少子化とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 時事用語 > 少子化の意味・解説 

しょう しか せう-くわ [0] 【少子化】

親世代よりも子世代少なくなること。合計特殊出生率人口置換水準下回る状態が続き子供の数が減少すること。総人口占め子供人口割合低下すること。 → 人口置換水準

少子化(しょうしか)

子どもの出生数出生率小さくなる現象

1950年に3.65であった合計特殊出生率は、1980年には1.75、1990年には1.54と低下している。<合計特殊出生率>とは、<1人女性生涯に産む子どもの数>のことである。最近では、1.38(1998年現在)まで下がっている。このまま少子化が進めば、ドイツの1.30、イタリアの1.19、という水準にも近づきる。

実際3歳ごとに区切って年齢別人口を見ると、15歳12歳409万人11歳~9歳は376万人、8歳~6歳は358万人となる。子供の数は明らかに減少している。

少子化の原因として、女性晩婚化教育費増大シングル志向の高まりなどが考えられている。特に、DINKS(Double Income No Kidsダブルインカム、ノーキッズ)のように、<共働き子供なし>のような家庭も増えている。

人口水準維持するには<合計特殊出生率2.1>が必要である。日本はこれを大きく下回っており、人口はいづれ減少していくと予測される。

これを何とかするため、子育て支援推進する<エンゼルプラン>など、政治の面でも少子化対策が進められている。具体的には、出産育児休業制度保育施設拡充などの対策各方面から提案されている。

(2000.05.07更新


少子化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/30 17:56 UTC 版)

少子化(しょうしか)とは、


  1. ^ 本来、少子とは末子を意味する語句である。
  2. ^ 例えば、精子染色体異常により、自閉症小人症に罹患する可能性が増大する。
  1. ^ 国立社会保障・人口問題研究所 将来人口推計の国際比較: 日本と主要先進諸国の人口のゆくえ」、『人口問題研究』第64巻第3号、2002年7月31日、 45-69頁、 NAID 40016254152
  2. ^ 有史以来の日本の人口の変化”. 平成16年版 少子化社会白書. 内閣府 (2004年). 2008年7月26日閲覧。
  3. ^ 厚生労働省>審議会>社会保障審議会>医療分科会>福祉行政報告例>35ページ>妊産婦死亡率の年次推移
  4. ^ 厚生労働省>審議会>社会保障審議会>医療分科会>2008年11月>1~2ページ>妊産婦死亡率の年次推移
  5. ^ 厚生労働省>平成22年人口動態統計の概況>死産率・周産期死亡率
  6. ^ 厚生労働省>審議会>社会保障審議会>医療分科会>福祉行政報告例>37ページ>死産率の年次推移
  7. ^ 厚生労働省>審議会>社会保障審議会>医療分科会>2008年11月>4ページ>周産期死亡率の年次推移
  8. ^ 厚生労働省>審議会>社会保障審議会>医療分科会>福祉行政報告例>38ページ>新生児死亡率の年次推移
  9. ^ WHO>World Health Statistics 2012>63~83ページ>Cause-specific mortality and morbidity>Maternal mortality ratio
  10. ^ WHO>World Health Statistics 2012>51~61ページ>Life expectancy and mortality>Stillbirth rate , neonatal mortality rate
  11. ^ 厚生労働省>人口動態統計>平成22年>簡易生命表の概況
  12. ^ a b 厚生労働省>平成23年度>人口動態統計>合計特殊出生率の推移
  13. ^ WHO>World Health Statistics 2012>157~167ページ>Demographic and socioeconomic statistics>Total fertility rate
  14. ^ a b 「少子化社会に関する国際意識調査」結果の概要(図解版) (PDF)”. 内閣府 (2006年3月). 2008年7月26日閲覧。
  15. ^ “[Analysis of factors related to the recent decline in birth rate in Japan]”. Nihon Koshu Eisei Zasshi 42 (2): 121–8. (1995年2月). PMID 7718907. 
  16. ^ “Factors affecting the most recent fertility rates in urban-rural Bangladesh”. Soc Sci Med 44 (3): 279–89. (1997年2月). doi:10.1016/s0277-9536(96)00076-7. PMID 9004364. 
  17. ^ 平成17年版 国民生活白書 一人の子どもにかける費用はおよそ1,300万円”. 2013年10月11日閲覧。
  18. ^ [1]
  19. ^ 迷惑!非常識な「私は悪くない症候群」の人たち、読売新聞、2016年12月24日
  20. ^ 第1部 少子化対策の現状(第1章 2)”. 2018年6月1日閲覧。
  21. ^ a b c 内閣府 「平成13年度 男女共同参画社会の形成の状況に関する年次報告 第1部第3章仕事と子育ての両立」平成14年6月
  22. ^ 若年者雇用の不安定化の概況
  23. ^ 平成22年 社会保障を支える世代に関する意識等調査報告書 厚生労働省
  24. ^ 1.出生数、出生率の推移|平成27年版 少子化社会対策白書(概要<HTML形式>) - 内閣府
  25. ^ 文部科学省>大学・短期大学等の入学者数及び進学率の推移
  26. ^ 文部科学省>大学・短期大学への進学率の推移
  27. ^ a b c d e Demographic references - Fertility rates (Report). OECD. (2016). doi:10.1787/health-data-en. 
  28. ^ 西岡八郎 (2005年1月). “超低出生・南欧諸国の出生変動の研究:日本の少子化への示唆”. 早稲田大学. 2008年7月26日閲覧。
  29. ^ 少子化の国際比較”. 平成16年版 少子化社会白書. 内閣府 (2004年). 2008年7月26日閲覧。
  30. ^ “進む米国の少子化 20%は未婚で出産”. (2015年4月9日). http://www.afpbb.com/articles/-/3046488 2015年5月23日閲覧。 
  31. ^ a b c 柳沢房子「フランスにおける少子化と政策対応」、『レファレンス』、国会図書館、2007年11月NAID 40015710824
  32. ^ Munich Alex Webb (2014年6月11日). “少子高齢化進むドイツに人材危機-有権者は移民受け入れに傾く”. ブルームバーグ. http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N6ZO2U6JIJUQ01.html 2014年6月14日閲覧。 
  33. ^ 多様な結婚の形態と子育て支援-オランダ、フランス、スウェーデンの例から (PDF). 平成17年版 国民生活白書 (内閣府): 66-67. (2005-08-12). http://www5.cao.go.jp/seikatsu/whitepaper/h17/10_pdf/01_honpen/pdf/hm01-ho221.pdf 2008年7月26日閲覧。. 
  34. ^ “人口減少進むロシアの州政府、「家族計画の日」を制定”. AFPBB. (2007年9月12日). http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2280898/2126338 
  35. ^ 小泉悠 (2014年2月20日). “ロシアが名門以外の大学生に軍事教育を義務化 破綻の危機に直面する徴兵制、頭をひねる政府幹部・・・”. 日本ビジネスプレス. http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39982 2014年2月22日閲覧。 
  36. ^ “タイの出生率が史上最低に=女性の地位向上と教育レベルの上昇が関係か=高齢化社会入り―中国メディア”. (2013年10月6日). http://www.recordchina.co.jp/a77436.html 2015年5月23日閲覧。 
  37. ^ “世界一「お節介な国」、シンガポール婚活事情”. (2014年11月18日). http://www.recordchina.co.jp/a77436.html 2015年5月23日閲覧。 
  38. ^ 各国の少子化対策”. 平成17年版 少子化社会白書. 内閣府 (2005年). 2008年7月26日閲覧。
  39. ^ クーリエ・ジャポン』2010年5.6月号
  40. ^ 韓国政府、世界初の「少子化税」検討-Chosun online 朝鮮日報
  41. ^ 韓国、OECD加盟国で出生率最下位…唯一の「超少子化国」”. 中央日報 (2018年8月22日). 2018年8月22日閲覧。
  42. ^ a b c d 池上彰の学べるニュース 2010年10月13日放映
  43. ^ a b 国際連合人口部 2015, p. 18.
  44. ^ 2|「人口ボーナス」から「人口オーナス」へ”. 2018年6月1日閲覧。
  45. ^ 中学校跡に遺族集結=手抜き工事責任追及やまず-四川大地震から10年・中国”. 2018年6月1日閲覧。
  46. ^ 結婚も出産も「今じゃない」20代。一人っ子政策廃止でも少子化進む中国”. 2018年6月1日閲覧。
  47. ^ 中国、昨年の出生数発表 「一人っ子政策」完全廃止も前年比減”. 2018年6月1日閲覧。
  48. ^ 年少人口(14歳以下)のこと
  49. ^ 平成16年版少子化社会白書
  50. ^ 平成17年 人口動態統計の年間推計”. 厚生労働省 (2005年12月22日). 2008年7月26日閲覧。
  51. ^ “日本の人口、50年後には3割減”. AFPBB News. (2012年1月31日). http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2854433/8393273 2012年3月22日閲覧。 
  52. ^ “2060年、総人口8,674万人に 減少数は1都6県消失規模に”. 産経新聞. (2012年1月30日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120130/plc12013010220006-n1.htm 2012年3月22日閲覧。 
  53. ^ “2040年、896市町村が消滅!? 若年女性流出で、日本創成会議が試算発表”. 産経新聞. (2014年5月8日). http://www.sankei.com/life/news/140508/lif1405080009-n1.html 2014年11月13日閲覧。 
  54. ^ “若年女性、986自治体で人口半減 2040年までに”. 朝日新聞. (2014年5月8日). http://www.asahi.com/articles/ASG577DHPG57UTIL060.html 2014年11月13日閲覧。 
  55. ^ オフィステクスト・三菱総合研究所政策経済研究センター 『手にとるように経済がわかる本』 かんき出版、2009年、227頁。
  56. ^ 本川裕 (2005年3月11日). “図録▽少子化対策と出生率の推移(日本など6カ国)”. 社会実情データ図録. 2008年7月26日閲覧。
  57. ^ 人口問題審議会 (1999年6月28日). “少子化に関連する諸外国の取組みについて”. 厚生労働省. 2007年7月26日閲覧。
  58. ^ 小峰隆夫 『ビジュアル 日本経済の基本』 日本経済新聞社・第4版〈日経文庫ビジュアル〉、2010年、114頁。
  59. ^ 竹崎孜 『スウェーデンはなぜ少子国家にならなかったのか』 あけび書房、2002年11月。ISBN 9784871540421[要ページ番号]
  60. ^ スウェーデンの家族と少子化対策への含意-「スウェーデン家庭生活調査」から-”. 内閣府経済社会総合研究所 (2004年2月). 2008年7月26日閲覧。
  61. ^ 池上彰、池上彰のニュースから未来が見える、文春新書、2013[要ページ番号]
  62. ^ a b c デンマーク “ゆりかごから墓場まで”政策で世界一幸福な国ワールドジョイントクラブ(WJC)
  63. ^ デンマーク:「移民の罠」にはまりかけるその先日経ビジネスオンライン 2008年8月7日
  64. ^ 総合計画局 (2000年6月). “「人口減少下の経済に関する研究会」中間報告書 (PDF)”. 経済企画庁. 2008年7月27日閲覧。
  65. ^ 子ども手当について 一問一答 - 厚生労働省
  66. ^ 「The Compass−−少子化対策にも有効−−夫婦別姓制度の成立を願う」、週刊東洋経済 第6247号 2010年2月20日
  67. ^ 「国民の選択 勝間の視点 「先の見えない時代」を読む、変える」勝間和代、PHP研究所
  68. ^ 「少子化の障害は取り除け、夫婦別姓問題」、BLOGOS、2015年12月4日
  69. ^ 「選択的夫婦別姓に賛成52% 朝日新聞社世論調査」、朝日新聞、2015年11月10日
  70. ^ 「本社世論調査:カジノ法案、反対62%…女性に根強い反発」、毎日新聞、2014年10月19日
  71. ^ 「夫婦別姓訴訟 普遍的な人権の尊重を」、東京新聞、2015年11月5日
  72. ^ 家族の法制に関する世論調査 2012年12月実施
  73. ^ 「職場で進む夫婦別姓、20代女性は過半数が民法改正を支持」、Economic News、2013年2月17日
  74. ^ 「(私の視点)家族のあり方 親権問題にも論点広げて 古賀礼子」朝日新聞、2016年2月19日。
  75. ^ 「経団連会長、TPP参加で労働力として移民奨励」 読売新聞、2010年11月8日。
  76. ^ 「中川少子化相「移民政策を視野」…政府で議論も」 読売新聞、2012年2月24日。
  77. ^ 移民で日本の人口1億人を維持できるか 政府の議論が本格化The Huffington Post 2014年2月25日
  78. ^ 移民受け入れ「断固反対」約半数 J-CAST調べJ-CASTニュース 2012年3月8日
  79. ^ 「『少子化対策は妊娠中絶問題から』 自民・野田総務会長 - 政治」、朝日新聞、2013年2月23日




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「少子化」の関連用語

少子化のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



少子化のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2018 時事用語のABC All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの少子化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS