野辺地戦争とは?

野辺地戦争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/18 10:05 UTC 版)

野辺地戦争(のへじせんそう、明治元年9月23日グレゴリオ暦1868年11月7日))は、会津戦争戊辰戦争)の戦いの一つである。




  1. ^ 大田(1980: 380)
  2. ^ 大田(1980: 384) 馬門村へ向かったのは「小島左近、笹権六郎の2小隊に千葉平弥の砲隊1小隊」によって編成された60名
  3. ^ 竹内司郎『戊辰野辺地戦争の悲運・津軽軍と南部軍の戦死者は何人か』
  4. ^ 大田(1980: 382)「同盟を破るのは不本意なことであるが、近衛家と弘前藩は古来より特別の関わりがあり、その命令に背くことはできなかった。我が藩は小藩であるがゆえ、国内警備に専念して領外に出兵しない」
  5. ^ 大田(1980: 381)
  6. ^ 大田(1980: 382)「わが藩にも援兵を出しておき、いまも、ともに謀るところがあるので、津軽進撃の儀は見合わせていただきたい」
  7. ^ 大田(1980: 382)
  8. ^ 大田(1980: 383)
  9. ^ 大館市史 p.363
  10. ^ 大館市史 p.377
  11. ^ 大田(1980: 384)
  12. ^ 大田(1980: 384)「新政府軍の弘前藩という既成事実のバスに乗り遅れる懸念」
  13. ^ 大館市史。大館周辺の戦いも参考。また、津軽藩は奥羽鎮撫隊の副総監の澤為量隊を矢立峠の巨木を倒し峠を封鎖して通過させない措置をとっていた。
  14. ^ 大田(1980: 379)
  15. ^ 大田(1980: 379) 著者私見
  16. ^ 大田(1980: 380) 迎撃に利用された野辺地砲台は三本木の水路開発をした新渡戸傳新渡戸十次郎親子の設計によるものであり、台場を掘り下げて海からの目視を難しくするなどの工夫が施されていた。
  17. ^ 大田(1980: 380)「津軽の動静に少しく疑うべきところあるを以て」
  18. ^ a b c 大田(1980: 385)
  19. ^ 相馬大作事件で盛岡藩を裏切った刀匠の一人である喜七の義理の息子である。喜七は1821年野辺地門馬村の藩境を越え狩場沢陣所に書簡を届けた。その後、小島嘉兵衛貞勝と改名して弘前藩に仕官することになる。
  20. ^ 戊辰野辺地戦争の悲運 〜津軽軍と南部軍の戦死者は何人か〜
  21. ^ [1][リンク切れ]
  22. ^ 大田(1980: 386)「津軽が最初に放火したとはいえ、まず使者をもって応接すべき場面であり、降伏したにも関わらず応戦したのは、元から新政府に対する戦意を失っていなかったからだ」
  23. ^ 大田(1980: 386)
  24. ^ a b 大田(1980: 387)


「野辺地戦争」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「野辺地戦争」の関連用語

野辺地戦争のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



野辺地戦争のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの野辺地戦争 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS