陸相とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > 陸相の意味・解説 

陸軍大臣

(陸相 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/23 03:27 UTC 版)

陸軍大臣(りくぐんだいじん)は、陸軍省を担当した日本国務大臣陸軍三長官の一つ。親任官であるため、中将の就任者であっても大将に対し行政命令を発することが出来た[1]


  1. ^ 奥宮正武『大艦巨砲主義の盛衰』〈新戦史シリーズ47〉、朝日ソノラマ、1992年、318頁。
  2. ^ JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C13070963800、歴代職員表(陸軍大臣・次官・総長等) 明治2年~昭和16年(防衛省防衛研究所)
  3. ^ 1889年2月16日から1889年3月22日まで。
  4. ^ 1897年9月2日まで
  5. ^ 1908年8月27日まで
  6. ^ 1942年9月1日から1942年9月17日兼任。
  7. ^ 1942年2月17日まで兼任。
  8. ^ 1943年4月20日から1943年4月23日兼任。
  9. ^ 1943年10月8日から1943年11月1日兼任。
  10. ^ 1943年11月1日から兼任。


「陸軍大臣」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「陸相」の関連用語

陸相のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



陸相のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの陸軍大臣 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS