子ども手当とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 子ども手当の意味・解説 

子ども手当

別名:子ども手当て

15歳以下の子どもの保護者に対し子育て支援のための金銭支給する制度の名称。

子ども手当は、第45回衆議院議員総選挙民主党マニフェストとして提示され、民主党への政権交代後、2010年3月31日成立4月1日より施行された。

子ども手当の制度法律正式名称は「平成二十二年度における子ども手当の支給に関する法律」であるが、通称子ども手当法」と呼ばれる法律自体2010年度のみの時限立法となっている。

2010年時限立法成立した子ども手当では、受給資格者について子ども一人当たり1万3000円が支給されている。なお、児童養護施設入所している親のいない子どもに対しては、『安心子ども基金』を活用して子ども手当と同額支給されている。

2011年3月、子ども手当の制度延長するためのいわゆるつなぎ法」が参議院可決された。これにより、子ども手当の制度2011年4月から2011年9月まで延長されることになった。

関連サイト
子ども手当について - 厚生労働省
平成二十二年度における子ども手当の支給に関する法律
平成二十二年度における子ども手当の支給に関する法律施行規則

子ども手当

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/25 05:10 UTC 版)

子ども手当(こどもてあて)は、15歳以下の子供を扶養する保護者等に対し、金銭手当(給付金)を支給する制度。


  1. ^ 新年度始まる 年金引き下げ、電気代値上げ 日テレNEWS24 2012年4月1日
  2. ^ ただし初年度のみ、行政内部的には児童手当制度を部分的に継続しており、条文にもそれに関する部分がある
  3. ^ 厚生労働省
  4. ^ “高校無償化・子ども手当の両法案が衆院通過”. 日テレNEWS24. (2010年3月16日). http://www.news24.jp/articles/2010/03/16/04155454.html 
  5. ^ “子ども手当法が成立 今年6月から支給へ”. 日テレNEWS24. (2010年3月26日). http://www.news24.jp/articles/2010/03/26/04156071.html 2011年4月20日閲覧。 
  6. ^ “首相、子ども手当満額支給を断念”. 読売新聞. (2010年6月12日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100612-OYT1T00744.htm 2011年4月20日閲覧。 
  7. ^ 共同通信2010年6月17日
  8. ^ 厚生労働省
  9. ^ a b “子ども手当、10月以降廃止へ…復興財源を優先”. 読売新聞. (2011年4月13日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110412-OYT1T01200.htm 2011年4月20日閲覧。 
  10. ^ asahi.com2011年3月22日
  11. ^ 共同通信2011年4月30日
  12. ^ a b c 日テレNEWS242011年8月4日
  13. ^ a b c “子ども手当について 一問一答” (プレスリリース), 厚生労働省, http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/osirase/100407-1.html 
  14. ^ a b “子どもがいる現役世帯の世帯員の相対的貧困率の公表について” (プレスリリース), 厚生労働省, http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000002icn.html 2009年11月13日閲覧。 
  15. ^ a b “子ども手当の創設に向けて~平成二十二年度における子ども手当の支給に関する法律案~” (プレスリリース), 厚生労働委員会調査室, http://www.sangiin.go.jp/japanese/annai/chousa/rippou_chousa/backnumber/2010pdf/20100301025.pdf 2010年3月1日閲覧。 
  16. ^ “Doing Better for Children Country Highlights:Japan” (PDF) (プレスリリース), OECD, http://www.oecd.org/dataoecd/21/23/43590152.pdf 2010年5月20日閲覧。 
  17. ^ “民主党の未来世代応援政策「育ち・育む“応援”プラン」” (プレスリリース), 民主党, http://www.dpj.or.jp/special/kosodate/01_01.html 2010年5月20日閲覧。 
  18. ^ “福祉施設児童5000人にも子ども手当 - 政治ニュース”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2010年2月9日). オリジナルの2010年2月10日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100210032125/http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp3-20100208-593911.html 2010年2月9日閲覧。 
  19. ^ “扶養控除、財源難で廃止前倒し”. 読売新聞. (2009年10月15日). http://osaka.yomiuri.co.jp/mama/society/ms20091015kk03.htm 2009年10月18日閲覧。 
  20. ^ 増税抱き合わせに不安 民主の「子ども手当」 増税額7万円 しんぶん赤旗 2009年8月23日付けより
  21. ^ “官房長官…子ども手当「地方負担も」全額国費財源厳しく”. 読売新聞. (2009年10月20日). http://osaka.yomiuri.co.jp/mama/society/ms20091020kk03.htm 2009年10月30日閲覧。 
  22. ^ “子ども手当で全国知事会会長の福岡知事「地方負担、話が違う」”. 産経新聞. (2009年10月22日). http://sankei.jp.msn.com/life/welfare/091022/wlf0910221158001-n1.htm 2009年10月30日閲覧。 
  23. ^ “全国市長会「全額国費負担を」 子ども手当と高校無償化”. 47NEWS (共同通信社). (2009年11月20日). http://www.47news.jp/CN/200911/CN2009112001000588.html 2009年11月23日閲覧。 
  24. ^ 子ども手当地方負担ならボイコット~7知事 日テレNEWS24 2009年12月12日
  25. ^ 大西孝弘; 飯泉梓 (2009年10月29日). “「子ども手当」優先の厚生無策”. 日経ビジネスオンライン. 日経BP社. 2009年10月22日閲覧。
  26. ^ “地方と事業主も負担=子ども手当、10年度は1万3000円-政府”. 時事通信. (2009年12月23日). http://www.jiji.com/jc/c?g=pol&k=2009122300301 2009年12月23日閲覧。 
  27. ^ 地方と事業主も負担=子ども手当、10年度は1万3000円−政府ウォールストリートジャーナル 2009年12月23日
  28. ^ “子ども手当、所得制限に否定的=暫定税率代替で環境税も-菅戦略相”. 時事通信社. (2009年11月22日). http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009112200040 2009年11月23日閲覧。 
  29. ^ 子供手当で所得制限当初導入否定 菅副総理、スパコン予算は維持共同通信 2009年11月22日
  30. ^ “【産経新聞世論調査】子ども手当「所得制限を」64%”. 産経新聞. (2009年11月23日). http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091123/plc0911231726005-n1.htm 2009年11月23日閲覧。 
  31. ^ 【世論調査】子ども手当「所得制限を」64%
  32. ^ “民主党、子ども手当の所得制限導入を要求へ 官房長官「党と調整して結論」”. 産経新聞. (2009年12月16日). http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091216/stt0912161253006-n1.htm 2009年12月25日閲覧。 
  33. ^ 民主・小沢氏、鳩山首相に優先項目申し入れ
  34. ^ 扶養控除、財源難で廃止前倒しYOMIURIONLINE 2009年10月15日
  35. ^ “扶養控除廃止でも子供が中学生以下なら収入増…大和総研試算”. 読売新聞. (2009年10月15日). http://osaka.yomiuri.co.jp/mama/society/ms20091015kk02.htm 2009年11月4日閲覧。 
  36. ^ “「子ども手当」増収にも不安…試算、街の反応”. 読売新聞. (2009年10月19日). http://osaka.yomiuri.co.jp/edu_news/20091019kk01.htm 2009年11月4日閲覧。 
  37. ^ “新政権の子ども手当/控除廃止の影響どうなる/民主党は説明を”. しんぶん赤旗 (日本共産党). (2009年10月18日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-10-12/2009101202_03_1.html 2009年10月30日閲覧。 
  38. ^ 扶養控除の見直しについて(22年度改正) 財務省
  39. ^ 配偶者控除の廃止見送り濃厚 岡田副総理が衆院委で答弁 朝日新聞 2012年11月7日
  40. ^ a b “「平成22年度における子ども手当の支給に関する法律における外国人に係る事務の取扱いについて」のポイント” (PDF) (プレスリリース), 厚生労働省, (2010年3月31日), http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/osirase/dl/100402-1q.pdf 2011年4月20日閲覧。 
  41. ^ “子ども手当、居住要件見直し”. 読売新聞. (2010年5月10日). http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20100510-OYT8T00315.htm 2011年4月20日閲覧。 
  42. ^ “子ども手当、海外の7千人に支給 自民調査、外国人の子に”. 中日新聞. (2010年8月3日). http://www.chunichi.co.jp/s/article/2010080301001164.html 2010年8月3日閲覧。 
  43. ^ “子ども手当、自治体に重い負担…埼玉”. 読売新聞. (2010年5月19日). http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20100519-OYT8T00459.htm 2011年4月20日閲覧。 
  44. ^ “子ども手当554人分申請、「タイで養子縁組」…不受理”. 朝日新聞. (2010年4月26日). http://www.asahi.com/national/update/0424/OSK201004240069.html 2010年5月20日閲覧。 
  45. ^ a b 高久清史、油原聡子 (2010年4月24日). “子ども手当に外国人殺到、自治体職員怒りの声 困難な「確認作業」”. 産経新聞. http://sankei.jp.msn.com/life/welfare/100424/wlf1004242230000-n1.htm 2010年5月20日閲覧。 
  46. ^ “子ども手当:554人分申請 韓国人男性「孤児と養子縁組」 兵庫・尼崎市不受理”. 毎日新聞. (2010年4月24日). オリジナルの2010年4月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100425071659/http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100424ddm041010005000c.html 2010年4月24日閲覧。 
  47. ^ “「タイで養子」、子ども手当554人分申請…尼崎”. 読売新聞. (2010年4月24日). オリジナルの2010年4月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100427085404/http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20100424-OYO1T00590.htm 2010年4月24日閲覧。 
  48. ^ “大量申請の懸念現実に 審査厳格化では限界も 外国人の子ども手当”. 産経新聞. (2010年4月25日). オリジナルの2010年4月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100427085523/http://sankei.jp.msn.com/life/welfare/100425/wlf1004250003000-n1.htm 
  49. ^ “子ども手当554人分申請 尼崎の韓国人男性「タイで養子」と 市は拒否”. 産経新聞. (2010年4月24日). オリジナルの2010年4月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100426085639/http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100424/crm1004241046005-n1.htm 2010年4月24日閲覧。 
  50. ^ a b “子ども手当 一問一答…厚労省HP掲載”. 読売新聞. (2010年4月7日). オリジナルの2010年4月7日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2010-0407-2358-25/osaka.yomiuri.co.jp/mama/society/ms20100407kk01.htm 
  51. ^ “子ども手当について一問一答” (PDF) (プレスリリース), 厚生労働省, (2010年4月2日), http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/osirase/dl/100402-1s.pdf 2010年4月24日閲覧。 
  52. ^ “子ども手当:韓国人男性が554人分申請 孤児と養子縁組”. 毎日新聞. (2010年4月24日). オリジナルの2010年4月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100425073026/http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100424k0000m010117000c.html 2010年4月24日閲覧。 
  53. ^ “「子ども手当」申請 やっぱり出てきた外国人の仰天養子縁組”. Jcast テレビウォッチ. (2010年4月26日). http://www.j-cast.com/tv/2010/04/26065322.html 2010年4月27日閲覧。 
  54. ^ “細川厚労相、外国人への子ども手当で不正受給を認める 昨年6月支給分”. 産経新聞. (2011年2月15日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110215/plc11021523240027-n1.htm 2011年4月20日閲覧。 
  55. ^ 偽装結婚:出生届も虚偽 県警、容疑で逮捕 兵庫毎日新聞 2010年9月17日 神戸版
  56. ^ 日本国籍を得るため中国人が嘘の届出 News i - TBS 2010年11月22日11:30
  57. ^ 日本国籍取得のためウソの出生届 2人逮捕 日テレNEWS24 2010年11月22日 13:46
  58. ^ 「偽装出生」氷山の一角 大半が中国人 子どもは出国 東京新聞 2012年2月9日 夕刊
  59. ^ たとえばドイツでは、「通常は18歳未満、失業者の場合は21歳未満、学生は27歳未満に支給」となっており、学生であるかによって違いがあるが、日本では公式文書の表記に反して中学生であるかどうかは一切関係ない。
  60. ^ Googleニュースなどによる検索では中学卒業や中学3年生までとの表記を用いている社が大多数であり、15歳との表記を用いているニュースは、あえて年齢を示した方が文の趣旨にそう場合にはある程度見られるものの、特段の意思がない場合はあまり使われていないようである。特に子ども手当制度の解説のための記事ではなく、子ども手当の支給が始まったなどのニュースにおいて、「中学3年生までの子どもがいる家庭に対して月1万3千円……」と一文で子ども手当の簡単な解説を兼ねているような書き方において、「中学」の方が使われる場合がほとんどである。一例
  61. ^ パンフレットなど(5月31日以降、リーフレットの方は新しい物に変更されているが、以前の物([1] (PDF) )は年齢について書いていなかった)
  62. ^ 第7回厚生労働省政策会議 議事要旨
  63. ^ この対象者には自治体より額改定請求書などが郵送される場合が多いが、サイトや市政だより記載の手続き案内が正確でない。(10月1日まで)。
  64. ^ 学校教育法では少なくとも15歳まで小学校に在学した場合の取り扱いが想定されている。
  65. ^ 児童手当法(昭和四十六年法律第七十三号)”. e-Gov (2017年6月2日). 2019年12月25日閲覧。 “2018年1月1日施行分”
  66. ^ 2006年法案2007年提出法案2008年法案。「小学」は2006年法案のみに含まれる(児童手当法と同じ)。
  67. ^ 早生まれの子どもへの子ども手当、扶養控除の廃止等による影響早生まれはダブル損。ただしこれらの資料にある学年の箇所は誤りであり、実際は4月1日時点の年齢で決まる。
  68. ^ “子ども手当、未申請30万人か 9月末締め切り”. 産経新聞. (2010年9月10日). オリジナルの2010年11月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101104024555/http://sankei.jp.msn.com/life/welfare/100910/wlf1009101644000-n1.htm 
  69. ^ “子ども手当の申請状況及び申請の周知について” (プレスリリース), 厚生労働省, (2010年9月10日), http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000000r7if.html 2011年4月20日閲覧。 
  70. ^ “子ども手当30日締め切り 公務員中心に呼び掛け”. 徳島新聞. (2010年9月22日). http://www.topics.or.jp/localNews/news/2010/09/2010_128511905845.html 2011年4月20日閲覧。 
  71. ^ “子ども手当の未申請者把握できず 「公務員は勤務地で、一般市民は住所地で申請」と“別扱い””. 読売新聞. (2010年9月22日). http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20100905-OYO1T00310.htm [リンク切れ]
  72. ^ “子ども手当の申請はお済みですか!?” (PDF). 厚生労働省. http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000000r7if-img/2r9852000000r7m4.pdf 2011年4月20日閲覧。 
  73. ^ “子ども手当は見直しを OECDの政策提言”. 47NEWS. 共同通信. (2009年11月18日). オリジナルの2009年11月20日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2009-1120-0824-19/www.47news.jp/CN/200911/CN2009111801000220.html 2010年4月17日閲覧。 
  74. ^ “少子高齢社会対策へ知恵集め/横浜でシンポ”. 神奈川新聞. (2009年10月4日). http://news.kanaloco.jp/localnews/article/0910040005/ 2009年10月30日閲覧。 
  75. ^ “子ども手当「税滞納世帯に満額支払わず」 群馬・太田市長”. 日本経済新聞. (2010年1月9日). オリジナルの2010年1月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100114023645/http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20100109AT3S0802U08012010.html 
  76. ^ “【群馬】 太田市長『市税支払いが前提』 滞納者の子ども手当減額を検討”. 東京新聞. (2010年1月9日). オリジナルの2010年1月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100114150716/http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2010010902000056.html 
  77. ^ “子ども手当は「不要」=自民、民主政策を逆仕分け”. 時事通信. (2009年4月5日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201004/2010040500512 2010年4月17日閲覧。 
  78. ^ 子ども手当をどのように見直すべきか富士通総研 2011年4月1日
  79. ^ 子ども手当ての意義を考える第一生命保険 2011年6月
  80. ^ “「子ども手当」は「貯蓄」が最多 関西社会経済研1千人アンケート”. 産経新聞. (2009年12月1日). http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/091201/fnc0912012046032-n1.htm 2009年12月2日閲覧。 
  81. ^ 森祐司 (2010年2月19日). “少子化対策としての子ども手当に関するアンケート調査”. 大和総研. 2010年6月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年6月13日閲覧。
  82. ^ 東北大学 [2]「子ども手当」制度は本当に効果があったのか




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「子ども手当」の関連用語

子ども手当のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



子ども手当のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの子ども手当 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS