安徳天皇とは?

あんとく てんのう -てんわう 【安徳天皇】 ○

1178~1185第八一代天皇在位1180~1185)。高倉天皇皇子。名は言仁(ときひと)。母は平清盛の娘建礼門院徳子二歳即位平宗盛に擁せられて、西国落ち、壇浦で平氏一門とともに入水した。

安徳天皇

父は高倉天皇
母は平清盛の娘で中宮平徳子
第1皇子
国政実権を握っていた外祖父平清盛意向により、生後1ヶ月立太子
平清盛治承三年1179年)のクーデター独裁体制を築くと翌年3歳で即位させられた。
これはもちろん平清盛意向よるものだが、この清盛の強引な手法は、全国に燻っていた源氏らの大反発招き全国的内乱発展した。
1183年木曾源義仲軍勢に京を追われ、平家一門とともに西国転々とした。
1185年後白河上皇院宣を得た源義経攻められて破れ祖母平時子に抱かれて壇ノ浦入水
このとき三種の神器のうち宝剣海中に没したという。


安徳天皇 阿彌陀寺陵
(あんとくてんのう あみだじのみささぎ)

御陵写真 陵印
代   数 :第81
天 皇 名 :安徳天皇
あんとくてんのう
御   父 高倉天皇
御   母 皇后徳
御 陵 名 阿彌陀寺
あみだじみささぎ
陵   形 円丘
所 在 地 山口県下関市阿弥陀寺町
交通機関等 JR下関」からバス赤間神宮前」下車すぐ
陵印保管場所 桃山陵墓監区事務所

安徳天皇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/01 14:47 UTC 版)

安徳天皇(あんとくてんのう、安德天皇1178年12月22日治承2年11月12日〉- 1185年4月25日寿永4年3月24日〉)は、第81代天皇(在位: 1180年3月18日〈治承4年2月21日〉- 1185年4月25日〈寿永4年3月24日〉)。言仁(ときひと)[1]




  1. ^ a b c d e f g h i j k 歴代天皇総覧200-202頁『第八十一代 安徳天皇 一一七八~一一八五(在位一一八〇~一一八五)』
  2. ^ a b c d 名前で読む天皇歴史207-208頁『八一代安徳天皇【あんとくてんのう】在位 治承四(一一八〇)-承永四(一一八五)年』
  3. ^ a b 国史大系14巻コマ209(原本402頁)〔安徳―後鳥羽〕『八十一安德。三年。 諱トキ仁。治承四年二月廿一日受禪。。同二年十二月日立坊。高倉院長子。母中宮徳子。入道太政大臣清盛女。 攝政基通。内大臣平宗盛。 養和一年。元年辛丑。七月十四日改元。壽永二年。元年。壬寅五月廿七日改元。此時遷都ノ事有ケリ。委在別帖。此天皇ハコノ壽永二年七月廿五日ニ、外祖ノ清盛入道殿反逆ノ後。外舅内大臣宗盛。源氏ノ武士東國北陸等攻上リシカバ。城ヲ落テ西國ヘ具シマイラセテ後。終ニ元暦二年三月廿四日ニ。長門國文字ノ關壇ノ浦ニテ。海ニ入テ失サセ給ヒンケリ。七歳。寶劒ハ沈ミテ失ヌ。神璽ハ筥浮テ返リマイリヌ。又内侍所ハ時忠取テ参リニケリ。此不思議ドモ細在別帖。』
  4. ^ 奪われた三種神器18-22頁『平氏の栄光と没落』
  5. ^ 「神社のいろは用語集、祭祀編」監修・神社本庁、扶桑社 p. 266 ISBN 9784594071936
  6. ^ 奪われた三種神器22-24頁『都落ちする平氏―神器の行方』
  7. ^ 奪われた三種神器31-32頁『「如在之儀」と「太上法皇詔書」』
  8. ^ 伊勢神宮と三種神器281頁『神器なきままの新帝即位』
  9. ^ a b 稲田、三種神器198頁『宝剣の補充』
  10. ^ 歴代天皇総覧205-206頁『第八十二代 後鳥羽天皇 一一八〇~一二三九(在位一一八三~一一九八)』
  11. ^ 安徳天皇社(高松市・旧高松市)
  12. ^ 奪われた三種神器34-37頁『安徳天皇入水―宝剣喪失』
  13. ^ 伊勢神宮と三種神器278-279頁『神璽神鏡の京都帰還』
  14. ^ 稲田、三種神器193-194頁『海に消える宝剣』
  15. ^ 伊勢神宮と三種神器280頁〔『吾妻鏡』の記事〕
  16. ^ 奪われた三種神器37-38頁『「国家的プロジェクト」としての宝剣探索』
  17. ^ 奪われた三種神器40-42頁『宝剣代の創出』
  18. ^ 徳山新名勝案内コマ102(原本190-191頁)『(略)之より尾根傳ひにて二ノ森、三ノ森ヲ經て絶頂に達する、絶頂は平家の馬場と稱され長さ五町ばかりの大草原をなし小笹が密生し周圍には五葉松、白花米ツツジ等の高山植物がある、又傍に安徳天皇の御劒を納めたと傳へられる寶藏石(石灰岩)がある、山上は雲霧の去來するのが常であるが天氣晴朗なれば廣潤なる眺望を恣にする事が出來る、殊に阿讃山脈を越えて瀬戸内海一帯の島山が望見せられるのは最も興味がある 頂上より西北へ五町を下れば大劒神社がある大劒は美くしい石灰岩の突起で谷に面しては高き斷崖をなしてゐる、此處より山腹を斜行すること五、六町で道は二分し木ノ鳥居と狛犬とが置かれてゐる、是より北に下れば見殘に達する、東へ進む事數町で石灰岩の大斷崖下に古劒神社があり更に一町にして兩劒神社がある(以下略)』
  19. ^ 徳山新名勝案内コマ103(原本192-193頁)『△信仰の劒山 劍山の信仰は諸國の名山と同じく山岳崇拝に始つたものと思はれるが、安徳天皇が御劍を此山に納めたので、元は太郎山と言ふたのをそれより劒山と改めたと言はれる、劒山に祀れる神佛は富士ノ池では郷社劍神社(劒山本宮)と龍光寺富士ノ池本坊(劍山大權現)とがあり、見殘には郷社劍神社の前堂と圓福寺とがあり劍神社には山上にあり通稱大劍神社と言はれる、劍山本宮は素戔男命及び安徳天皇を祀り末社は古劍神社以下山中の要所々々に祀られてゐる、社殿は敢えて宏壮ではないが享保の頃藩主蜂須賀綱都矩公の造營せられたもので二〇〇年を經たる古建築である(以下略)』
  20. ^ 鈴木彰「硫黄島の安徳天皇伝承と薩摩藩・島津斉興-文政十年の「宝鏡」召し上げをめぐって-」井上泰至『近世日本の歴史叙述と対外意識』勉誠出版、2016年7月 ISBN 978-4-585-22152-4 P85-113
  21. ^ 奪われた三種神器43-45頁『神器不帯というコンプレックス』
  22. ^ a b c d 稲田、三種神器196-197頁
  23. ^ #宝文舘、平家コマ307-308(原本457-458頁)『千尋の海の底、神龍の寶と成りしかば二度(ふたヽび)人間に返らざるも理(ことわり)とこそ覺えけれ。』
  24. ^ #永井、太平記コマ69-70(原本127-128頁)
  25. ^ 早稲田、太平記上コマ239-240(原本443-444頁)
  26. ^ 国史大系14巻コマ274(原本532-533頁)〔安徳―後鳥羽〕『其後此主上ヲバ安徳天皇トツケ申タリ。海ニ沈マセ給ヒヌルコトハ。コノ王ヲ平相國祈リ出シマイラスル事ハ。安藝ノ嚴島ノ明神ノ利生也。コノ嚴島ト云フハ龍王ノムスメ也ト申傳ヘタリ。コノ御神ノ心ザシフカキニコタヘテ我身ノコノ王ト成テムマレタリケル也。サテハテニハ海ヘ歸リヌル也トゾコノ子細シリタル人ハ申ケル。コノ事ハ誠ナラント覺ユ。』
  27. ^ 伊勢神宮と三種神器281-282頁〔『愚管抄』の見解〕
  28. ^ #日本戯曲名作大系1巻コマ74(原本34頁)〔渡海屋の場、大物浦の場〕より『知盛|今、賎しき御身の上、人間の憂き艱難、目前に六道の苦しみを受け給ふ。これと云ふも、父、清盛、外戚の望みあるに依つて、姫宮を男の子と云ひふらし、權威をもつて御位につて、天道を欺き申せし其の惡逆。積り積りて、一門我が子の身に報ひしか』





安徳天皇と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「安徳天皇」の関連用語

1
90% |||||

2
90% |||||

3
74% |||||

4
74% |||||

5
74% |||||

6
74% |||||


8
52% |||||



安徳天皇のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



安徳天皇のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
歴史浪漫歴史浪漫
Copyright(C)2019.1.1 ~@Hinet Suzuki Minoru  All Rights Reserved Since-1998.11.21
宮内庁宮内庁
Copyright © 2019 Imperial Household Agency. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの安徳天皇 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS