鳥取藩とは?

鳥取藩

読み方:トットリハン(tottorihan)

因幡邑美郡鳥取の藩名。


鳥取藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/24 06:21 UTC 版)

鳥取藩(とっとりはん)は、因幡国伯耆国(現在の鳥取県)の2国を領有した大である。石高は32万5千石。藩庁は因幡の鳥取城鳥取市東町)に置いた。久松山城とも称した。




  1. ^ 村川浩平『日本近世武家政権論』
  2. ^ 深井雅海『江戸城-本丸御殿と江戸幕府』(中公新書 2008年)P12-13。なお、同書によれば徳川御三家はさらに奥の大広間溜まで刀を持ち込むことが出来た。
  3. ^ (財)史跡鳥取藩主池田家墓所保存会
  4. ^ 木下不流嗣時は藪大納言嗣孝の子。家老荒尾秀就に嗣孝の娘が嫁いだことで池田家と縁ができた。


「鳥取藩」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鳥取藩」の関連用語

鳥取藩のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



鳥取藩のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鳥取藩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS