小矢部市とは? わかりやすく解説

おやべ‐し〔をやべ‐〕【小矢部市】


小矢部市

読み方:オヤベシ(oyabeshi)

所在 富山県

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

小矢部市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/01 07:53 UTC 版)

小矢部市(おやべし)は、富山県西部にある


注釈

  1. ^ 「ボストン公会堂」と訳され得る建物には旧市庁舎 (Old City Hall (Boston)ファニエル・ホールなどがあるが、出典では特定できない。
  2. ^ 建築家中川理は「ディズニーランダゼイション」(ディズニーランド化)と呼んでいる。小矢部市立蟹谷中学校が典型的で尖塔はオックスフォード大学、校舎中央はベルサイユ宮殿、左右は迎賓館を模倣した建築である。

出典

  1. ^ a b 『新聞に見る20世紀の富山 第2巻』(1997年7月30日、北日本新聞社発行)148ページ『小矢部市発足』より。
  2. ^ 令和元年度版 小矢部市統計書”. 小矢部市. 2021年4月15日閲覧。
  3. ^ 沿革 DMCカーマ
  4. ^ 松沢公民館”. 小矢部市. 2021年7月26日閲覧。
  5. ^ 富山・小矢部市のメルヘン建築 地元に愛着維持へ知恵絞る”. 日本経済新聞社 (2016年12月7日). 2021年7月27日閲覧。(有料会員限定記事)
  6. ^ 自治体リポート【6】小矢部 メルヘン建築の今/老朽化で財政の足かせ”. 北日本新聞社 (2021年1月10日). 2021年7月27日閲覧。
  7. ^ 小矢部市観光協会・メルヘン建築(2018年6月19日閲覧)
  8. ^ 【地域力】小矢部市(富山県)「メルヘン建築」若者集める/コスプレ撮影 住民協力『読売新聞』朝刊2018年6月7日
  9. ^ 姿消す メルヘン建築 小矢部の公共施設 少子化、老朽化…再利用難しく:北陸発:北陸中日新聞から:中日新聞(CHUNICHI Web)[リンク切れ]
  10. ^ 俱利伽羅県定公園・古戦場小矢部市(2018年6月19日閲覧)
  11. ^ 名誉市民|小矢部市ホームページ”. 2022年1月29日閲覧。
  12. ^ kanpou83_4”. 公益財団法人 富山県ひとづくり財団 富山県教育記念館. 2022年1月29日閲覧。
  13. ^ 小矢部市大谷博物館”. 小矢部市教育委員会. 2022年1月29日閲覧。



「小矢部市」の例文・使い方・用例・文例

  • 小矢部市という市
Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

小矢部市のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



小矢部市のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの小矢部市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS