源義仲とは?

みなもとの よしなか 【源義仲】 ○

1154~1184平安末期武将。為義の孫。木曽山中育てられ,木曽次郎と称した。1180年以仁王もちひとおう令旨に応じて挙兵し,平維盛大軍俱利伽羅くりから峠に破り,平氏都落ちさせて入京勢威を振るったが後白河院対立源義経・範頼軍に攻められて,近江粟津敗死した。木曽義仲朝日将軍

木曽(源)義仲

読み方きそよしなか(1154~1184)

久寿元年(1154)源義賢次男として生まれる。幼時に父を失い、信濃(しなの=現、長野県)の木曽家臣養育された。今井兼平とは乳兄弟治承4年(1180)以仁王から平家追討令旨を受け、源頼朝とともに挙兵。しかし京都に入るや、義仲軍は後白河上皇対立頼朝義仲追討軍を出させる結果になった。寿永3年(1184)義仲は、源義経・範頼軍に宇治川瀬田合戦で敗れ、粟津合戦戦死遂げた。馬場一丁目義仲寺に墓があり、傍らには彼とともに転戦した愛妾巴御前供養塚もある。



源義仲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/07 02:33 UTC 版)

源 義仲 (みなもと の よしなか)は、平安時代末期の信濃源氏武将河内源氏の一族、源義賢の次男。源頼朝義経兄弟とは従兄弟にあたる。木曾 義仲(きそ よしなか)の名でも知られる。『平家物語』においては朝日将軍(あさひしょうぐん、旭将軍とも)と呼ばれている。




注釈

  1. ^ a b c d 従前は『吾妻鏡』などを根拠に、義仲が任官したのは「征夷大将軍」とする説が有力で、『玉葉』に記されている「征東大将軍」説を唱えるのは少数派だったが、『三槐荒涼抜書要』所収の『山槐記』建久3年(1192年)7月9日条に、源頼朝征夷大将軍任官の経緯の記述が発見された。それによると、「大将軍」を要求した頼朝に対して、朝廷では検討の末、義仲の任官した「征東大将軍」などを凶例としてしりぞけ、坂上田村麻呂任官した「征夷大将軍」を吉例として、これを与えることを決定したという。こうして義仲が任官したのは「征東大将軍」だったことが同時代の一級史料で確認できたため、今日ではこちらの説の方がきわめて有力となっている(櫻井陽子「頼朝の征夷大将軍任官をめぐって」 『明月記研究』9号、2004年)。
  2. ^ 源平盛衰記』において、義仲は巴御前に向かって信濃の妻に再び会えないのが心残りだと言っている。
  3. ^ 義賢が関東に下り最初に居住した上野国多胡郡(現・群馬県多野郡)の可能性もある。
  4. ^ 全国の朝日とつく名前の町村は、朝日将軍義仲のゆかりが深いところが多い。明治27年9月に東京帝国大学史編纂官重野安繹(やすつぐ)博士が、旧制松本中学(現長野県松本深志高等学校)で「木曽義仲松本成長説」を講演した。その要旨は、「義仲を匿った中原兼遠は信濃国の権守であったため、国府のあった松本で信濃国中の政務を執っていた。義仲も成長すると、中原兼遠のいた松本、今井兼平の居住する今井村、樋口兼光が居住する樋口村の間で、26,7歳まで暮らした」という説であった。松本地方の学生たちに故郷の英雄として松本盆地に多く残る義仲の史跡を調べたほうがよかろう、など鼓舞した。『義仲と松本平―旭将軍義仲とその子清水冠者義高』飯沼伴雄著(松本市歴研刊行会)など研究書もつくられ、松本で義仲顕彰活動の輪が広がっている。松本・義仲復権の会では、『木曽義仲~江戸浮世絵武者絵に見る義仲像』『木曽義仲と松本平史跡マップ』など刊行している。
  5. ^ 義仲が木曾谷で成長していることから、当然のように木曾谷にて挙兵したと考えられている。『源平盛衰記』でも、滋野行親が木曾谷の山下(現在の木曽町新開上田付近)で兵を集めたと記述されている。だが、一志茂樹はこの記述に疑問を抱き、義仲が根拠地としたのは滋野氏の本拠があった東信・西上野であると説いた(「木曽義仲挙兵の基地としての東信地方」(『千曲』創刊号、1974年))。菱沼一憲も後の横田河原の戦いにて義仲方に参加した木曾谷の武士(木曾衆)で姓氏が明確なのは中原兼遠の子供達のみであり、義仲が木曾谷で挙兵したとしても本拠地としたのは佐久小県の両郡および西上野の一部であり、市原合戦や横田河原の戦いもそれを前提に考えるべきであるとする(菱沼一憲「木曽義仲の挙兵と市原・横田河原の合戦」(初出:『群馬歴史民俗』25号(2004年)/改題:「木曽義仲の挙兵と東信濃・西上野地域社会」菱沼『中世地域社会と将軍権力』(汲古書院、2011年) ISBN 978-4-7629-4210-5 Ⅰ部第二章1節)。
  6. ^ 『玉葉』7月28日条には、「参入の間、かの両人相並び、敢へて前後せず。争権の意趣これを以て知るべし」とある。
  7. ^ 『玉葉』閏10月17日条には、「或人云はく、頼朝の郎従等、多く以て秀平の許に向ふ。仍つて秀平頼朝の士卒異心ある由を知り、内々飛脚を以て義仲に触れ示す」とあり、藤原秀衡が義仲に情報を伝えたとしている。
  8. ^ 義仲に従ったのは子飼いの部下を除くと、志田義広と近江源氏だけだった。義広は義仲滅亡後も抵抗を続けるが、元暦元年(1184年)5月4日に鎌倉軍との戦闘で討ち取られる。近江源氏の山本義経は法住寺合戦後に若狭守に任じられるが、その後の消息は不明である。
  9. ^ 義仲と基房の娘の婚姻を語るのは『平家物語』だけで、『玉葉』『愚管抄』には記述がないため、『平家物語』の創作とする見解もある。
  10. ^ 平治の乱以降、院御厩別当と左馬頭は平氏一門が独占していた。ただし12月10日には、左馬頭を辞任している。同一人物が両方の職を兼任することはなかったため、その先例に従ったものと推測される。

出典

  1. ^ 武居用拙『吉蘇古今沿革志』(明治23年(1890年))
  2. ^ 『玉葉』寿永2年4月13日条
  3. ^ 『玉葉』寿永3年2月23日条
  4. ^ 『玉葉』7月30日条
  5. ^ 『吉記』7月30日条
  6. ^ 百錬抄』同日条、『玉葉』8月11日条
  7. ^ 『玉葉』8月12日条
  8. ^ 『玉葉』8月12日条
  9. ^ 『玉葉』8月14日条
  10. ^ 『玉葉』8月18日条
  11. ^ 『玉葉』9月3日条
  12. ^ 『玉葉』9月21日条
  13. ^ 『玉葉』7月25日条
  14. ^ 『吉記』7月26日条
  15. ^ 『玉葉』7月25日条
  16. ^ 『吉記』7月30日条
  17. ^ 『玉葉』8月6日条
  18. ^ 『玉葉』9月3日条
  19. ^ 『玉葉』9月5日条
  20. ^ 『玉葉』8月28日条
  21. ^ 『吉記』7月24日条
  22. ^ 『玉葉』寿永3年2月23日条
  23. ^ 『玉葉』10月2日条
  24. ^ 『百錬抄』
  25. ^ 『玉葉』閏10月17日条
  26. ^ 『玉葉』同日条
  27. ^ 『玉葉』閏10月21日条
  28. ^ 『玉葉』閏10月20日条
  29. ^ 『玉葉』閏10月26日条
  30. ^ 『玉葉』閏10月27日条
  31. ^ 『玉葉』11月16日条
  32. ^ 『玉葉』11月8日条
  33. ^ 『玉葉』11月17日条、『吉記』『百錬抄』11月18日条
  34. ^ 『玉葉』11月18日条
  35. ^ 『玉葉』11月22日条
  36. ^ 愚管抄
  37. ^ 『百錬抄」同日条、『吉記』は21日とする。
  38. ^ 『玉葉』同日条
  39. ^ 『吉記』『百錬抄』同日条、『玉葉』29日条
  40. ^ 『吉記』同日条
  41. ^ 『吉記』同日条
  42. ^ 『百錬抄』『吉記』同日条
  43. ^ 『玉葉』同日条
  44. ^ 『玉葉』同日条
  45. ^ 『玉葉』同日条
  46. ^ 木曽義仲|【嵐山町旅の達人】嵐山町観光協会
  47. ^ 曽山(2015)、p.30
  48. ^ 今井善兵衛著『更生農村 : 北橘村の実情 』日本評論社(昭和10年
  49. ^ 葦原検校の遺跡と木像


「源義仲」の続きの解説一覧





源義仲と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

源義仲に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「源義仲」の関連用語

源義仲のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

大津市歴史博物館

淡淡美術館

聖衆来迎寺

伏龍祠

荒戸神社

小椋神社

天然図画亭庭園

弘文天皇陵





源義仲のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
大津市歴史博物館大津市歴史博物館
Copyright (C) OTSU CITY MUSEUM OF HISTORY
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの源義仲 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS