森本敏とは?

森本敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/09 16:13 UTC 版)

森本 敏(もりもと さとし、1941年(昭和16年)3月15日 - )は、日本国際政治学者航空自衛官外交官拓殖大学第19代総長[1](2016年3月-)、特任教授、「新しい日本をつくる国民会議」(21世紀臨調)運営委員、防衛法学会顧問。元防衛大臣第11代)。東京都出身。




  1. ^ 学校法人拓殖大学 新総長の選任について
  2. ^ 評議員、役員等”. 日本国際フォーラム. 2014年2月25日閲覧。
  3. ^ 研究員”. 日本国際フォーラム. 2014年2月25日閲覧。
  4. ^ 1952年10月に第4次吉田内閣で保安庁長官に就任し、翌1953年第3回参議院議員通常選挙で初当選。
  5. ^ 朝日弘行、念佛明奈、吉永康朗 (2012年6月4日). “内閣改造:防衛相に森本氏 長官時代含めて初めて民間人”. 毎日jp (毎日新聞社). オリジナル2012年6月4日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2012-0604-1519-01/mainichi.jp/select/news/20120604k0000e010175000c.html 2012年6月6日閲覧。 
  6. ^ “新防衛相、「政治家より期待」の一方で不安も…”. 読売新聞. (2012年6月4日). オリジナル2012年6月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120609004211/http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120604-OYT1T00622.htm 2012年6月6日閲覧。 
  7. ^ 佐藤敬一、福永方人 (2012年6月4日). “内閣改造:森本氏の防衛相起用 沖縄は期待と不安”. 毎日jp (毎日新聞社). オリジナル2012年6月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120606225638/http://mainichi.jp/select/news/20120604k0000e010188000c.html 2012年6月6日閲覧。 
  8. ^ “森本氏起用、「文民統制」批判に論拠薄く”. 産経新聞. (2012年6月5日). オリジナル2013年11月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131114065306/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120606/plc12060600580002-n1.htm 2012年6月6日閲覧。 
  9. ^ “森本防衛相始動、首相全面支援 有識者懇発足”. 産経新聞. (2012年6月6日). オリジナル2012年6月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120605203553/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120606/plc12060600550001-n1.htm 2012年6月6日閲覧。 
  10. ^ 防衛省発令(政策参与人事)
  11. ^ 学校法人拓殖大学 新総長の選任について
  12. ^ 防衛省発令(政策参与人事)
  13. ^ 防衛省発令(政策参与人事)
  14. ^ TPP 日米同盟堅持なら「NO」の選択肢ないはずと拓大森本敏氏」、『SAPIO』2011年12月7日号、NEWSポストセブン2011年11月18日2013年2月10日閲覧。
  15. ^ 防衛省・自衛隊 大臣会見概要、平成24年12月25日


「森本敏」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「森本敏」の関連用語

森本敏のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



森本敏のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの森本敏 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS