下屋敷とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 家屋 > 別邸 > 下屋敷の意味・解説 

した‐やしき【下屋敷】

読み方:したやしき

しもやしき」に同じ。


しも‐やしき【下屋敷】


下屋敷

読み方:シモヤシキ(shimoyashiki)

江戸時代控え屋敷


下屋敷

作者岡本綺堂

収載図書鎧櫃の血
出版社光文社
刊行年月1988.5
シリーズ名光文社時代小説文庫

収載図書鎧櫃の血巷談コレクション 新装版
出版社光文社
刊行年月2006.9
シリーズ名光文社時代小説文庫


下屋敷

読み方:シモヤシキ(shimoyashiki)

所在 青森県上北郡おいらせ町


下屋敷

読み方:シモヤシキ(shimoyashiki)

所在 富山県小矢部市


下屋敷

読み方:シモヤシキ(shimoyashiki)

所在 長野県諏訪郡下諏訪町


下屋敷

読み方:シモヤシキ(shimoyashiki)

所在 愛知県犬山市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

下屋敷

読み方
下屋敷しもやしき

江戸藩邸

(下屋敷 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/22 00:41 UTC 版)

江戸藩邸(えどはんてい)は、江戸時代江戸に置かれた藩邸(屋敷)である。ただし、江戸時代当時の歴史的呼称ではなく、後世つくられた歴史用語である[1]。当時は、単に武家屋敷もしくは江戸屋敷と呼ばれ、個別の屋敷は当該屋敷を使用する武家の家名を付して○○家屋敷などと呼ばれた。


  1. ^ 歴史学では、江戸時代の統治構造を指して幕藩体制と呼ぶことがある。しかし、明治初年に府藩県三治制が定められるまで、「」という用語・概念が広く用いられることはなかった。江戸時代を通じて、「藩」ではなく「」(イエ)を中心とした制度が運用された。
  2. ^ 慶長10年(1605年)に結城秀康越前藩)が拝領した麹町屋敷(上屋敷)は子・松平忠直(改易)から孫・松平光長高田藩新規立藩)に伝わった。また、元和5年(1619年)に松平忠昌(高田藩)が拝領した龍ノ口屋敷(上屋敷)は忠昌の福井藩相続後も変更されることはなく、次代藩主の松平光通に伝わり、明暦3年(1657年)の明暦の大火で消失した。ただし忠昌が「利便性」を選んだとも、兄の子を憐れんだためとも伝わる。
  3. ^ 例えば、50万石の格式を持った家が減封処分となり5万石となった場合、以降の格式・財政ではこれまでの大屋敷を維持できず「身分不相応」とされ屋敷を替えられることがあった。
  4. ^ 富山県公文書館 『とやまの歴史 将軍綱吉。加賀藩本郷上屋敷御成り』富山県、1998年、p93頁。 
  5. ^ a b 金行信輔「描かれた大名屋敷」、「加賀殿再訪―東京大学本郷キャンパスの遺跡」(東京大学コレクション)。文化庁編『戦災等による焼失文化財[増訂版]建造物篇』便利堂、1983年(文化庁編『戦災等による焼失文化財』戎光祥出版 2003年



下屋敷(しもやしき)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/17 08:25 UTC 版)

学園恋獄ゾンビメイト」の記事における「下屋敷(しもやしき)」の解説

悟志クラスメイト正直者学園情報通ながらネクラで、女子にはモテない

※この「下屋敷(しもやしき)」の解説は、「学園恋獄ゾンビメイト」の解説の一部です。
「下屋敷(しもやしき)」を含む「学園恋獄ゾンビメイト」の記事については、「学園恋獄ゾンビメイト」の概要を参照ください。


下屋敷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 14:28 UTC 版)

吉良義央」の記事における「下屋敷」の解説

麻布一本松吉良家下屋敷 - 現在の元麻布大黒坂・一本松坂。敷地は約1600坪。向かい側増上寺隠居所萬治二年までは麻布氷川神社)があった。現在の屋敷跡にはオーストリア大使館大法寺など。一本松坂を進むと御神木一本松」が現存。のち有馬東条旗本屋敷になる。港区元麻布1-1-10~20

※この「下屋敷」の解説は、「吉良義央」の解説の一部です。
「下屋敷」を含む「吉良義央」の記事については、「吉良義央」の概要を参照ください。


下屋敷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/10 08:02 UTC 版)

高取城」の記事における「下屋敷」の解説

高取城跡より、1200メートル下ると植村家長屋がある。また、その南側丘陵にあるが「下屋敷」もしくは「ゴテンアト」と呼ばれていた藩邸置かれていた。大きさは、東西80メートル×南北90メートルで、北側半分公的な場として活用され南側半分私的の場としていた。弁天池四阿紫府亭も設けていた。また、門の東側には水堀があったと伝承されているが、その遺構確認できていない二の丸方向からの太鼓御櫓台新御櫓台 本丸方向からの太鼓御櫓台新御櫓台 天守台からの太鼓御櫓台新御櫓台 本丸下にある門の礎石

※この「下屋敷」の解説は、「高取城」の解説の一部です。
「下屋敷」を含む「高取城」の記事については、「高取城」の概要を参照ください。


下屋敷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/15 06:51 UTC 版)

福山 (城下町)」の記事における「下屋敷」の解説

かつての城下南端現在の中央図書館(まなびの館ローズコム)から南小学校にかけて一帯には広大な敷地有する藩主の下屋敷が建てられていた。下屋敷は享保7年1722年)に火事大部分建物焼失しその後は「御茶屋」が建てられ休憩所として使われていたようである嘉永7年1854年)に敷地西側藩校誠之館」が建てられ東側操練場(練兵場)として使われた。操練場跡は明治時代売却され市街地となり痕跡はほとんど残されていない

※この「下屋敷」の解説は、「福山 (城下町)」の解説の一部です。
「下屋敷」を含む「福山 (城下町)」の記事については、「福山 (城下町)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「下屋敷」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



下屋敷と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

下屋敷のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



下屋敷のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの江戸藩邸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの学園恋獄ゾンビメイト (改訂履歴)、吉良義央 (改訂履歴)、高取城 (改訂履歴)、福山 (城下町) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS