少子化とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 少子化の意味・解説 

しょうし‐か〔セウシクワ〕【少子化】


少子化(しょうしか)

子どもの出生数出生率小さくなる現象

1950年に3.65であった合計特殊出生率は、1980年には1.75、1990年には1.54と低下している。<合計特殊出生率>とは、<1人女性生涯に産む子どもの数>のことである。最近では、1.38(1998年現在)まで下がっている。このまま少子化が進めばドイツの1.30、イタリアの1.19、という水準にも近づきる。

実際3歳ごとに区切って年齢別人口を見ると、15歳12歳409万人11歳9歳376万人8歳6歳358万人となる。子供の数は明らかに減少している。

少子化の原因として、女性晩婚化教育費増大シングル志向高まりなどが考えられている。特に、DINKS(Double Income No Kidsダブルインカム、ノーキッズ)のように、<共働き子供なし>のような家庭増えている。

人口水準維持するには<合計特殊出生率2.1>が必要である。日本はこれを大きく下回っており、人口はいづれ減少していくと予測される

これを何とかするため、子育て支援推進するエンゼルプラン>など、政治の面でも少子化対策進められている。具体的には、出産育児休業制度保育施設拡充などの対策各方面から提案されている。

(2000.05.07更新


少子化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/15 00:21 UTC 版)

少子化(しょうしか)とは、


注釈

  1. ^ 故に、単なる出生率の低下とは異なるとされる
  2. ^ 本来、少子とは末子を意味する語句である[要出典]。「少子化」を出生率の低下という意味で使うのが一般化したのは1990年代であるが、その当時の日本の人口学者は、これは政府による行政用語であって人口学の専門用語ではないとする立場をとっていた[3]。しかし2000年代に入ると、「出生力が人口の置換水準を持続的に下回っている状態」とするのが「人口学的に正確な定義である」[4] とする主張が出現し、単なる出生率の低下とはちがう意味を持つ人口学専門用語として「少子化」が使れるようになっていった。日本人口学会2018年に出版した『人口学事典』[5] では、「少子化」は出生力が低い状態を意味すると説明している。
  3. ^ 例えば、精子染色体異常により、自閉症小人症に罹患する可能性が増大する。
  4. ^ 年少人口(14歳以下)のこと。

出典

  1. ^ a b c d https://www.jri.co.jp/file/report/researchfocus/pdf/13160.pdf加速するインドの少子化〜人口ピークのタイミングは2040年代に早まる可能性〜
  2. ^ 将来人口推計の国際比較: 日本と主要先進諸国の人口のゆくえ」『人口問題研究』第64巻第3号、国立社会保障・人口問題研究所、2002年7月31日、45-69頁、NAID 40016254152 
  3. ^ a b 阿藤誠 著「少子化と家族政策」、日本人口学会 編『人口大事典』培風館、2002年、924-928頁。ISBN 4563051004 
  4. ^ 大淵寛・高橋重郷 著「はしがき」、大淵寛・高橋重郷 編『少子化の人口学』原書房〈人口学ライブラリー 1〉、2004年。ISBN 4562090952NCID BA68852560 
  5. ^ 日本人口学会『人口学事典』丸善出版、2018年。ISBN 9784621303078NCID BB27267964 
  6. ^ 한겨레. “遅きに失した…韓国はいかにして少子化の罠にはまったのか”. japan.hani.co.kr. 2023年2月22日閲覧。
  7. ^ 有史以来の日本の人口の変化”. 平成16年版 少子化社会白書. 内閣府 (2004年). 2008年7月26日閲覧。
  8. ^ a b c d 朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 (2024年1月8日). “結婚があまりに困難なタイの若者たち【朝鮮日報コラム】”. www.chosunonline.com. 2024年1月8日閲覧。
  9. ^ フランスやドイツも当該国ルーツの白人の出生率が移民の出生率よりもかなり低くなっている。移民二世など非白人移民の子孫も白人ほどでは無いものの、世代を経るごとに出生率が低くなっていく統計結果が出ている。
  10. ^ 経済企画庁『国民生活白書 平成4年版』日本経済新聞社、1992年11月13日。 NCID AN10026391  平成4年 国民生活白書:少子社会の到来,その影響と対応 (平成4年11月13日)(2011年1月4日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project
  11. ^ a b 第1部 少子社会の到来とその影響”. 内閣府. 平成16年版 少子化社会白書(全体版) (2004年). 2022年7月29日閲覧。
  12. ^ 坂井博通 著「少子化の社会的影響」、日本人口学会 編『人口大事典』培風館、2002年、814-819頁。ISBN 4563051004 
  13. ^ 総理府『青少年白書 昭和57年版』1983年。 NCID BN0039962X 
  14. ^ 新堀通也・加野芳正『教育社会学』玉川大学出版部、1987年。ISBN 447206961X 
  15. ^ a b c 韓国出生率、過去最低0.78 進む少子化、OECD唯一の1未満(朝日新聞デジタル)”. Yahoo!ニュース. 2023年2月22日閲覧。
  16. ^ 日本で「子どもは2人まで」宣言が出ていた衝撃”. 東洋経済オンライン (2019年4月12日). 2020年5月5日閲覧。
  17. ^ 衝撃…!少子化の根本原因は、50年前の「国の政策」にあった”. 週刊現代 (2019年4月12日). 2020年5月5日閲覧。
  18. ^ 厚生労働省>審議会>社会保障審議会>医療分科会>福祉行政報告例>35ページ>妊産婦死亡率の年次推移
  19. ^ 厚生労働省>審議会>社会保障審議会>医療分科会>2008年11月>1〜2ページ>妊産婦死亡率の年次推移
  20. ^ 厚生労働省>平成22年人口動態統計の概況>死産率・周産期死亡率
  21. ^ 厚生労働省>審議会>社会保障審議会>医療分科会>福祉行政報告例>37ページ>死産率の年次推移
  22. ^ 厚生労働省>審議会>社会保障審議会>医療分科会>2008年11月>4ページ>周産期死亡率の年次推移
  23. ^ 厚生労働省>審議会>社会保障審議会>医療分科会>福祉行政報告例>38ページ>新生児死亡率の年次推移
  24. ^ WHO>World Health Statistics 2012>63〜83ページ>Cause-specific mortality and morbidity>Maternal mortality ratio
  25. ^ WHO>World Health Statistics 2012>51〜61ページ>Life expectancy and mortality>Stillbirth rate , neonatal mortality rate
  26. ^ 厚生労働省>人口動態統計>平成22年>簡易生命表の概況
  27. ^ 厚生労働省>平成23年度>人口動態統計>合計特殊出生率の推移
  28. ^ WHO>World Health Statistics 2012>157〜167ページ>Demographic and socioeconomic statistics>Total fertility rate
  29. ^ a b c d e 少子化考:イスラエル、出生率3超えの秘密 日本とは大きく違う子育て事情とは”. 毎日新聞. 2023年1月31日閲覧。
  30. ^ a b c リベラル社会が直面する「少子化」のジレンマ 西欧社会を揺るがす「多様性の罠」”. PRESIDENT Online(プレジデントオンライン) (2020年1月17日). 2023年9月12日閲覧。
  31. ^ 最高レベルの子育て政策も無駄? 急減するフィンランドの出生率 | Forbes JAPAN 公式サイト(フォーブス ジャパン)”. forbesjapan.com. 2023年9月12日閲覧。
  32. ^ https://www.mof.go.jp/pri/research/conference/fy2020/jinkou_report03.pdf財務省
  33. ^ 韓国「年間2万人が国籍放棄」の衝撃、若者が絶望する“ヘル朝鮮”の悲惨な現状”. ダイヤモンド・オンライン (2023年5月4日). 2023年12月4日閲覧。
  34. ^ RIETI - 韓国の若者の絶望、大卒でも定職に就けず…南北統一で人口減少解消を狙う文大統領の蛮行”. www.rieti.go.jp. 2023年12月4日閲覧。
  35. ^ 「これがヘル朝鮮だ」日本にはあって韓国のキッザニアにはないお仕事 大工、宅配ドライバー、バスガイド… (2ページ目)”. PRESIDENT Online(プレジデントオンライン) (2020年10月15日). 2023年12月4日閲覧。
  36. ^ 出生率1を割る韓国 育児より老後、格差が生む「ヘル」:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル (2020年2月3日). 2023年12月4日閲覧。
  37. ^ 金鉉哲, 裵智恵「韓国における超少子化現象と教育問題」『家族社会学研究』第32巻第2号、日本家族社会学会、2020年10月、173-186頁、CRID 1390851087355283200doi:10.4234/jjoffamilysociology.32.173ISSN 0916328X 
  38. ^ 7〜9月期の出生率0.70 2期連続で過去最低に=韓国”. www.chosunonline.com. 2023年12月5日閲覧。
  39. ^ a b c 中国学習塾、非営利団体に転換 政府が教育費抑制へ規制”. 日本経済新聞 (2021年7月25日). 2021年7月25日閲覧。
  40. ^ 母国からの仕送りは500万円「「リッチ中国人留学生」の実像 高学歴を「安く」「容易に」求める若者たち(東洋経済オンライン)”. Yahoo!ニュース. 2023年12月5日閲覧。
  41. ^ 朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 (2023年12月25日). “「中学校の成績下位50%は職業系の高校に行け」…留学に殺到する中国の生徒たち”. www.chosunonline.com. 2024年1月8日閲覧。
  42. ^ 朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 (2023年12月24日). “「旅行に行けないと『皆勤乞食』と言われる」「無理して外車購入」…韓国人が子どもを産まない理由とは”. www.chosunonline.com. 2024年1月8日閲覧。
  43. ^ “[Analysis of factors related to the recent decline in birth rate in Japan”]. Nihon Koshu Eisei Zasshi 42 (2): 121-128. (February 1995). PMID 7718907. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/7718907/. 
  44. ^ “Factors affecting the most recent fertility rates in urban-rural Bangladesh”. Soc Sci Med 44 (3): 279-89. (February 1997). doi:10.1016/s0277-9536(96)00076-7. PMID 9004364. 
  45. ^ a b c 韓国の出生率が過去最低0.78、2022年 OECD最下位”. 日本経済新聞 (2023年2月22日). 2023年2月22日閲覧。
  46. ^ a b 金鉉哲、裵智恵「韓国における超少子化現象と教育問題」『家族社会学研究』2020年、doi:10.4234/jjoffamilysociology.32.173 
  47. ^ a b 加速するインドの少子化〜人口ピークのタイミングは2040 年代に早まる可能性〜|日本総研”. 日本総研. 2023年6月3日閲覧。
  48. ^ a b 「世界人口が今後30年で減少に転じる」という、常識を覆す「未来予測」の真意”. WIRED.jp. 2021年5月12日閲覧。
  49. ^ a b Vollset, Stein Emil; Goren, Emily; Yuan, Chun-Wei; Cao, Jackie; Smith, Amanda E.; Hsiao, Thomas; Bisignano, Catherine; Azhar, Gulrez S. et al. (2020-10-17). “Fertility, mortality, migration, and population scenarios for 195 countries and territories from 2017 to 2100: a forecasting analysis for the Global Burden of Disease Study” (English). The Lancet 396 (10258): 1285–1306. doi:10.1016/S0140-6736(20)30677-2. ISSN 0140-6736. PMID 32679112. https://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(20)30677-2/abstract. 
  50. ^ a b 非モテ独身男性をめぐる言説史とその社会的包摂 J-Stage 大場博幸日本大学文理学部准教授
  51. ^ a b 赤川学東京大学大学院人文社会系研究科教授「これが答えだ! 少子化問題」 2017, p. 92.
  52. ^ 赤川学東京大学大学院人文社会系研究科教授「少子化問題の社会学」 2018, pp. 14–18.
  53. ^ 赤 川学東京大学大学院人文社会系研究科教授「少子化問題の社会学」 2018, pp. 14–18.
  54. ^ Tertiary education statistics - Statistics Explained”. ec.europa.eu. 2019年7月27日閲覧。
  55. ^ Young Adult Failure to Thrive Syndrome」Finnish Yearbook of Population Research
  56. ^ Almås, Ingvild; Kotsadam, Andreas; Moen, Espen R.; Røed, Knut (2023-01-01). “The Economics of Hypergamy” (英語). Journal of Human Resources 58 (1): 260–281. doi:10.3368/jhr.58.3.1219-10604R1. ISSN 0022-166X.
  57. ^ a b c d e f 宝くじに当たったら子供を生みますか? 研究からわかった「出生率の向上に必要な3つのこと」 | ワークライフバランスが改善したら、子供は本当に増えるのか?”. クーリエ・ジャポン (2023年4月29日). 2023年6月21日閲覧。
  58. ^ a b c Cesarini, David; Lindqvist, Erik; Östling, Robert; Terskaya, Anastasia (2023-03) (英語). Fortunate Families? The Effects of Wealth on Marriage and Fertility. Cambridge, MA. doi:10.3386/w31039. http://www.nber.org/papers/w31039.pdf. 
  59. ^ a b Does Paternity Leave Reduce Fertility?” (英語). www.iza.org. 2023年6月21日閲覧。
  60. ^ 1.妊娠適齢年令”. 公益社団法人 日本産婦人科医会. 2020年5月5日閲覧。
  61. ^ [1]
  62. ^ 実は多い2人目不妊 早めに受診、子育てと仕事が壁に”. woman smart DUELプレミアム (2018年12月6日). 2020年6月20日閲覧。
  63. ^ 16人に1人が体外受精児 17年、5万6千人誕生” (2019年10月28日). 2020年8月2日閲覧。
  64. ^ 第三特別調査室 縄田康光 (2006年10月). “歴史的に見た日本の人口と家族”. 参議院. 2020年5月5日閲覧。
  65. ^ 瀬地山 角 (2014年11月13日). “あなたは大丈夫? 「セックスレス大国」日本 「性の不満足」は夫婦関係のリスク要因”. 東京経済オンライン. 2023年1月9日閲覧。
  66. ^ 福島県立医科大学医学部 耳鼻咽喉科学講座教授 室野重之. “咽頭における高リスク型HPVの感染と中咽頭癌バイオマーカーとしての意義”. H29_第40集_大和証券_研究業績. 2021年6月7日閲覧。
  67. ^ 「反省文を掲載しなさい」堀江貴文氏がHPVワクチンをめぐる朝日新聞に言及”. 東スポWeb. 東京スポーツ新聞社. 2021年7月3日閲覧。
  68. ^ HPVワクチンへの誤解を解きたい、子宮頸がんの犠牲者を減らしたい──専門医の訴え”. wezzy|ウェジー. サイゾー. 2021年6月10日閲覧。
  69. ^ 新型コロナ「反ワクチン報道」にある根深いメディアの問題(ニッポン放送)”. Yahoo!ニュース. 2021年6月10日閲覧。
  70. ^ “マザーキラー”子宮頸がんの予防ワクチン 稲葉可奈子先生に聞く「積極的勧奨の再開」の意義”. yahooニュース (2021年11月12日). 2022年4月9日閲覧。
  71. ^ 岩永直子 (2019年9月8日). “「身体が原因でなければ心の問題でしょ?」 HPVワクチン接種後に訴えられる症状を悪化させてきたもの”. buzzfeed japan. 2021年10月4日閲覧。
  72. ^ 岩永直子 (2019年9月9日). “「HPVワクチンのせい」として深刻な問題を見逃す恐れも 原因究明だけにこだわるのは危険”. buzzfeed japan. 2021年10月4日閲覧。
  73. ^ 瀬地山 角 (2022年4月4日). “ニッポン “精子力” クライシス”. NHK. 2023年1月9日閲覧。
  74. ^ 令和2年度 子ども・子育て支援推進調査研究事業 不妊治療の実態に関する調査研究最終報告書 株式会社野村総合研究所”. 厚生労働省 (2021年3月). 2023年1月9日閲覧。
  75. ^ 中原 由依子 (2021年3月). “不妊治療大国、しかし成功率は最下位 日本の「妊活」 不都合な真実”. 鳥取大学医学部附属病院. 2023年1月9日閲覧。
  76. ^ 「第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)」の 結果報告書”. 厚生労働省 (2022年3月14日). 2023年1月9日閲覧。
  77. ^ 清水ほなみ (2022年10月31日). “40代高齢の妊娠中絶手術が実は増えている!”. ALL ABOUT 暮らし. 2023年1月9日閲覧。
  78. ^ 少子化対策を先進国に学ぶ”. www10.plala.or.jp. 2019年6月3日閲覧。
  79. ^ 西岡八郎「超低出生・南欧諸国の出生変動の研究-日本の少子化への示唆」『人間科学研究』第18巻、早稲田大学人間科学学術院、2005年、135-136頁、ISSN 1880-0270NAID 1100046225292020年7月16日閲覧 
  80. ^ 少子化の国際比較”. 平成16年版 少子化社会白書. 内閣府 (2004年). 2008年7月26日閲覧。
  81. ^ Hilary Brueck (2018年7月18日). “危険な“人口時限爆弾”、日本はやや回復、アメリカは危険な状態に” (日本語). BUSINESS INSIDER. https://www.businessinsider.jp/post-171366 2019年5月4日閲覧。 
  82. ^ a b 第2節 欧米諸国の出生の動向”. 2019年5月4日閲覧。
  83. ^ a b c アメリカ疾病予防管理センター (10 January 2019). National VitalStatistics Reports Volume 68, Number 1 Total Fertility Rates by State and Race and Hispanic Origin: United States, 2017(米国人口動態統計レポート68巻1号 州別および人種別、ヒスパニック系別の合計特殊出生率:2017年) (PDF) (Report). 2019年11月22日閲覧
  84. ^ アメリカ疾病予防管理センター (22 February 2017). National Vital Statistics Reports Volume 66, Number 2 Trends and Variations in Reproduction and Intrinsic Rates: United States, 1990-2014(米国人口動態統計レポート66巻2号 出生率と自然増加率の傾向と推移:1990〜2014年) (PDF) (Report). 2019年11月22日閲覧
  85. ^ “進む米国の少子化 20%は未婚で出産”. (2015年4月9日). https://www.afpbb.com/articles/-/3046488 2015年5月23日閲覧。 
  86. ^ Births by parents’ country of birth, England and Wales: 2020
  87. ^ a b c 柳沢房子「フランスにおける少子化と政策対応」『レファレンス』、国会図書館、2007年11月、NAID 40015710824 
  88. ^ フィンランドの出生率は日本とほぼ同水準まで低下、政府は完結出生児数に照準を”. ダイヤモンド・オンライン (2023年5月15日). 2023年6月3日閲覧。
  89. ^ a b c d 「フィンランド1.32、ノルウェー 1.41…」北欧の出生率激減 「高福祉」で「ジェンダー平等」なのになぜ? 日本が教科書にすべきはイスラエル?(ABEMA TIMES)”. Yahoo!ニュース. 2023年6月3日閲覧。
  90. ^ a b c 「出生率1.35」手厚い国フィンランドに走った激震”. 東洋経済オンライン (2022年7月15日). 2023年2月24日閲覧。
  91. ^ ドイツでベビーブーム、出生率が43年ぶりの高水準に 3つの要因とは?”. ニューススフィア. 2020年5月6日閲覧。
  92. ^ Munich Alex Webb (2014年6月11日). “少子高齢化進むドイツに人材危機-有権者は移民受け入れに傾く”. ブルームバーグ. http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N6ZO2U6JIJUQ01.html 2014年6月14日閲覧。 
  93. ^ 【ロシアを読む】面目つぶれたプーチン政権 ロシアが苦しむダブル減”. 産経新聞. 2019年5月4日閲覧。
  94. ^ “人口減少進むロシアの州政府、「家族計画の日」を制定”. AFPBB. (2007年9月12日). https://www.afpbb.com/articles/-/2280898?pid=2126338 
  95. ^ プーチン氏、新たな少子化対策発表 第1子から一時金支給”. AFP. 2020年2月23日閲覧。
  96. ^ ロシアの運命は人口状況にかかっている=プーチン大統領”. Sputnik. 2020年2月23日閲覧。
  97. ^ ロシア労働社会保障省のトピリン大臣は12日、2018年のロシアの出生率は前年比5.4%減少したと明らかにした。”. 2019年5月4日閲覧。
  98. ^ ロシアの人口、1年で51万人減少”. AFP. 2021年9月11日閲覧。
  99. ^ 小泉悠 (2014年2月20日). “ロシアが名門以外の大学生に軍事教育を義務化 破綻の危機に直面する徴兵制、頭をひねる政府幹部・・・”. 日本ビジネスプレス. http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39982 2014年2月22日閲覧。 
  100. ^ イスラエル・ユダヤ情報バンク:イスラエルの歴史━現代イスラエル”. myrtos.co.jp. 2023年1月31日閲覧。
  101. ^ 産めよ増やせよ?!エルサレムで不妊治療をしてみたら”. EXPAT. クーリエ・ジャポン. 2023年1月31日閲覧。
  102. ^ 出生率高いイスラエル、背景は? 体外受精費、国が補助”. 朝日新聞デジタル (2018年4月22日). 2023年1月31日閲覧。
  103. ^ 少子化問題”. 内閣府. 2021年9月30日閲覧。
  104. ^ “世界一「お節介な国」、シンガポール婚活事情”. (2014年11月18日). https://www.recordchina.co.jp/b77436-s0-c30-d0052.html 2015年5月23日閲覧。 
  105. ^ a b Demographic references - Fertility rates (Report). OECD. 2016. doi:10.1787/health-data-en
  106. ^ 各国の少子化対策”. 平成17年版 少子化社会白書. 内閣府 (2005年). 2008年7月26日閲覧。
  107. ^ クーリエ・ジャポン』2010年5.6月号
  108. ^ 止まらない韓国の出生率低下 「22世紀に国が消滅」の危惧も (1/2ページ) - zakzak:夕刊フジ公式サイト”. web.archive.org (2020年1月7日). 2020年1月9日閲覧。
  109. ^ 韓国政府、世界初の「少子化税」検討-Chosun online 朝鮮日報
  110. ^ a b 韓国、OECD加盟国で出生率最下位…唯一の「超少子化国」”. 中央日報 (2018年8月22日). 2018年8月22日閲覧。
  111. ^ 韓国18年出生率、初めて1.0割れ 世界最低水準に”. www.nikkei.com (2019年9月12日). 2019年9月13日閲覧。
  112. ^ ソウルの合計特殊出生率0.69「絶滅への道に入った水準」”. www.chosunonline.com (2019年11月28日). 2019年11月28日閲覧。
  113. ^ Julian Ryall (2014年8月25日). “South Koreans 'will be extinct by 2750'” (英語). デイリー・テレグラフ. https://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/asia/southkorea/11054817/South-Koreans-will-be-extinct-by-2750.html 2019年12月28日閲覧。 
  114. ^ 韓国、来年から人口減に 2065年に高齢化で日本逆転”. 2019年3月31日閲覧。
  115. ^ 韓国、来年から人口減に 2065年に高齢化で日本逆転 日本経済新聞 2019年3月28日
  116. ^ 合計特殊出生率、史上最低の0.92人…今年から「人口の崖」”. HANKYOREH. ハンギョレ. 2020年3月1日閲覧。
  117. ^ 韓国の人口、初めて減少に転じる 政府予想より9年早く”. www.asahi.com. 朝日新聞デジタル (2021年1月4日). 2021年1月18日閲覧。
  118. ^ 韓国、2020年に初の人口減 出生率が過去最低更新”. 日本経済新聞 (2021年2月24日). 2021年2月24日閲覧。
  119. ^ 韓国の出生率0・81、過去最低を更新 OECDで唯一「1」下回る”. www.asahi.com. 朝日新聞デジタル (2020年2月23日). 2022年2月23日閲覧。
  120. ^ 「韓国が消えていく!」将来の人口が4分の1に減少か…”. news.yahoo.co.jp. 日テレNEWS (2023年2月23日). 2023年2月25日閲覧。
  121. ^ 北朝鮮女性の「出産拒否」で金正恩氏もタジタジ”. news.livedoor.com. デイリーNKジャパン (2018年2月23日). 2019年12月19日閲覧。
  122. ^ a b c d 池上彰の学べるニュース 2010年10月13日放映
  123. ^ a b 国際連合人口部 2015, p. 18.
  124. ^ 2|「人口ボーナス」から「人口オーナス」へ”. 2018年6月1日閲覧。
  125. ^ 中学校跡に遺族集結=手抜き工事責任追及やまず-四川大地震から10年・中国”. 2018年6月1日閲覧。
  126. ^ 結婚も出産も「今じゃない」20代。一人っ子政策廃止でも少子化進む中国”. 2018年6月1日閲覧。
  127. ^ 中国、昨年の出生数発表 「一人っ子政策」完全廃止も前年比減”. 2018年6月1日閲覧。
  128. ^ 中国の出生数、建国後最少に”. 2024年1月18日閲覧。
  129. ^ 『未来の年表』著者が日本より急激に少子高齢化する台湾で訴えたこと”. gendai.ismedia.jp. 現代新書編集部. 2019年12月19日閲覧。
  130. ^ 第106回:香港政府はいつまで少子化問題を放置するか”. www.toyo-sec.co.jp. 東洋証券. 2019年12月19日閲覧。
  131. ^ Staff, Reuters (2021年7月23日). “中国、営利目的の個別学習指導禁止 関連企業の株価急落”. Reuters. https://jp.reuters.com/article/china-education-idJPKBN2ET269 2021年7月25日閲覧。 
  132. ^ 平成16年版少子化社会白書
  133. ^ 平成17年 人口動態統計の年間推計”. 厚生労働省 (2005年12月22日). 2008年7月26日閲覧。
  134. ^ 19年の出生率1.36、12年ぶり低水準 少子化加速”. www.nikkei.com. 日本経済新聞 (2020年6月5日). 2020年6月5日閲覧。
  135. ^ 日本の将来推計人口”. 国立社会保障・人口問題研究所. 2020年5月6日閲覧。
  136. ^ “日本の人口、50年後には3割減”. AFPBB News. (2012年1月31日). https://www.afpbb.com/articles/-/2854433?pid=8393273 2012年3月22日閲覧。 
  137. ^ “2060年、総人口8674万人に 減少数は1都6県消失規模に”. 産経新聞. (2012年1月30日). https://web.archive.org/web/20120130013856/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120130/plc12013010220006-n1.htm 2012年3月22日閲覧。 
  138. ^ 人口推計(2019年(令和元年)10月1日現在)結果の要約”. 総務省. 2020年5月6日閲覧。
  139. ^ 19年総人口1億2616万7000人 減少率は最大の0.22%”. 日本経済新聞. 2020年5月6日閲覧。
  140. ^ 2019年(令和元年)人口推計(2019年(令和元年)10月1日現在)‐全国:年齢(各歳),男女別人口 ・ 都道府県:年齢(5歳階級),男女別人口‐)
  141. ^ “タイの出生率が史上最低に=女性の地位向上と教育レベルの上昇が関係か=高齢化社会入り―中国メディア”. (2013年10月6日). https://www.recordchina.co.jp/b77436-s0-c30-d0052.html 2015年5月23日閲覧。 
  142. ^ a b 日本ならば1960年代のように大学進学率が男子15%、女子2.5%程が良いと指摘されている。
  143. ^ a b c 大卒女性の働き方: 女性が仕事をつづけるとき、やめるとき - 40 ページ ,脇坂明, 冨田安信
  144. ^ a b c d e 名古屋大学大学院敎育発達科学硏究科紀要p28: 名古屋大学大学院教育発達科学研究科,2008
  145. ^ a b 出生率0.81の「韓国」で起きている少子化の深刻”. 東洋経済オンライン (2023年2月12日). 2023年2月25日閲覧。
  146. ^ a b 中国の「宿題、学習塾禁止令」が目指す選抜社会 「誰もが成功できる時代」の終わり 次世代中国 | NEC wisdom | ビジネス・テクノロジーの最先端情報メディア”. wisdom. 2023年2月26日閲覧。
  147. ^ オフィステクスト・三菱総合研究所政策経済研究センター 『手にとるように経済がわかる本』 かんき出版、2009年、227頁。
  148. ^ 少子化中国、学習塾に規制”. 日本経済新聞 (2021年7月13日). 2023年2月22日閲覧。
  149. ^ 中国少子化対策、家庭教師も禁止 塾規制「代替策」封じ”. 日本経済新聞 (2021年10月12日). 2023年2月22日閲覧。
  150. ^ a b c d e 出生率が下がり始めたフランスの最新事情 ―出産年代の女性減少、移民2世も少産の傾向― | 一般社団法人平和政策研究所”. ippjapan.org (2020年5月20日). 2023年2月25日閲覧。
  151. ^ a b c d e 出生数の稼ぎ頭=地方の非エリート非正規女子をほぼ無視…少子化対策で東京の高学歴女子ばかり利する愚(プレジデントオンライン)”. Yahoo!ニュース. 2023年2月26日閲覧。
  152. ^ a b 女を幸せにしない「男女共同参画社会」p27, 山下悦子 , 2006 年
  153. ^ a b 少子化はキャリア女性のせい?”. リクルートワークス研究所. リクルートホールディングス. 2023年2月24日閲覧。
  154. ^ 本川裕 (2005年3月11日). “図録▽少子化対策と出生率の推移(日本など6カ国)”. 社会実情データ図録. 2008年7月26日閲覧。
  155. ^ 内閣府 「平成13年度 男女共同参画社会の形成の状況に関する年次報告 第1部第3章仕事と子育ての両立」平成14年6月。
  156. ^ “来年の出生数80万人割れも…妊娠届、コロナ禍の5月以降減少”. 読売新聞. (2020年10月22日). https://www.yomiuri.co.jp/medical/20201021-OYT1T50272/ 2021年2月1日閲覧。 
  157. ^ 人口問題審議会 (1999年6月28日). “少子化に関連する諸外国の取組みについて”. 厚生労働省. 2007年7月26日閲覧。
  158. ^ 小峰隆夫 『ビジュアル 日本経済の基本』 日本経済新聞社・第4版〈日経文庫ビジュアル〉、2010年、114頁。
  159. ^ スウェーデンと日本の少子化対策”. www2.ngu.ac.jp. 2019年6月3日閲覧。 [信頼性要検証]
  160. ^ スウェーデンの家族と少子化対策への含意-「スウェーデン家庭生活調査」から-”. 内閣府経済社会総合研究所 (2004年2月). 2023年3月26日閲覧。
  161. ^ a b Befolkning efter födelseland och ursprungsland 31 december 2012” (スウェーデン語). Statistics Sweden (2013年12月31日). 2013年12月22日閲覧。
  162. ^ a b c デンマーク “ゆりかごから墓場まで”政策で世界一幸福な国ワールドジョイントクラブ(WJC)
  163. ^ デンマーク - 合計特殊出生率(出産)”. jp.knoema.com. 2019年6月3日閲覧。
  164. ^ デンマーク:「移民の罠」にはまりかけるその先日経ビジネスオンライン 2008年8月7日
  165. ^ 総合計画局 (2000年6月). “「人口減少下の経済に関する研究会」中間報告書” (PDF). 経済企画庁. 2008年7月27日閲覧。
  166. ^ 第7章 人口減少下の日本の労働市場の方向性”. 財務省. 2021年9月11日閲覧。
  167. ^ http://www.scb.se/Pages/TableAndChart____26041.aspx Foreign background include foreign-born and Swedish-born with two foreign-born parents
  168. ^ 6.5% of the EU population are foreigners and 9.4% are born abroad, Eurostat, Katya VASILEVA, 34/2011.
  169. ^ http://www.ssd.scb.se/databaser/makro/SaveShow.asp
  170. ^ 「経団連会長、TPP参加で労働力として移民奨励」 読売新聞、2010年11月8日。
  171. ^ a b ◆貧しい国から富める国へ、東欧も人口減少危機”. ニューススフィア. 2022年1月17日閲覧。
  172. ^ 「中川少子化相「移民政策を視野」…政府で議論も」 読売新聞、2012年2月24日。
  173. ^ 移民で日本の人口1億人を維持できるか 政府の議論が本格化The Huffington Post 2014年2月25日
  174. ^ https://www.nhk.or.jp/politics/articles/feature/9756.html”. NHK. 2021年9月11日閲覧。
  175. ^ 衆議院議員奥野総一郎君提出外国人労働者と移民に関する質問に対する答弁書”. 衆議院. 2021年9月11日閲覧。
  176. ^ 「『少子化対策は妊娠中絶問題から』 自民野田総務会長 - 政治」、朝日新聞、2013年2月23日
  177. ^ Ceausescu's Longest-Lasting Legacy -- the Cohort of '67”. Sustainability Institute. archive.today. 2012年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月24日閲覧。


「少子化」の続きの解説一覧

少子化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 23:06 UTC 版)

蔡英文」の記事における「少子化」の解説

台湾の少子化は日本より進んでいるが(2014年時点日本出生率1.4に対して台湾1.1)、2015年5月26日には嘉南薬理大学講演で少子化現象について触れ、「現在の若者18歲良く準備しなければならず、以後一人二人分働きをして7080歲まで努力しなければならない」と語った同年12月5日には基金作って少子化現象対策にあたる考え示した

※この「少子化」の解説は、「蔡英文」の解説の一部です。
「少子化」を含む「蔡英文」の記事については、「蔡英文」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「少子化」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

少子化

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 02:27 UTC 版)

名詞

  しょうしか

  1. 女性一人生涯出産する子供人数減ったことに伴い人口対する割合少なくなること。

関連語


「少子化」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「少子化」の関連用語

少子化のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



少子化のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2024 時事用語のABC All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの少子化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの蔡英文 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの少子化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS