久保田藩とは?

久保田藩

読み方:クボタハン(kubotahan)

出羽秋田郡久保田の藩名。

別名 秋田藩


久保田藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/09 22:37 UTC 版)

久保田藩(くぼたはん)は、江戸時代の一つ。秋田藩(あきたはん)とも呼ばれる[1]久保田城居城とし、藩主は佐竹氏が治めた。佐竹氏は室町時代以来の常陸守護の家柄であったが、関ヶ原の戦いにおける挙動を咎められて出羽国(後の羽後国)秋田へ移封された。表高は約20万石、実高は約40万石。家格は大広間国持大名




  1. ^ a b 「秋田市史 第四巻」7頁。
  2. ^ a b c 『「梅津政景日記」読本』p.35。
  3. ^ a b 『「梅津政景日記」読本』p.38。
  4. ^ 『「梅津政景日記」読本』pp.38-43。
  5. ^ a b 『「梅津政景日記」読本』p.47。
  6. ^ 『「梅津政景日記」読本』p.54。
  7. ^ 『「梅津政景日記」読本』pp.54-56。
  8. ^ 『「梅津政景日記」読本』p.317。
  9. ^ a b c 『「梅津政景日記」読本』p.318。
  10. ^ 『「梅津政景日記」読本』pp.318-323。
  11. ^ あきた(通巻69号) 1968年(昭和43年)2月1日発行 p.38
  12. ^ 林正崇「角館城下町の歴史」ISBN 978-4-89544-633-4、無明舎出版、1982年12月、p.171。
  13. ^ 鬼頭宏『文明としての江戸システム』(2002)p.182
  14. ^ a b 「秋田市史 第四巻」20頁。
  15. ^ くぼた旧町名物語・まちの生い立ち ④江戸屋敷跡 編 東京に今も残る“佐竹”の名と紋章」『広報あきた』No.1583、秋田市、2004年8月13日、 2-3頁、2014年6月14日閲覧。
  16. ^ 商店街の歴史”. 佐竹商店街振興組合. 2014年6月14日閲覧。


「久保田藩」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「久保田藩」の関連用語

久保田藩のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



久保田藩のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの久保田藩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS