稲田朋美とは?

稲田朋美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/07 06:12 UTC 版)

稲田 朋美(いなだ ともみ、1959年昭和34年)2月20日 – )は、日本政治家弁護士旧姓椿原自由民主党所属の衆議院議員(5期)、自民党総裁特別補佐・筆頭副幹事長。実父は政治運動家の椿原泰夫




注釈

  1. ^ 憲法第15条2項は「すべて公務員は、全体の奉仕者であって、一部の奉仕者ではない」と規定。公職選挙法136条2に「公務員の地位を利用した選挙運動の禁止」が明記され、自衛隊法61条に自衛隊員の「選挙権の行使を除く政治的行為」の制限が明記されている。

脚注

  1. ^ 稲田氏、辞任を否定 選挙公報肩書巡り衆院予算委で追及 朝日新聞2017年3月15日
  2. ^ a b 「政治には興味がなかったけど、南京事件の裁判に携わるようになって…」『網タイツの女王』ファッションにもワケがあります(3/9) 産経新聞2015年12月19日
  3. ^ “福井1区に女性弁護士 自民、松宮氏の対抗馬”. 共同通信社. 47NEWS. (2005年8月18日). オリジナルの2013年4月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130430134021/http://www.47news.jp/CN/200508/CN2005081801001520.html 2017年1月6日閲覧。 
  4. ^ “「祖国再生のため頑張る」 福井1区で出馬の稲田氏”. 共同通信社. 47NEWS. (2005年8月21日). http://www.47news.jp/CN/200508/CN2005082101007732.html 2013年3月15日閲覧。 
  5. ^ “総選挙2005 小選挙区 福井:開票結果”. 読売新聞. http://www.yomiuri.co.jp/election2005/kaihyou/ya18.htm 2016年8月21日閲覧。 
  6. ^ 松本純の国会奮戦記[1]
  7. ^ “総裁選1候補の推薦人名簿”. TOKYO Web (東京新聞). (2008年9月10日). http://www.tokyo-np.co.jp/hold/2008/ntok0066/list/CK2008091002000314.html 2015年11月4日閲覧。 
  8. ^ 福井県選挙管理委員会 (2009年8月30日). “第45回衆議院議員総選挙 開票速報”. 2016年8月21日閲覧。
  9. ^ 自民党 シャドウ・キャビネット (PDF)”. 自民党. 2016年8月4日閲覧。
  10. ^ a b “2012衆院選 福井1区 稲田朋美”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A18001004004 2012年12月28日閲覧。 
  11. ^ a b c d e 「人事異動」『官報』号外特35号、国立印刷局2012年12月26日、1面。
  12. ^ 「内閣人事局の発足について」首相官邸平成26年5月27日(火)午前
  13. ^ “2014衆院選 福井1区 稲田朋美”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/47shu/meikan.html?mid=A18001002002&st=tk 2016年8月21日閲覧。 
  14. ^ 第3次安倍第2次改造内閣 閣僚等名簿”. 首相官邸. 2016年8月4日閲覧。
  15. ^ a b “稲田防衛相 辞任の意向固める”. NHK NEWS WEB (日本放送協会). (2017年7月27日). オリジナルの2017年7月27日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/Blx4u 2017年7月28日閲覧。 
  16. ^ “自民の稲田氏、「女性議員飛躍の会」設立”. 毎日jp (毎日新聞社). (2019年3月15日). https://mainichi.jp/articles/20190315/k00/00m/010/241000c 2019年3月16日閲覧。 
  17. ^ 稲田朋美防衛相、ジブチの自衛隊を激励 海賊対処「今後も不可欠」 - 産経ニュース - 2016年8月15日
  18. ^ 稲田防衛相、靖国参拝を見送りへ 終戦記念日:朝日新聞デジタル - 2016年8月12日
  19. ^ 稲田防衛大臣視察... - 国連南スーダン共和国ミッション(UNMISS) 日本派遣施設隊 | Facebook - 2016年10月15日
  20. ^ “稲田防衛相が靖国神社参拝、就任後初「未来志向に立ち」”. 朝日新聞. (2016年12月29日). http://www.asahi.com/articles/ASJDY2GLJJDYUTFK002.html 2017年1月8日閲覧。 
  21. ^ 「陸自が情報リーク」の見方 「これではクーデターだ!」 日報問題で文民統制に深刻な懸念 産経新聞 2017年7月21日
  22. ^ 2017年7月29日中日新聞朝刊3面
  23. ^ 2017年7月29日中日新聞朝刊25面
  24. ^ 2017年8月11日中日新聞朝刊3面
  25. ^ 2017年7月29日中日新聞朝刊1面
  26. ^ 2017年8月11日中日新聞朝刊11面
  27. ^ タブー中のタブー”稲田発言の問題点とは
  28. ^ 稲田朋美防衛相が「自衛隊としてお願い」撤回、陳謝も辞任否定
  29. ^ 「消費増税延期なら衆院解散」のドタバタ  これも自民党の「伝統芸能」?”. ジェイ・キャスト (2016年5月30日). 2018年3月1日閲覧。
  30. ^ 稲田政調会長VS甘利経済再生担当相が火花 財政再建提言めぐり”. 産経新聞 (2015年6月16日). 2018年3月1日閲覧。
  31. ^ 甘利氏「論理矛盾」×稲田氏「雨乞い」 財政再建で対立”. 朝日新聞 (2015年6月13日). 2018年3月1日閲覧。
  32. ^ 20年度にPB黒字化しないと、金利急騰で破産も=自民政調会長”. ロイター (2015年6月17日). 2018年3月1日閲覧。
  33. ^ 【正論】「首相の靖国参拝は安全保障問題/本質見極め矮小化した議論排せ」『産経新聞』2006年6月3日付朝刊
  34. ^ 東京裁判「法律的に問題」 稲田政調会長が異議 -ANN NEWS、2015年2月27日
  35. ^ “【新閣僚に聞く(詳報)】稲田朋美防衛相詳報(4) 南京事件「百人斬りはなかったと思っています」「30万人、40万人という数がどうであったかは重要」(3/5ページ)”. 産経ニュース (産経新聞). (2016年8月5日). http://www.sankei.com/politics/news/160805/plt1608050013-n3.html 2016年8月21日閲覧。 
  36. ^ a b c d e “国の名誉守りたい 稲田衆院議員 「百人斬り裁判」を本に”. 福井新聞 (47NEWS). (2007年5月17日). オリジナルの2013年8月9日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/TuJCP 2013年8月9日閲覧。 
  37. ^ 自民党新人大討論(1)「小泉総理は国家の代表として靖国に行くべし」『WiLL』2006年9月号
  38. ^ 中国新聞2016年8月13日朝刊2面
  39. ^ a b 2008年4月9日産経新聞
  40. ^ 産経新聞 2008年3月12日
  41. ^ 靖国映画「事前試写を」 自民議員が要求、全議員対象にasahi.com 2008年03月09日
  42. ^ 監督協会「強く抗議」 映画「靖国」めぐり議員に共同通信 2008年3月31日
  43. ^ 映画「靖国」、監督ら抗議の会見 「まず上映し議論を」asahi.com 2008年04月10日
  44. ^ 映画「靖国」への政治圧力に抗議する日本ジャーナリスト会議 声明・アピール 2008年4月7日
  45. ^ 『靖国 YASUKUNI』上映中止に至る経緯(配給側の発表)シネマトゥデイ
  46. ^ ワック・マガジンズ 歴史事実委員会
  47. ^ “慰安婦巡る橋下氏発言、閣僚から批判相次ぐ”. 日本経済新聞. (2013年5月14日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1400E_U3A510C1EB1000/ 2017年8月3日閲覧。 
  48. ^ “稲田行革相、慰安婦「戦時中は合法」”. 日本経済新聞. (2013年5月24日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS24012_U3A520C1EB1000/ 2017年8月3日閲覧。 
  49. ^ 青少年健全育成のため児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律の早期改正を求めることに関する請願”. 衆議院. 2013年1月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月28日閲覧。
  50. ^ 読売新聞』2006年1月16日朝刊
  51. ^ 毎日新聞』2007年1月8日朝刊
  52. ^ ワック『渡部昇一、「女子会」に挑む!』、2011年
  53. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  54. ^ 稲田朋美議員 待機児童問題、夫婦別姓、徴兵制への思いNEWSポストセブン2016.05.13
  55. ^ NewsBAR橋下 ゲスト:稲田朋美(衆議院議員・元防衛大臣)、2018年11月29日。
  56. ^ 稲田・山尾対談「女性だから」という観点で書かれモヤモヤNEWS ポストセブン 6月16日
  57. ^ 安倍政権は「リベラル」なのか 与野党政調会長らに聞く2016年6月10日
  58. ^ LGBT:すべての人にチャンスが与えられる社会を2015年12月11日
  59. ^ 稲田朋美政務調査会長 記者会見自民党平成27年3月12日
  60. ^ 「LGBT施策は人権の問題、イデオロギーや歴史観とは関係ない」稲田朋美氏が理解を訴えAbemaTimes2018/12/1(土) 10:00配信
  61. ^ a b c d e 母乳強制、DV擁護、中絶禁止...安倍内閣・女性閣僚の『反女性』発言集」、リテラ 2014年9月8日
  62. ^ 『別冊正論7』(2007年7月刊)に寄稿した「男女共同参画基本法は根本から見直せ〜これでは家族の絆や地域再生など遠い夢だ」参照。
  63. ^ 健全な男女共同参画社会をめざす会「なでしこ通信」07年9月1日
  64. ^ ケイアンドケイプレス「月刊日本」2008年3月号
  65. ^ 週刊金曜日「金曜アンテナ(2008/12/5)」
  66. ^ a b 「《対談》憲法改正・核・「徴兵制」〜タブーなき国防論議こそ政治の急務だ」、『正論』2011年3月号、産経新聞社、2011年2月1日。
  67. ^ a b “毎日フォーラムファイル 人権 自民党が部落差別の法規制を検討 二階総務会長呼びかけ ネット上の侵害が急増”. 毎日新聞のニュース・情報サイト (毎日新聞社). (2016年1月15日). http://mainichi.jp/articles/20160108/org/00m/010/016000c 2016年10月19日閲覧。 
  68. ^ 「別冊正論」第7号、2007年
  69. ^ 首相主導で「教育再生」『産經新聞』2006年9月4日
  70. ^ 祝!一周年記念第6回東京靖国見真会
  71. ^ 遠藤悠樹(編)、日本会議の人脈、三才ブックス、2016年。
  72. ^ “「若者全員、自衛隊に触れる制度を」 過去に稲田氏発言”. 朝日新聞デジタル. (2016年10月11日). http://www.asahi.com/articles/ASJBC4JTKJBCUTFK00D.html 2016年10月14日閲覧。 
  73. ^ 月刊「諸君!」2006年2月
  74. ^ 「女性閣僚の「矛盾」追及 選択的夫婦別姓・共働き 入閣前の発言、野党が指摘」朝日新聞、2014年10月9日
  75. ^ (特派員メモ シンガポール)「容姿」発言の波紋 朝日新聞 2017年6月14日
  76. ^ “都議選応援「自衛隊としてお願い」発言 後に撤回”. 毎日新聞. (2017年6月28日). https://mainichi.jp/senkyo/articles/20170628/ddm/001/010/181000c 2017年7月2日閲覧。 
  77. ^ 稲田朋美防衛相、都議選応援演説で「自衛隊として(自民候補を)お願いしたい」 産経新聞 2017年6月27日
  78. ^ “稲田朋美防衛相、都議選応援演説で「自衛隊として(自民候補を)お願い」野党は辞任要求”. 産経新聞. (2017年6月28日). http://www.sankei.com/politics/news/170628/plt1706280006-n1.html 2017年6月29日閲覧。 
  79. ^ “自民都連会長「稲田氏発言、選挙結果に影響した」”. 毎日新聞. (2017年7月2日). https://mainichi.jp/senkyo/articles/20170703/k00/00m/010/099000c 2017年7月3日閲覧。 
  80. ^ 国会議事録検索システム>第17号平成29年3月27日>龍示で文書内検索
  81. ^ 「財務省黒塗り部、稲田氏と二階氏」ロイター2018年5月28日付
  82. ^ “憲法教”ツイートを削除 「誤解招く」 毎日新聞 (2018年7月30日) 2019年3月25日閲覧。
  83. ^ 安倍一強問題。「力」ある人に認められるウットリ感が、暴走させる感覚 business insider (2018年8月7日) 2019年3月24日閲覧。
  84. ^ 「稲田・自民政調会長:党支部に日歯連が30万円寄付 昨年衆院選投開票前 /福井」、毎日新聞、2015年12月1日
  85. ^ 菅、稲田氏 パーティーで白紙領収書 総務相「問題ない」 毎日新聞 2016年10月6日
  86. ^ 白紙の領収書 非常識がまかり通るのか 産経ニュース 2016年10月12日
  87. ^ 「自民党議員団の入国、韓国が拒否 鬱陵島視察」『朝日新聞』2011年8月1日朝刊
  88. ^ 橋下氏 “網タイツの女王”に反撃 デイリースポーツ 2015年11月14日
  89. ^ 稲田朋美氏、将来の首相に意欲「政治家は誰でも目指す」 朝日新聞デジタル 2015年6月17日
  90. ^ 安倍首相、森氏・稲田氏を「きわめて有力な総理候補」 朝日新聞デジタル 2016年2月17日
  91. ^ 福井新聞』2006年8月15日朝刊
  92. ^ a b 「自民総裁選の底流 安倍政治の行方1」『北海道新聞』2006年9月5日朝刊
  93. ^ "Neo-Nazi photos pose headache for Shinzo Abe" ガーディアン2014年9月9日
  94. ^ "Japan PM's new picks deny neo-Nazi links" フランス通信社2014年9月10日
  95. ^ a b 「欧州なら即刻辞任 高市総務相らが『ネオナチ』とツーショット写真」、東京新聞、2014年9月12日
  96. ^ 「米ユダヤ系人権団体:高市総務相ら写真に強い不満表明」毎日新聞、2014年9月10日
  97. ^ 極右代表と撮影、自民党の稲田政調会長のコメント全文 「素性や思想、名前、把握していない」 産経新聞2014年9月10日
  98. ^ a b c “「稲田・自民政調会長、毎日新聞を提訴 在特会報道めぐり」”. 朝日新聞. (2015年4月17日). オリジナルの2015年4月17日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20150417042123/http://www.asahi.com/articles/ASH4H72D2H4HPTIL02K.html 2016年3月12日閲覧。 
  99. ^ a b “サンデー毎日報道で稲田氏が敗訴 判決で在特会との関係指摘 大阪地裁”. 産経WEST. (2016年3月11日). http://www.sankei.com/west/news/160311/wst1603110084-n1.html 
  100. ^ “稲田朋美氏の請求棄却 「在特会と蜜月」の週刊誌報道”. 朝日新聞. (2016年3月11日). http://www.asahi.com/articles/ASJ2Y4FDHJ2YPTIL00P.html 2016年3月12日閲覧。 
  101. ^ “「在特会巡る記事で名誉毀損」稲田氏の請求棄却”. 読売新聞. (2016年3月11日). http://www.yomiuri.co.jp/national/20160311-OYT1T50148.html 2016年3月12日閲覧。 
  102. ^ “稲田防衛相の控訴棄却 「在特会と近い」週刊誌報道”. 朝日新聞. (2016年10月12日). http://www.asahi.com/articles/ASJBC4FCNJBCPTIL00R.html 
  103. ^ “稲田防衛相の敗訴確定 週刊誌の「在特会」記事”. 共同通信社. 47NEWS. (2017年6月1日). https://this.kiji.is/242931870788108294 
  104. ^ 『正論』2012年3月号 50-91頁。
  105. ^ “ネット右翼のアイドルはこうして自滅した保守派の寵愛受けた稲田朋美の失敗”. PRESIDENT Online. (2018年6月9日). http://president.jp/articles/-/25375 2018年6月10日閲覧。 
  106. ^ a b c d 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年


「稲田朋美」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「稲田朋美」の関連用語

稲田朋美のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



稲田朋美のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの稲田朋美 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS