室仁和寺下車  仁和寺西門から北へ0.1kmの参道入口住吉山,東谷へ1km
陵印保管場所 桃山陵墓監区事務所

宇多天皇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/12 08:38 UTC 版)

宇多天皇(うだてんのう、867年6月10日貞観9年5月5日〉- 931年9月3日承平元年7月19日〉)は、日本の第59代天皇(在位:887年9月17日仁和3年8月26日〉- 897年8月4日寛平9年7月3日〉)。 定省(さだみ)。




  1. ^ 図様は、袈裟に横被を着け、右手に倶利伽羅龍剣・左手に数珠を持ち、法被を掛けた椅子に座す姿で、前に沓を載せた踏台と水瓶が置かれている。画面上部の左右にある色紙形には、『後拾遺和歌集』に収められた天皇の和歌「みやのたき むへもなにおひて きこえけり おつるしらあはの たまとひゝけは」が記されている(奈良県立美術館編集・発行 『特別展「室町時代の肖像画」』 2000年9-10月、p.73)。
  2. ^ 『大鏡』 第一巻 五十九代 宇多天皇 十三段
  3. ^ 坂上、231-232p、角田文衛「尚侍藤原淑子」からの引用
  4. ^ 中野渡俊治「古代日本における公卿上表と皇位」『古代太上天皇の研究』(思文閣出版、2017年)238・247p
  5. ^ 北山、332-333p
  6. ^ 北山、348p
  7. ^ 坂上、242p
  8. ^ 駒井匠「宇多法皇考」根本誠二 他編『奈良平安時代の〈知〉の相関』(岩田書院、2015年) ISBN 978-4-87294-889-9
  9. ^ 藤原明衡撰『本朝文粋』中の紀長谷雄「亭子院賜飲記」
  10. ^ 北山、273p
  11. ^ 『大鏡』 第一巻 五十九代 宇多天皇 十四段
  12. ^ 東海林亜矢子『平安時代の后と王権』(吉川弘文館、2018年) ISBN 978-4-642-04642-8)P27・52


「宇多天皇」の続きの解説一覧



宇多天皇と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「宇多天皇」の関連用語

宇多天皇のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



宇多天皇のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
歴史浪漫歴史浪漫
Copyright(C)2020.1.1 ~@Hinet Suzuki Minoru  All Rights Reserved Since-1998.11.21
宮内庁宮内庁
Copyright © 2020 Imperial Household Agency. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの宇多天皇 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS