広島藩とは?

広島藩

読み方:ヒロシマハン(hiroshimahan)

安芸国安芸郡広島の藩名。


広島藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/13 01:18 UTC 版)

広島藩(ひろしまはん)は、安芸国一国と備後国の半分を領有した大国主)。現在の広島県の大半を占める[注 1]。藩庁は安芸国安芸郡[1]広島(現在の広島県広島市中区基町)の広島城に置かれた。芸州藩(または安芸藩)と呼ばれることも多い。


注釈

  1. ^ 浅野氏時代は備後国の南西部が福山藩

出典

  1. ^ 律令制下に置かれた郡であるが、平安時代に分割、高宮郡を分離。「角川日本地名大辞典 34 広島県」
  2. ^ 毛利貞親・親衡は越後の毛利領を拠点に南朝に味方し活動。
  3. ^ 吉田郡山城の築城者といわれる時親が曾孫の元春を後見した。
  4. ^ 慶長12年(1607年)、再検地で36万9千石に高直しされ、これが長州藩の表高となる。
  5. ^ 安芸一国21万2千950石並びに備後一国18万9千200石(『広嶋御時代分限帳』より「兼重蔵田検知高」)
  6. ^ 徳川秀忠『福島正則宛領地判物』元和3年(1617年)九月五日付
  7. ^ 光永氏や木戸氏ら、越後以来の譜代は毛利家と共に萩に移り、長州藩の上士となったが、元就からの家臣である芸備の土豪は、所領や俸禄の削減や年貢の増加が予想できること(実際に長州藩では検地に反対する一揆が起きた)、主筋だった大内領への移住よりは父祖代々の土地に残りたいこと、福島家は加増による入部のため人材の登用が期待できることなどで安芸・備後の両国に残るものが少なからずいた。
  8. ^ 大石大三郎は大身の浅野一門を2度も離縁した。大石るりも浅野一門を迎えるが、藩主に連なる血脈を残せなかった。
  9. ^ 浅野家文書「広島藩御覚書帳」
  10. ^ 五匁札・一匁札・三分札・二分札の銀札があり、額面上部に大黒天と銀分銅の絵柄が確認できる。
  11. ^ 「写真スライド・延宝赤穂藩札」広島市立中央図書館「おカネでみる広島藩」高木久史(2019年)
  12. ^ 藩名・旧国名がわかる事典 広島藩(コトバンク)
  13. ^ 「広島県の歴史」より『芸備志』巻九十四
  14. ^ 同『芸備志』巻九十五
  15. ^ 宇和島伊達や鳥取池田と同様、本家が既に持っていた自領を割いて立藩した大名ではない。
  16. ^ 「知行割判物発給禄」ほか
  17. ^ それでも三支藩・竜造寺一門四家などを抱える佐賀藩や、度々独立を企てる吉川領や分家の多い隣国の長州藩などの西国大名に比べると多いほうであり、直轄領は十万石を超えている。
  18. ^ 大名である無城の支藩と幕府を憚り、小早川時代の呼称「要害」と称す
  19. ^ 「一国一城令」慶長20年閏6月13日(1615年8月7日)
  20. ^ 『慶長江戸図』・『寛政二十年江戸全図』(国会図書館)
  21. ^ 「浅野家文書」では事実の記載のみで理由は不明(真田信繁の大坂入城との関連も見当たらない)


「広島藩」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「広島藩」の関連用語

広島藩のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



広島藩のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの広島藩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS