山縣有朋とは?

山縣有朋

山縣有朋
総理在職期間
[第1次]明22.12.24~明24. 5. 6499
[第2次]明31.11. 8~明33.10.19711日
在職通算日数1,210日
総理就任時年齢:51歳・60歳

山県有朋 やまがた ありとも

山県有朋の肖像 その1
天保9年4月22日大正11年2月1日 (1838~1922)

山口生まれ。陸軍軍人、政治家。父は萩藩士。松下村塾に学ぶ。奇兵隊軍監として活躍戊辰戦争従軍兵部小輔、兵部大輔陸軍大輔経て明治6年(1873)陸軍卿就任徴兵令制定推進軍制確立尽くす。11年(1878)参謀本部長。16年(1883)内務卿18年(1885)第1次伊藤内閣内相就任民権運動抑圧するとともに中央集権的な地方制度確立につとめる。22年(1889)第1次山県内閣組織第2次伊藤内閣司法相、陸相枢密院議長日清戦争時の第1軍司令官などを歴任31年(1898)第2次山県内閣組織日露戦争時は参謀総長として作戦指揮にあたる。元老として「山県閥」と呼ばれる官僚、軍人一大勢力形成し、政界への影響力行使した。

キーワード 陸軍軍人, 政治家, 首相
号・別称
著作等(近代デジタルライブラリー収載
  1. 策府. [1], [2] / 小川弘, 旗野十一郎編 ; 山県有朋, 谷干城漆山類治, 明17.2 <YDM51827>
  2. 近衛兵紀念碑 / 長三洲皓月堂, 明17.4 <YDM70903>
  3. わしの山集 / 山県有朋著 山県伊三郎, 明27.11 <YDM86889>
  4. 懐旧記事. [1], [2], [3] / 山県有朋(含)述 ; 秋月新太郎丸善, 明31.6 <YDM7447>

(注:この情報は、国立国会図書館ホームページ内の「近代日本人の肖像」の内容を転載しております掲載内容の複製については、国立国会図書館の許諾を得る必要があります。)

山県有朋

読み方やまがた ありとも

軍人政治家山口県生。名は小輔・狂介、維新後有朋と改名、号は素狂・含松下村塾門下生として尊攘思想学び、のちに戊辰戦争参加大村益次郎の後を継ぎ兵制を整え、西南戦争では征討参軍となる。伊藤博文と共に明治政府の最高指導者となり、内務卿枢密院議長総理大臣等を歴任する。大正11年(1922)歿、85才。

山縣有朋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/13 03:57 UTC 版)

山縣 有朋(やまがた ありとも、常用字体: 山県有朋、1838年6月14日天保9年閏4月22日〉- 1922年大正11年〉2月1日)は、日本武士長州藩士)、陸軍軍人政治家階級元帥陸軍大将位階勲等功級爵位従一位大勲位功一級公爵内務大臣(初代)、内閣総理大臣(第3・9代)、司法大臣第7代)、枢密院議長(第5・9・11代)、陸軍第一軍司令官貴族院議員、陸軍参謀総長(第5代)などを歴任した。




注釈

  1. ^ 大正11年に松蔭の生誕地に設置された記念碑の表面に、「吉田松陰先生誕生之地碑 門下生 山縣有朋」と揮毫している[14]
  2. ^ 山県は時山の死を後悔し、現場の苦戦している様子を和歌で詠み「あだ守る砦のかがり影ふけて 夏も身にしむ越の山風」と長歎したといわれる。また後年に時山の墓を詣で、記念碑を建てる話が上がると碑文を書き、日露戦争前にも時山の死を思い出している[39][40]
  3. ^ この書状は熊本城解放後の4月17日に既に作成されていて(起草は福地源一郎とされる)、6日後の23日に西郷へ送られたが、届いたかどうか分からなかった。城山の戦い直前で山県は改めてこの書状を西郷へ送っている[87]
  4. ^ 市町村会の有権者は満20歳以上(被選挙権は満25歳以上)の男子で、市町村に2年以上住んで地租か直接国税2円以上を納めた人が公民権を獲得、それにより選挙権も認めるという仕組みだった。府県会は市町村会や郡会で選挙された議員が入る複選制で、郡会も町村会員の複選制と互選された大地主で構成されていた[129][130]
  5. ^ 大隈は当時爆弾で襲撃されており、療養中であった
  6. ^ 藤村道生による、大本営の冬営論に従おうとしなかったために解任されたとの説(藤村道生 1986, p. 160-170、『日清戦争』1973年など)が従来から信じられてきた。しかし斎藤聖二が、当時としては老人とも言える年齢の山県が実際に病状を悪化させていたこと、大本営が既に冬季作戦論に転換していたことを実証して山県の召還は「健康への憂慮」と「戦略上の必要性」にあると指摘(『日清戦争の軍事戦略』2003年)しており、伊藤之雄も藤村の説には疑問を呈している(伊藤之雄 2009, p. 268-277)ほか原田敬一も「病気の軍司令官による冬季作戦はできない、という大本営の判断が山県解任の理由」とする斎藤の説を支持している(原田『日清戦争』2008年、p.187-p.192)。
  7. ^ 市町村の議員が、府県会・郡会の選挙権を持つ制度。
  8. ^ 勅任官のうち内閣書記官長と秘書官は例外とされている
  9. ^ 憲政党の最有力者であった星亨個人は政党員の就官には批判的であった(伊藤之雄 2009, p. 313)

出典

  1. ^ 伊藤之雄 2009, p. 32.
  2. ^ a b 伊藤之雄 2009, p. 20.
  3. ^ 伊藤之雄 2009, p. 72-73.
  4. ^ 藤村道生 1986, p. 1-4.
  5. ^ 伊藤之雄 2009, p. 11、20.
  6. ^ a b 伊藤之雄 2009, p. 22.
  7. ^ a b 伊藤之雄 2009, p. 21.
  8. ^ 伊藤之雄 2009, p. 21-22.
  9. ^ 伊藤之雄 2009, p. 25.
  10. ^ 藤村道生 1986, p. 6.
  11. ^ 伊藤之雄 2009, p. 25-26.
  12. ^ a b 伊藤之雄 2009, p. 26.
  13. ^ 伊藤之雄 2009, p. 25-27.
  14. ^ 吉田松陰先生誕生之地碑”. 萩市. 2019年2月9日閲覧。
  15. ^ a b 伊藤之雄 2009, p. 27.
  16. ^ 伊藤之雄 2009, p. 28.
  17. ^ 伊藤之雄 2009, p. 30.
  18. ^ 伊藤之雄 2009, p. 31.
  19. ^ 伊藤之雄 2009, p. 27-32.
  20. ^ 伊藤之雄 2009, p. 33.
  21. ^ 伊藤之雄 2009, p. 33-34.
  22. ^ 伊藤之雄 2009, p. 35.
  23. ^ 伊藤之雄 2009, p. 43.
  24. ^ 野口武彦 2006, p. 75-76,114-115.
  25. ^ 伊藤之雄 2009, p. 43-44.
  26. ^ 伊藤之雄 2009, p. 44.
  27. ^ a b 伊藤之雄 2009, p. 23.
  28. ^ 伊藤之雄 2009, p. 47.
  29. ^ a b 伊藤之雄 2009, p. 52.
  30. ^ 野口武彦 2006, p. 204.
  31. ^ 伊藤之雄 2009, p. 46-48,51-57.
  32. ^ 落合弘樹 2013, p. 66.
  33. ^ 伊藤之雄 2009, p. 57-61,68-69.
  34. ^ 伊藤之雄 2009, p. 58-59.
  35. ^ 伊藤之雄 2009, p. 60-61.
  36. ^ 伊藤之雄 2009, p. 61.
  37. ^ 伊藤之雄 2009, p. 61-64.
  38. ^ 平尾道雄 1978, p. 99,108-109.
  39. ^ 平尾道雄 1978, p. 113.
  40. ^ 伊藤之雄 2009, p. 66-67.
  41. ^ 平尾道雄 1978, p. 112-116,127-130.
  42. ^ 伊藤之雄 2009, p. 64-65.
  43. ^ a b 伊藤之雄 2009, p. 67.
  44. ^ 平尾道雄 1978, p. 124-126,130-136.
  45. ^ 伊藤之雄 2009, p. 65-68,70.
  46. ^ 秦郁彦 (2006). 統帥権と帝国陸海軍の時代. 平凡社. p. 104 
  47. ^ 伊藤之雄 2009, p. 70-71.
  48. ^ a b c 伊藤之雄 2009, p. 79.
  49. ^ 伊藤之雄 2009, p. 78-79.
  50. ^ 伊藤之雄 2009, p. 79-80、84.
  51. ^ 伊藤之雄 2009, p. 96.
  52. ^ 伊藤之雄 2009, p. 80.
  53. ^ 伊藤之雄 2009, p. 81.
  54. ^ 伊藤之雄 2009, p. 82-83.
  55. ^ 伊藤之雄 2009, p. 83.
  56. ^ 伊藤之雄 2009, p. 84.
  57. ^ a b 伊藤之雄 2009, p. 85.
  58. ^ 伊藤之雄 2009, p. 85-86.
  59. ^ 伊藤之雄 2009, p. 86.
  60. ^ 伊藤之雄 2009, p. 87.
  61. ^ 落合弘樹 2013, p. 87-90.
  62. ^ a b 伊藤之雄 2009, p. 97.
  63. ^ 伊藤之雄 2009, p. 98.
  64. ^ 伊藤之雄 2009, p. 99-100.
  65. ^ 伊藤之雄 2009, p. 100.
  66. ^ 伊藤之雄 2009, p. 101-102.
  67. ^ 伊藤之雄 2009, p. 102.
  68. ^ 伊藤之雄 2009, p. 105.
  69. ^ 伊藤之雄 2009, p. 108-109.
  70. ^ 伊藤之雄 2009, p. 109.
  71. ^ a b c 伊藤之雄 2009, p. 110-112.
  72. ^ 伊藤之雄 2009, p. 123.
  73. ^ 伊藤之雄 2009, p. 125.
  74. ^ 伊藤之雄 2009, p. 1274-132.
  75. ^ 伊藤之雄 2009, p. 127-136.
  76. ^ 伊藤之雄 2009, p. 139.
  77. ^ 竹内正浩 (2010-9-10). 鉄道と日本軍. 筑摩書房. pp. 38. ISBN 978-4480065698 
  78. ^ 小川原正道 2007, p. 65,67-70,110-111.
  79. ^ 伊藤之雄 2009, p. 135-140,145-146.
  80. ^ 落合弘樹 2013, p. 153-154,175-176.
  81. ^ 小川原正道 2007, p. 112-114,119,131,137.
  82. ^ 伊藤之雄 2009, p. 146-155.
  83. ^ 落合弘樹 2013, p. 182,190-191,206.
  84. ^ 小川原正道 2007, p. 145-147,159,172-179.
  85. ^ 伊藤之雄 2009, p. 155,157-161.
  86. ^ 落合弘樹 2013, p. 206-210,228-229,234-235,239-242.
  87. ^ 小川原正道 2007, p. 138-140.
  88. ^ 小川原正道 2007, p. 183-187.
  89. ^ 伊藤之雄 2009, p. 161-164.
  90. ^ 落合弘樹 2013, p. 247,250.
  91. ^ 伊藤之雄 2009, p. 165.
  92. ^ 小川原正道 2007, p. 188-190.
  93. ^ 伊藤之雄 2009, p. 166-167.
  94. ^ 落合弘樹 2013, p. 252-254.
  95. ^ 伊藤之雄 2009, p. 171.
  96. ^ 伊藤之雄 2009, p. 172-173.
  97. ^ 伊藤之雄 2009, p. 172.
  98. ^ 伊藤之雄 2009, p. 173.
  99. ^ 伊藤之雄 2009, p. 180.
  100. ^ 伊藤之雄 2009, p. 180-181.
  101. ^ 伊藤之雄 2009, p. 181.
  102. ^ a b 加藤陽子2002, p. 68.
  103. ^ a b 伊藤之雄 2009, p. 182.
  104. ^ 伊藤之雄 2009, p. 185-187.
  105. ^ 別冊歴史読本 2009, p. 36-37.
  106. ^ 伊藤之雄 2009, p. 181-183,188-189.
  107. ^ 北岡伸一 2012, p. 9-10.
  108. ^ 伊藤之雄 2009, p. 189-190.
  109. ^ 伊藤之雄 2009, p. 190.
  110. ^ 伊藤之雄 2009, p. 189-196.
  111. ^ 伊藤之雄 2009, p. 196.
  112. ^ 伊藤之雄 2009, p. 210-211.
  113. ^ 伊藤之雄 2009, p. 205-212.
  114. ^ 別冊歴史読本 2009, p. 37-38.
  115. ^ 伊藤之雄 2009, p. 200-212.
  116. ^ 北岡伸一 2012, p. 48-50.
  117. ^ 伊藤之雄 2009, p. 212-213.
  118. ^ 伊藤之雄 2009, p. 218.
  119. ^ 伊藤之雄 2009, p. 218-219.
  120. ^ 伊藤之雄 2009, p. 220.
  121. ^ 別冊歴史読本 2009, p. 38-40.
  122. ^ 伊藤之雄 2009, p. 212-220.
  123. ^ 北岡伸一 2012, p. 50-52.
  124. ^ 別冊歴史読本 2009, p. 40-41.
  125. ^ 北岡伸一 2012, p. 12-13,24-29.
  126. ^ 鈴木博之 2013, p. 18,49-55.
  127. ^ 伊藤之雄 2009, p. 226-228,309.
  128. ^ 松元崇 2011, p. 94-102.
  129. ^ 伊藤之雄 2009, p. 229.
  130. ^ 松元崇 2011, p. 114-116.
  131. ^ 伊藤之雄 2009, p. 228-230.
  132. ^ 松元崇 2011, p. 114-117.
  133. ^ 松元崇 2011, p. 114-119,126-128.
  134. ^ 松元崇 2011, p. 103-113,133-140.
  135. ^ 瀧井一博『文明史のなかの明治憲法』講談社メチエ、2003年,157-180頁
  136. ^ 伊藤之雄 2009, p. 232.
  137. ^ 伊藤之雄 2009, p. 234.
  138. ^ 伊藤之雄 2009, p. 230-234.
  139. ^ 松元崇 2011, p. 123-125.
  140. ^ 加藤陽子2002, p. 92-94.
  141. ^ 原田敬一 2007, p. 27.
  142. ^ 伊藤之雄 2009, p. 238-239.
  143. ^ 伊藤之雄 2009, p. 242.
  144. ^ 伊藤之雄 2009, p. 243.
  145. ^ a b 伊藤之雄 2009, p. 244.
  146. ^ 伊藤之雄 2009, p. 248.
  147. ^ 官報號外 『衆議院第一回通常會議事速記録第四號』 (PDF)”. 内閣官報局 (1890年12月7日). 2018年1月22日閲覧。
  148. ^ 佐々木隆 2002, p. 53-62.
  149. ^ 内藤一成 2008, p. 49-51.
  150. ^ 伊藤之雄 2009, p. 242-244,248-250,254.
  151. ^ 伊藤之雄 2009, p. 257-258.
  152. ^ 伊藤之雄 2009, p. 258.
  153. ^ 佐々木隆 2002, p. 63-70.
  154. ^ 内藤一成 2008, p. 51-56.
  155. ^ 伊藤之雄 2009, p. 259.
  156. ^ 伊藤之雄 2009, p. 259-262.
  157. ^ 伊藤之雄 2009, p. 262-263.
  158. ^ 伊藤之雄 2009, p. 264-265.
  159. ^ 伊藤之雄 2009, p. 264-266.
  160. ^ 佐々木隆 2002, p. 38-39,94-95,97-100,108.
  161. ^ 伊藤之雄 2009, p. 267.
  162. ^ 伊藤之雄 2009, p. 269.
  163. ^ 伊藤之雄 2009, p. 272-273.
  164. ^ 伊藤之雄 2009, p. 273.
  165. ^ 伊藤之雄 2009, p. 274.
  166. ^ 伊藤之雄 2009, p. 279.
  167. ^ 伊藤之雄 2009, p. 280.
  168. ^ 伊藤之雄 2009, p. 283.
  169. ^ 伊藤之雄 2009, p. 284.
  170. ^ 伊藤之雄 2009, p. 285-286.
  171. ^ 伊藤之雄 2009, p. 299.
  172. ^ 佐々木隆 2002, p. 166-168.
  173. ^ a b 伊藤之雄 2009, p. 300.
  174. ^ 伊藤之雄 2009, p. 301.
  175. ^ 伊藤之雄 2009, p. 303.
  176. ^ 伊藤之雄 2009, p. 302-303.
  177. ^ a b 伊藤之雄 2009, p. 306.
  178. ^ a b c d e 伊藤之雄 2009, p. 305.
  179. ^ 佐々木隆 2002, p. 196,201-202.
  180. ^ 内藤一成 2008, p. 80,84-85.
  181. ^ 内藤一成 2008, p. 32-34,61-62,69-73,80-89.
  182. ^ a b 伊藤之雄 2009, p. 407-408.
  183. ^ a b 伊藤之雄 2009, p. 304.
  184. ^ 伊藤之雄 2009, p. 303-305.
  185. ^ a b 佐々木隆 2002, p. 202-204.
  186. ^ 伊藤之雄 2009, p. 306-307.
  187. ^ 伊藤之雄 2009, p. 308-309.
  188. ^ a b 伊藤之雄 2009, p. 309.
  189. ^ 松元崇 2011, p. 117,138.
  190. ^ a b 伊藤之雄 2009, p. 310-311.
  191. ^ 伊藤之雄 2009, p. 311.
  192. ^ 佐々木隆 2002, p. 204-205.
  193. ^ 伊藤之雄 2009, p. 310-313.
  194. ^ 伊藤之雄 2009, p. 314-315.
  195. ^ a b 伊藤之雄 2009, p. 316.
  196. ^ 佐々木隆 2002, p. 212-215,240-242.
  197. ^ 伊藤之雄 2009, p. 314-318.
  198. ^ a b 伊藤之雄 2009, p. 318-319.
  199. ^ a b 伊藤之雄 2009, p. 321.
  200. ^ 佐々木隆 2002, p. 217-218.
  201. ^ 伊藤之雄 2009, p. 318-322.
  202. ^ a b 伊藤之雄 2009, p. 324.
  203. ^ 伊藤之雄 2009, p. 324-325.
  204. ^ 伊藤之雄 2009, p. 325.
  205. ^ 伊藤之雄 2009, p. 326.
  206. ^ 佐々木隆 2002, p. 218-229,243-244.
  207. ^ 伊藤之雄 2009, p. 324-326.
  208. ^ 伊藤之雄 2009, p. 327-329.
  209. ^ 伊藤之雄 2009, p. 328-329.
  210. ^ 佐々木隆 2002, p. 245-253.
  211. ^ 内藤一成 2008, p. 92-95.
  212. ^ 伊藤之雄 2009, p. 330.
  213. ^ 伊藤之雄 2009, p. 330-332.
  214. ^ 伊藤之雄 2009, p. 333-334.
  215. ^ 佐々木隆 2002, p. 281-284.
  216. ^ 伊藤之雄 2009, p. 333-336.
  217. ^ 伊藤之雄 2009, p. 340-341.
  218. ^ 伊藤之雄 2009, p. 342.
  219. ^ 伊藤之雄 2009, p. 345-346.
  220. ^ a b 伊藤之雄 2009, p. 346.
  221. ^ 伊藤之雄 2009, p. 346-347.
  222. ^ 伊藤之雄 2009, p. 347.
  223. ^ 伊藤之雄 2009, p. 347-348.
  224. ^ 伊藤之雄 2009, p. 343.
  225. ^ 伊藤之雄 2009, p. 348-349.
  226. ^ 伊藤之雄 2009, p. 352.
  227. ^ 伊藤之雄 2009, p. 350.
  228. ^ a b 伊藤之雄 2009, p. 354.
  229. ^ a b 伊藤之雄 2009, p. 351.
  230. ^ 岩波新書編集部編『日本の近現代史をどう見るか』2010年2月 67頁 (第3章 日清・日露戦争は日本の何を変えたのか 原田敬一) 岩波新書
  231. ^ 伊藤之雄 2009, p. 354-355.
  232. ^ 伊藤之雄 2009, p. 356-359.
  233. ^ 伊藤之雄 2009, p. 364.
  234. ^ a b 伊藤之雄 2009, p. 359.
  235. ^ 伊藤之雄 2009, p. 360.
  236. ^ a b 伊藤之雄 2009, p. 361.
  237. ^ 伊藤之雄 2009, p. 363.
  238. ^ 伊藤之雄 2009, p. 366.
  239. ^ a b c 伊藤之雄 2009, p. 368.
  240. ^ 伊藤之雄 2009, p. 360、365.
  241. ^ 伊藤之雄 2009, p. 371.
  242. ^ 伊藤之雄 2009, p. 372-373.
  243. ^ 伊藤之雄 2009, p. 373.
  244. ^ a b 伊藤之雄 2009, p. 375.
  245. ^ 伊藤之雄 2009, p. 377-378.
  246. ^ 伊藤之雄 2009, p. 378-379.
  247. ^ 伊藤之雄 2009, p. 378-380.
  248. ^ 伊藤之雄 2009, p. 380-382.
  249. ^ 伊藤之雄 2009, p. 384-386.
  250. ^ 伊藤之雄 2009, p. 389.
  251. ^ 伊藤之雄 2009, p. 395-396.
  252. ^ a b 伊藤之雄 2009, p. 397.
  253. ^ 伊藤之雄 2009, p. 498.
  254. ^ 伊藤之雄 2009, p. 399.
  255. ^ マクミラン 2007b, p. 52、57、60.
  256. ^ a b c 庄司潤一郎 (2003年). “戦史研究年報 第6号”. www.nids.mod.go.jp. 第1次世界大戦の日本への衝撃. 防衛省防衛研究所. 2020年5月23日閲覧。
  257. ^ 伊藤之雄 2009, p. 401-402.
  258. ^ 伊藤之雄 2009, p. 409.
  259. ^ 伊藤之雄 2009, p. 403-404.
  260. ^ 伊藤之雄 2009, p. 405-406.
  261. ^ 伊藤之雄 2009, p. 412-413.
  262. ^ 伊藤之雄 2009, p. 414.
  263. ^ a b c 伊藤之雄 2009, p. 416.
  264. ^ a b c d e 小林吉弥 (2019年6月6日). “歴代総理の胆力「山県有朋」(4)「元祖・健康オタク」の塩風呂”. アサ芸プラス. 2020年2月21日閲覧。
  265. ^ a b 伊藤之雄 2009, p. 428.
  266. ^ a b 鳥海靖, ed (2009). 歴代内閣・首相事典. 吉川弘文館. pp. 24-27 
  267. ^ a b 伊藤之雄 2009, p. 434.
  268. ^ a b 伊藤之雄 2009, p. 437.
  269. ^ 伊藤之雄 2009, p. 438-439.
  270. ^ 伊藤之雄 2009, p. 440.
  271. ^ 伊藤之雄 2009, p. 440-441.
  272. ^ 伊藤之雄 2009, p. 441.
  273. ^ a b 伊藤之雄 2009, p. 442-443.
  274. ^ a b 伊藤之雄 2009, p. 446.
  275. ^ 伊藤之雄 2009, p. 443.
  276. ^ 伊藤之雄 2009, p. 445.
  277. ^ a b 伊藤之雄 2009, p. 450.
  278. ^ 伊藤之雄 2009, p. 450-451.
  279. ^ a b c 伊藤之雄 2009, p. 452.
  280. ^ 神戸大学経済経営研究所 新聞記事文庫 人物伝記”. 神戸大学. 2019年2月10日閲覧。
  281. ^ a b 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』(吉川弘文館、2010年)329頁
  282. ^ a b 伊藤之雄 2009, p. 456.
  283. ^ a b 真面目で几帳面、だから嫌われた〜『山県有朋──愚直な権力者の生涯』 伊藤 之雄著(評者:尹 雄大)”. 日経BP (2009年4月20日). 2016年10月5日閲覧。
  284. ^ 「棺は~」からの節の出典は大阪朝日新聞(1922年2月10日)『柩車は粛々と行く』。
  285. ^ a b c 水木楊 2003, p. 45.
  286. ^ 朝比奈知泉『老記者の思ひ出』、中央公論社, 1938
  287. ^ 実録首相列伝 2003, p. 53三好徹「山県有朋」
  288. ^ 伊藤之雄 2009, p. 463.
  289. ^ a b 伊藤之雄 2009, p. 432.
  290. ^ 伊藤之雄 2009, p. 407.
  291. ^ a b c d e f g 鈴木誠; 粟野隆・井之川若奈. “山縣有朋の庭園観と椿山荘 (PDF)”. NII学術情報ナビゲータ. 国立情報学研究所. 2019年2月9日閲覧。
  292. ^ 藤村道生 1986, p. 233-235.
  293. ^ a b 藤森・増田 2002, p. 102.
  294. ^ 進士五十八 2005, p. 48-51.
  295. ^ a b 『四十五年記者生活 松井広吉 著』
  296. ^ 山県有朋(やまがたありとも)”. 京都通(京都観光・京都検定)百科事典. 2015年3月8日閲覧。
  297. ^ 伊藤之雄 2009, p. 291-293.
  298. ^ 伊藤之雄 2009, p. 221.
  299. ^ a b 伊藤之雄 2009, p. 221-222.
  300. ^ 伊藤之雄 2009, p. 222.
  301. ^ かの偉人たちに学ぶ「歴史的健康術」(5)<幕末~明治の英傑>山県有朋「海水風呂」”. アサ芸プラス (2018年11月15日). 2020年2月21日閲覧。
  302. ^ 『七十七年の回顧』
  303. ^ 藤村道生 1986, p. 235.
  304. ^ 戸田貞三『学究生活の思い出』168-169頁参照
  305. ^ 山県有朋と近代日本 2008, p. 127-160佐々木隆「内務省時代の白根専一 「山県系」形成の起点」
  306. ^ a b 小林吉弥 (2019年5月30日). “歴代総理の胆力「山縣有朋」(2)絶対権力者は「元祖・闇将軍」”. アサ芸プラス. 2020年2月21日閲覧。
  307. ^ 伊藤之雄 2009, p. 323.
  308. ^ 伊藤之雄 2009, p. 24.
  309. ^ 伊藤之雄 2009, p. 282.
  310. ^ 伊藤之雄 2009, p. 369.
  311. ^ a b c 伊藤之雄 2009, p. 322-323.
  312. ^ 伊藤之雄 2009, p. 322-327.
  313. ^ 水木楊 2003, p. 46.
  314. ^ a b c 伊藤之雄 2009, p. 447.
  315. ^ 伊藤之雄 2009, p. 452-454.
  316. ^ 伊藤之雄 2009, p. 14.
  317. ^ 別冊歴史読本 2009, p. 41.
  318. ^ 伊藤之雄 2009, p. 357-358.
  319. ^ 北岡伸一 2012, p. 13-14.
  320. ^ 藤村道生 1986, p. 7-10.
  321. ^ 伊藤之雄 2009, p. 15.
  322. ^ 「海舟全集 第十巻」
  323. ^ 尾崎行雄『近代快傑録』(千倉書房、1934年/中公クラシックス、2014年)p.55
  324. ^ 尾崎行雄『内治外交』
  325. ^ a b 尾崎行雄『咢堂放談』
  326. ^ 『観樹将軍縦横談』
  327. ^ 『観樹将軍豪快録』
  328. ^ 『維新回顧巨人伝』
  329. ^ 高橋紘『象徴天皇』2-3頁
  330. ^ 山県有朋と近代日本 2008, p. 1-3伊藤隆「近代日本における山県有朋の位置付け-序にかえて-」
  331. ^ 伊藤之雄 2009, p. 462-463.
  332. ^ a b 山県有朋と近代日本 2008, p. 311-328有馬学「山県有朋の語られ方-〈近代日本の政治〉をめぐるメタヒストリー-」
  333. ^ 伊藤之雄 2009, p. 465-466.
  334. ^ 伊藤之雄 2009, p. 470-472.
  335. ^ 山県有朋と近代日本 2008, p. 7.
  336. ^ 山県有朋と近代日本 2008, p. 1-16伊藤隆「近代日本における山県有朋の位置付け-序にかえて-」
  337. ^ 伊藤之雄 2009, p. 461-462.
  338. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai 国立文書館・枢00179100・山県有朋
  339. ^ 『官報』第993号「叙任及辞令」1886年10月20日。
  340. ^ 『官報』第3746号「叙任及辞令」1895年12月21日。
  341. ^ 枢密院議長元師陸軍大将公爵山県有朋特旨叙位ノ件、大正11年2月1日、ref:A11112998500、叙00698100(国立公文書館)。(公文書館の登録が間違って「元師」となっている。)
  342. ^ 大正11年2月3日付『官報』
  343. ^ 『官報』第307号「叙任及辞令」1884年7月8日。
  344. ^ 『官報』第2342号「彙報」1891年4月24日。
  345. ^ 『官報』第3631号「授爵・叙任及辞令」1895年8月6日。
  346. ^ 『官報』第3824号・付録「辞令」1896年4月1日。
  347. ^ 『官報』第5673号「授爵・叙任及辞令」1902年6月4日。
  348. ^ 『官報』第6085号・付録「辞令」1903年10月12日。
  349. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1907年1月28日。
  350. ^ 『官報』第7272号「授爵敍任及辞令」1907年9月23日。
  351. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  352. ^ 『官報』第1187号「叙任及辞令」1916年7月15日。
  353. ^ 『官報』第2431号「授爵・叙任及辞令」1920年9月8日。
  354. ^ 御署名原本・大正十一年・勅令第十八号・故議定官枢密院議長元帥陸軍大将従一位大勲位功一級公爵山県有朋国葬ノ件、ref:A03021368600(国立公文書館)。
  355. ^ 『官報』号外「勅令」1922年2月3日。
  356. ^ 『官報』第2853号「故山県枢密院議長葬儀」1922年2月7日。
  357. ^ 『官報』第1047号「叙任及辞令」1886年12月24日。
  358. ^ 『官報』第1250号「叙任及辞令」1887年8月27日。
  359. ^ 『官報』1889年11月1日 敍任及辭令
  360. ^ 『官報』第2222号「叙任及辞令」1890年11月24日。
  361. ^ 『官報』第4005号「叙任及辞令」1896年11月2日。
  362. ^ 『官報』第4157号「叙任及辞令」1897年5月14日。
  363. ^ 『官報』第4785号「叙任及辞令」1899年6月15日。
  364. ^ 『官報』第6828号「叙任及辞令」1906年4月7日。
  365. ^ 『官報』第7415号「叙任及辞令」1908年3月18日。
  366. ^ 『官報』第1035号「叙任及辞令」1916年1月17日。
  367. ^ 『官報』第1777号「叙任及辞令」1918年7月5日。
  368. ^ 椿山荘の女王・吉田貞子 ]『現代之人物観無遠慮に申上候』河瀬蘇北、二松堂書店、1917年
  369. ^ 『明治美人伝』 長谷川時雨
  370. ^ 伊藤之雄 2009, p. 288-290.
  371. ^ 明治人物ファイル 山県友子 えんじゅ2号-1999.6.15
  372. ^ 伊藤之雄 2009, p. 286-287.
  373. ^ a b c d e f g h i 山県有朋とその館 佐藤信、『日本研究』第51集、『日本研究』編集委員会、国際日本文化研究センター, 2015.3.31
  374. ^ 藤田観光 知られざる 60年”. www.fujita-kanko.co.jp. 藤田観光株式会社. 2019年2月9日閲覧。
  375. ^ 『伊佐野農場図稿』256-259ページ
  376. ^ http://www.general- yamagata-foundation.or.jp/noujyou.htm
  377. ^ 藤村道生 1986, p. 233.
  378. ^ 湘南新聞 2006年(平成18年)1月14日(土)《1596号》
  379. ^ 伊藤之雄 2009, p. 291.
  380. ^ 名勝 無鄰菴とは│京都市が所有する明治・大正の元老 山県有朋の別荘 名勝 無鄰菴”. www2.city.kyoto.lg.jp. 京都市. 2019年2月9日閲覧。
  381. ^ 古稀庵”. 小田原の観光. 小田原市 (2012年3月13日). 2015年3月8日閲覧。
  382. ^ 有朋と庭園”. 山県有朋記念館. 2015年3月8日閲覧。
  383. ^ 山縣有朋記念館(旧・山縣有朋別邸)”. 県指定建造物. 栃木県総合教育センター (2004年6月9日). 2015年3月8日閲覧。





固有名詞の分類

第二次世界大戦前の日本の政治家 芳澤謙吉  原敬  山縣有朋  小川郷太郎  星一
貴族院侯爵議員 大久保利武  小松輝久  山縣有朋  野津道貫  前田利為
日本の内閣総理大臣 池田勇人  原敬  山縣有朋  阿部信行  大平正芳
貴族院公爵議員 島津忠済  島津忠承  山縣有朋  二条基弘  近衛文麿
日本の陸軍軍人 南部麒次郎  小松慶也  山縣有朋  山本舜勝  七田一郎
日本の神 (人物神) 倭姫命  徳川斉昭  山縣有朋  楠木正成  井上内親王
茶人 原富太郎  大林宗套  山縣有朋  千宗拙  長谷川宗仁
日本の伯爵 藤堂高紹  葛城茂麿  山縣有朋  藤堂高潔  寺島宗則
日本国歴代内閣 第2次山縣内閣  廣田内閣  山縣有朋  阿部信行  黒田内閣

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「山縣有朋」の関連用語

山縣有朋のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



山縣有朋のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
国立公文書館 アジア歴史資料センター国立公文書館 アジア歴史資料センター
All rights reserved/Copyright(c) Japan Center for Asian Historical Records
首相官邸首相官邸
Copyright (C) 2020 首相官邸 All rights reserved.
内閣制度と歴代内閣
国立国会図書館国立国会図書館
Copyright (C) 2020 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2020 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの山縣有朋 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS