北越戦争とは?

北越戦争

読み方:ホクエツセンソウ(hokuetsusensou)

戊辰戦争のうち越後中・北部の戦争


北越戦争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/03 15:59 UTC 版)

北越戦争(ほくえつせんそう)は、戊辰戦争の局面のひとつとして長岡藩(現・新潟県長岡市)周辺地域で行われた一連の戦闘の総称である。




  1. ^ 新潟県立図書館「越後佐渡デジタルライブラリー」『越後国上杉景勝家督争合戦』
  2. ^ 長岡藩が輸入された火器を購入したのは、横浜のイギリス人の武器商人のウォーターともアメリカ人の武器商人のスミスともファーブル・ブラント商会ともスネル兄弟とも言われている。
    実際にどのような兵器を購入していたのかについて、現在残っている公文書中の記録には下記のように記されている。
    陸軍省大日記 「大日記 壬申 3月 諸省府県之部己」
    陸軍省 明治5年3月
    「三月廿七日 土曜 第三百八十二号 元長岡藩兵器処分伺 長岡藩被廃候仰兵器ハ兵部省ヘ可差出旨従太政官御達相成之柏崎県新庄権知事上京之砌右差出方同省ヘ相伺候処当分其侭可差置旨御差図ニ付今日迄差置候然ル処当節諸廃県兵器夫々新発田ヨリ営ヘ輸送可致ニ付右之長岡藩兵器モ同様同営ヘ輸送仕度仍テ目録相添此段相伺候以上 壬申三月廿七日 柏崎県参時馬伏断三 陸軍省御中 伺之通 三月廿八日 別紙 記 一ミニール銃 百五拾挺〜」
    この記録はここで途切れているが、ミニエー銃を装備していたことまでは確実なようである。
  3. ^ 新潟県小千谷市役所 報道資料3 平成24年2月16日
  4. ^ 大山柏『戊辰役戦史』時事通信社、1988年、補訂版、850-862頁。
  5. ^ 国立国会図書館デジタルコレクション『復古記 第13冊』695頁 復古外記 越後口戦記 第四 明治元年七月二十八日 (編著者:太政官、豊原資清 発行所:内外書籍 発行:昭和5年(1930年)6月27日) (2018年10月21日閲覧。)
  6. ^ 国立国会図書館デジタルコレクション『復古記 第13冊』746~747頁 復古外記 越後口戦記 第六 明治元年八月二日 (編著者:太政官、豊原資清 発行所:内外書籍 発行:昭和5年(1930年)6月27日) (2018年10月21日閲覧。)
  7. ^ 国立国会図書館デジタルコレクション『復古記 第14冊』4頁 復古外記 越後口戦記 第七 明治元年八月四日 (編著者:太政官、豊原資清 発行所:内外書籍 発行:昭和5年(1930年)8月10日) (2018年10月21日閲覧。)
  8. ^ 国立国会図書館デジタルコレクション『復古記 第14冊』23頁24頁 復古外記 越後口戦記 第七 明治元年八月七日 (編著者:太政官、豊原資清 発行所:内外書籍 発行:昭和5年(1930年)8月10日) (2018年10月21日閲覧。)


「北越戦争」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「北越戦争」の関連用語

北越戦争のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



北越戦争のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの北越戦争 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS