相馬中村藩とは?

相馬中村藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/12 13:53 UTC 版)

相馬中村藩(そうまなかむらはん)は、江戸時代の日本で、旧陸奥国標葉郡から宇多郡まで(現在の福島県浜通り北部)を治めたである。藩主の姓から相馬藩(そうまはん)、本拠地名から中村藩(なかむらはん)とも呼ばれるが、他の「中村藩」と区別する際には相馬中村藩や陸奥中村藩という。




  1. ^ 当時は「相馬三胤」、このときに「蜜胤」に、のちに再度「利胤」に改名。当記事ではすべて「利胤」とする。
  2. ^ 南砺市から福島県南相馬市へ支援”. 南砺市 (2011年4月17日). 2012年1月17日閲覧。 “旧相馬中村藩領で天明の大飢饉後(1810年)……激減した人口の増加を図るため……南砺市内全域から多くの方が移民”
  3. ^ 亘理町『亘理町史』p559


「相馬中村藩」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「相馬中村藩」の関連用語

相馬中村藩のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



相馬中村藩のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの相馬中村藩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS