共働きとは? わかりやすく解説

とも‐ばたらき【共働き】

読み方:ともばたらき

[名](スル)夫婦がともに働き出て生計立てること。「共稼ぎ」の語感きらってできた語。→片働き


共働き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/12/16 16:43 UTC 版)

共働き(ともばたらき)とは、夫婦がともに雇用されて働いていること。類語に共稼ぎ(ともかせぎ)がある。働き手が家庭に2人いることから、俗に「2馬力」とも呼ばれる[1]。また共稼ぎ世帯はダブルポケット族とも呼ばれていた[2][注 1]パワーカップルという言葉には絶対的定義がまだ確立していないが、子供の有無を問わずに「夫婦とも年収700万円以上の夫婦」であれば日本国全世帯の0.5%が該当、「夫が600万円以上かつ妻が400万円以上の夫婦」であれば日本国全世帯の1%が該当する[5]


  1. ^ 元々は1981年に日経流通新聞(現日経MJ)が第十四回消費者調査で自営業を除いた夫婦共に年収二百万円以上の世帯の主婦をダブルポケット族と定義し[3]、それが流行語となったもの[4]
  1. ^ 横山光昭 (2013年1月26日). “外食や趣味にお金を使い過ぎ、“二馬力”のメリットを生かせない夫婦が多い!ケース別診断(2)「DINKs」の場合|家計再生コンサルティング|ザイ・オンライン”. ダイヤモンド社 ザイ・オンライン. 2014年6月16日閲覧。
  2. ^ 『現代世相語辞典』 p.59 榊原昭二 1984年8月 ISBN 978-4760102532
  3. ^ 『生活ジャーナル (11)』 pp.42-45 市民ネットワーク情報センター 1981年5月
  4. ^ 『日本経済新聞社 120年史』 日本経済新聞社 1996年
  5. ^ 「なぜ、日本人の金融行動がこれから大きく変わるのか? 」- p113 宮本弘之, 鳩宿潤二, 久保田陽子
  6. ^ 『平成15年度 男女共同参画白書』内閣府
  7. ^ 図12 専業主婦世帯と共働き世帯”. 労働政策研究・研修機構. 2023年3月26日閲覧。
  8. ^ “国際恋愛する前に知らないと超ヤバイ「価値観の違い」6つ”. (2012年10月3日). https://men-joy.jp/archives/63958 2014年6月16日閲覧。 
  9. ^ a b 『BRUTUS』、マガジンハウス、2016年8月15日、19頁。 


「共働き」の続きの解説一覧

「共働き」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「共働き」の関連用語

1
共働きし 活用形辞書
100% |||||

2
共働きしろ 活用形辞書
100% |||||

3
共働きせよ 活用形辞書
100% |||||

4
共働きできる 活用形辞書
100% |||||

5
共働きさす 活用形辞書
100% |||||

6
共働きさせる 活用形辞書
100% |||||

7
共働きされる 活用形辞書
100% |||||

8
共働きしうる 活用形辞書
100% |||||

9
共働きしそう 活用形辞書
100% |||||

10
共働きしそうだ 活用形辞書
100% |||||

共働きのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



共働きのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの共働き (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS