本堂とは? わかりやすく解説

ほん‐どう〔‐ダウ〕【本堂】

読み方:ほんどう

寺院で、伽藍(がらん)の中心をなす、本尊安置する建物禅宗仏殿浄土宗御影堂真宗阿弥陀堂など。古く金堂(こんどう)といった。


本堂

読み方:ホンドウ(hondou)

所在 大阪府柏原市


本堂

読み方:ホンドウ(hondou)

所在 和歌山県有田郡有田川町


本堂

読み方:ホンドウ(hondou)

所在 高知県高岡郡四万十町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

〒582-0011  大阪府柏原市本堂
〒643-0126  和歌山県有田郡有田川町本堂
〒786-0043  高知県高岡郡四万十町本堂

本堂

名字 読み方
本堂ほんどう
名字辞典では、珍しい名字を中心に扱っているため、一般的な名字の読み方とは異なる場合がございます。

本堂

読み方
本堂ほんどう

本堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/10 08:58 UTC 版)

本堂(ほんどう)とは、仏教寺院において、本尊仏を安置する建物の呼称。仏堂の一種。




「本堂」の続きの解説一覧

本堂(ウボーソット、ubosot)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/21 06:33 UTC 版)

ワット・シーチュム (ラムパーン)」の記事における「本堂(ウボーソット、ubosot)」の解説

層塔化した屋根をもつ方形の本堂が境内南東側にある。その装飾され入口煉瓦セメント造られている。

※この「本堂(ウボーソット、ubosot)」の解説は、「ワット・シーチュム (ラムパーン)」の解説の一部です。
「本堂(ウボーソット、ubosot)」を含む「ワット・シーチュム (ラムパーン)」の記事については、「ワット・シーチュム (ラムパーン)」の概要を参照ください。


本堂(大方丈)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/12 01:45 UTC 版)

臨済寺 (静岡市)」の記事における「本堂(大方丈)」の解説

国の重要文化財江戸時代前期建立入母屋造こけら葺で、方丈形式平面をもつ本堂である。駿河勅願寺であったことを示す「勅東海最初禅林」の額が掲げられている。

※この「本堂(大方丈)」の解説は、「臨済寺 (静岡市)」の解説の一部です。
「本堂(大方丈)」を含む「臨済寺 (静岡市)」の記事については、「臨済寺 (静岡市)」の概要を参照ください。


本堂(昭堂)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/25 06:07 UTC 版)

龍光院 (京都市北区)」の記事における「本堂(昭堂)」の解説

重要文化財書院西に建つ。慶安2年1649年)の建立寄棟造檜皮葺き

※この「本堂(昭堂)」の解説は、「龍光院 (京都市北区)」の解説の一部です。
「本堂(昭堂)」を含む「龍光院 (京都市北区)」の記事については、「龍光院 (京都市北区)」の概要を参照ください。


本堂(不動堂)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 22:40 UTC 版)

金蔵寺 (船橋市)」の記事における「本堂(不動堂)」の解説

2000年平成12年建立円仁といわれる木造不動明王立像安置されている。

※この「本堂(不動堂)」の解説は、「金蔵寺 (船橋市)」の解説の一部です。
「本堂(不動堂)」を含む「金蔵寺 (船橋市)」の記事については、「金蔵寺 (船橋市)」の概要を参照ください。


本堂(立木観音堂)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/16 22:23 UTC 版)

中禅寺 (日光市)」の記事における「本堂(立木観音堂)」の解説

本尊千手観音十一千手観音)像を安置する

※この「本堂(立木観音堂)」の解説は、「中禅寺 (日光市)」の解説の一部です。
「本堂(立木観音堂)」を含む「中禅寺 (日光市)」の記事については、「中禅寺 (日光市)」の概要を参照ください。


本堂(重要文化財)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/21 21:03 UTC 版)

仏性寺」の記事における「本堂(重要文化財)」の解説

県内類例がない八角堂台輪柱の粽などに禅宗様みられるほか、貫や間斗束彫刻などに室町時代後期この地方の特色みられる堂内墨書ら天13年(1585年)に建立され寛永8年(1631年)、寛文3年(1663年)、文化13年(1816年)、明治9年(1876年)、大正6年(1917年)に修復されたことがわかる。平成23年から平成26年にかけて行われた保存修理の際では元禄時代修理正面東向き改変したことが判明し創建時南向き復元された。

※この「本堂(重要文化財)」の解説は、「仏性寺」の解説の一部です。
「本堂(重要文化財)」を含む「仏性寺」の記事については、「仏性寺」の概要を参照ください。


本堂(重要文化財)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/18 09:12 UTC 版)

仏性寺 (水戸市)」の記事における「本堂(重要文化財)」の解説

県内類例がない八角堂台輪柱の粽などに禅宗様みられるほか、貫や間斗束彫刻などに室町時代後期この地方の特色みられる堂内墨書ら天13年1585年)の建立とみられ、寛永8年(1631年)、寛文3年(1663年)、文化13年(1816年)、明治9年(1876年)、大正6年(1917年)に修復されたことがわかる。1988年昭和63年1月13日付けで、「佛性寺本堂(附 旧露盤1個)」の名称で国の重要文化財指定された2011年平成23年3月11日東日本大震災で被災したが、同年から2014年平成26年にかけて保存修理が行われ、銅板葺きだった屋根創建当時萱葺屋根復元された。この保存修理の際、元禄時代修理で扉の位置南面から東面変更していたことが判明し修理後創建時のとおり、扉を南面復旧した

※この「本堂(重要文化財)」の解説は、「仏性寺 (水戸市)」の解説の一部です。
「本堂(重要文化財)」を含む「仏性寺 (水戸市)」の記事については、「仏性寺 (水戸市)」の概要を参照ください。


本堂(重要文化財)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/28 04:03 UTC 版)

黄梅院 (京都市)」の記事における「本堂(重要文化財)」の解説

天正16年1588年)に小早川隆景援助により建立され本瓦葺入母屋造建物で、禅宗特有の方丈建築である。内部襖絵重要文化財)は雪舟画風継承した毛利家御用絵師である雲谷等顔筆で、室中の「竹林七賢図」や檀那間の西湖図」など44面が残る。昭和52年1977年)に約400年ぶりに解体修理が行われた。

※この「本堂(重要文化財)」の解説は、「黄梅院 (京都市)」の解説の一部です。
「本堂(重要文化財)」を含む「黄梅院 (京都市)」の記事については、「黄梅院 (京都市)」の概要を参照ください。


本堂(重要文化財)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/18 19:23 UTC 版)

圓證寺」の記事における「本堂(重要文化財)」の解説

室町時代末期建立

※この「本堂(重要文化財)」の解説は、「圓證寺」の解説の一部です。
「本堂(重要文化財)」を含む「圓證寺」の記事については、「圓證寺」の概要を参照ください。


本堂(薬師堂)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/08 19:06 UTC 版)

日向薬師」の記事における「本堂(薬師堂)」の解説

宝城坊本堂」の名称で国の重要文化財指定されている。日向山霊山寺の本堂を、同寺の別当坊である宝城坊引き継いだもの。数度にわたり改修されているが、万治 3年1660年)に幕府から寄進され丹沢立木百本および前本堂の古材使って修造されたのが現存の本堂である。寄棟造茅葺桁行7間、梁間5間(「間」は長さの単位ではなく柱間の数を意味する)。梁間の手前2間分土間外陣、奥の3間分内陣とする。などには前身堂のものと思われる古材再利用されている老朽化虫害のため、2011年1月より5年以上を掛けて本堂の大修理が行われる。大修理が行われるのは、350年振りにして3回目

※この「本堂(薬師堂)」の解説は、「日向薬師」の解説の一部です。
「本堂(薬師堂)」を含む「日向薬師」の記事については、「日向薬師」の概要を参照ください。


本堂(ウボーソット、ubosot)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/09 09:50 UTC 版)

ワット・チャーマテーウィー」の記事における「本堂(ウボーソット、ubosot)」の解説

本堂は境内南西側にある。中部タイ様式建てられるが、木造妻側ラーンナー様式装飾されている。

※この「本堂(ウボーソット、ubosot)」の解説は、「ワット・チャーマテーウィー」の解説の一部です。
「本堂(ウボーソット、ubosot)」を含む「ワット・チャーマテーウィー」の記事については、「ワット・チャーマテーウィー」の概要を参照ください。


本堂(Ubosot)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/09 09:53 UTC 版)

ワット・チェンマン」の記事における「本堂(Ubosot)」の解説

本堂(ウボーソット、ubosot)の正面に1581年石碑認められる。この碑にはチエンマイ創立日、西暦1296年4月12日午前4時という最も古い記述がある。それはまた、本堂が王マンラーイ命令よるものであり、1571年にプーヤ・セーン・ルアン (Phya Saen Luang) が修復されたことが記されている。現在の建物19世紀建てられた。

※この「本堂(Ubosot)」の解説は、「ワット・チェンマン」の解説の一部です。
「本堂(Ubosot)」を含む「ワット・チェンマン」の記事については、「ワット・チェンマン」の概要を参照ください。


本堂(Ubosot)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/09 09:53 UTC 版)

ワット・スワンドーク」の記事における「本堂(Ubosot)」の解説

修復された本堂(ウボーソット)には、王ケーオ(ムアンケーオ)の統治時代西暦1504年鋳造された高さ4.7メートル青銅仏像触地印)がある。そのプラチャオ・カート (Phra Chao Kao Tue) という名をもつ像は、仏像の指がすべて同じ長さであり、スコータイからの影響示しているが、アユタヤ王朝の様式で表現されローブまとっている点が特異的である。

※この「本堂(Ubosot)」の解説は、「ワット・スワンドーク」の解説の一部です。
「本堂(Ubosot)」を含む「ワット・スワンドーク」の記事については、「ワット・スワンドーク」の概要を参照ください。


本堂 (登録有形文化財)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/04 04:22 UTC 版)

財賀寺」の記事における「本堂 (登録有形文化財)」の解説

現存するもの近世後期文政6年1823年)、棟梁岡田左衛門による再建木造平屋建銅板葺。東海地方における近世密教仏堂として有数の規模を持つ。内陣外陣を格子によって隔て内陣壇上厨子国の重要文化財)に本尊千手観音(秘仏)を納めるほか、眷属である二十八部衆像(豊川市指定文化財)、宝冠阿弥陀如来坐像愛知県指定文化財)などを安置する毎年正月3日にはお田植祭りが行われるほか、3月末智恵文殊まつり5月3日大財栄講8月13日万灯会11月3日秋の大法要などの行事際に参加者内陣開放される

※この「本堂 (登録有形文化財)」の解説は、「財賀寺」の解説の一部です。
「本堂 (登録有形文化財)」を含む「財賀寺」の記事については、「財賀寺」の概要を参照ください。


本堂(ほんどう)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 09:53 UTC 版)

慈光寺 (知多市)」の記事における「本堂(ほんどう)」の解説

1963年昭和38年)に再建された。

※この「本堂(ほんどう)」の解説は、「慈光寺 (知多市)」の解説の一部です。
「本堂(ほんどう)」を含む「慈光寺 (知多市)」の記事については、「慈光寺 (知多市)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「本堂」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「本堂」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



本堂のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日本郵政株式会社日本郵政株式会社
Copyright (C) 2022 JAPAN POST SERVICE Co.,Ltd. All Rights Reserved.
名字見聞録名字見聞録
copyright©1996-2022 SPECTRE all rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの本堂 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのワット・シーチュム (ラムパーン) (改訂履歴)、臨済寺 (静岡市) (改訂履歴)、龍光院 (京都市北区) (改訂履歴)、金蔵寺 (船橋市) (改訂履歴)、中禅寺 (日光市) (改訂履歴)、仏性寺 (改訂履歴)、仏性寺 (水戸市) (改訂履歴)、黄梅院 (京都市) (改訂履歴)、圓證寺 (改訂履歴)、日向薬師 (改訂履歴)、ワット・チャーマテーウィー (改訂履歴)、ワット・チェンマン (改訂履歴)、ワット・スワンドーク (改訂履歴)、財賀寺 (改訂履歴)、慈光寺 (知多市) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS