仁徳天皇とは?

仁徳天皇

応神天皇は、皇太子として菟道稚郎子(うじのわきいらつこ)を選んだが、応神天皇没後菟道稚郎子皇位につかず兄の大鷦鷯尊に譲った。
しかし、この様子をみていた皇妃高城入姫の子大山守皇子皇位簒奪しようとしたので二人で大山守皇子殺した。
そして「日本書紀」では辞退する大鷦鷯尊皇位に就かせるために菟道稚郎子自害したとある。
この皇位をめぐる事件は、それまで皇位継承末子相続であったがそれが変化したことを意味していると一部ではいわれている。
この仁徳天皇の事績については、「天皇は民の窮乏憂い3年課税免除した」「質素倹約に努め五穀豊穣を祈った」などとして古来中国でいう聖王意識したものとなり、父応神天皇にもまして美化されている。
個人的見解だが、応神 + 仁徳一人事績考え、「宋書倭国伝」のいわゆる倭の五王」のうちの最初の王「讃」を当て嵌めてみたい。
大鷦鷯尊は即位して都を難波高津宮移した。
皇后葛城襲津彦の娘の磐之媛命とし、大兄去来穂別尊住吉仲皇子多遅比瑞歯別尊雄朝津間稚子宿禰尊をもうけた。
皇妃には日向髪長媛がおり、大草香皇子らをもうけた。
この大草香皇子の子穴穂皇子(第20安康天皇)を殺害した眉輪王がいる。
仁徳の時代には大阪平野への進出がさらに強まり「茨田の堤」の建設に代表されるように土木工事盛んに行った。
仁徳天皇は「宋書倭国伝」のいわゆる倭の五王」のうちの「讃」または「珍」にあてることが多い。
なお、百舌鳥耳原中陵わが国最大前方後円墳といわれている。


仁徳天皇 百舌鳥耳原中陵
(にんとくてんのう もずのみみはらのなかのみささぎ)

御陵写真 陵印
代   数 :第16
天 皇 名 :仁徳天皇
にんとくてんのう
御   父 :應神天皇
御   母 皇后姫
御 陵 名 百舌鳥耳原中陵
(もずのみみはらのなかみささぎ
陵   形 前方後円
所 在 地 大阪府堺市堺区大仙町
交通機関等 JR百舌鳥下車  西へ0.4km
陵印保管場所 古市陵墓監区事務所

仁徳天皇

読み方:ニントクテンノウ(nintokutennou)

初演 正徳3.2(大坂嵐三右衛門座)


仁徳天皇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/22 08:39 UTC 版)

仁徳天皇(にんとくてんのう、神功皇后摂政57年 - 仁徳天皇87年1月16日)は、日本の第16代天皇(在位:仁徳天皇元年1月3日 - 同87年1月16日)。




  1. ^ 松原聡 『日本の経済(図解雑学シリーズ)』 ナツメ社、2000年、228頁。
  2. ^ 『日本書紀(二)』岩波書店 ISBN 9784003000427


「仁徳天皇」の続きの解説一覧



仁徳天皇と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「仁徳天皇」の関連用語

仁徳天皇のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



仁徳天皇のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
歴史浪漫歴史浪漫
Copyright(C)2019.1.1 ~@Hinet Suzuki Minoru  All Rights Reserved Since-1998.11.21
宮内庁宮内庁
Copyright © 2019 Imperial Household Agency. All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの仁徳天皇 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS