2006年とは? わかりやすく解説

2006年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/18 14:06 UTC 版)

2006年(2006 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、日曜日から始まる平年平成18年。


  1. ^ 和久井健東京卍リベンジャーズ(18)講談社、2020年7月17日。ISBN 978-4065201060https://kc.kodansha.co.jp/product?item=0000342939 
  2. ^ a b ドクター・フー世界年表”. バップ. 2020年6月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月23日閲覧。
  3. ^ アーサー・C・クラーク『2061年宇宙の旅』早川書房、1995年、28・62頁。ISBN 978-4-15-011096-3 
  4. ^ アーサー・C・クラーク『2001年宇宙の旅 ―決定版―』早川書房、1993年、229頁。ISBN 978-4-15-011000-0 
  5. ^ 製品紹介 - 『S.T.A.L.K.E.R. SHADOW OF CHERNOBYL』日本語マニュアル付英語版公式サイト。2018年3月21日閲覧。
  6. ^ スプリンターセルとは? - 『スプリンターセル パンドラトゥモロー』公式サイト。2018年3月21日閲覧。
  7. ^ 木原武一 訳 『聖書の暗号』
  8. ^ ピーター・デイヴィッド『バトルシップ』リンダブックス、2012年、7 - 13頁。ISBN 978-4-8030-0320-8 
  9. ^ アーサー・K・バーンズ『惑星間の狩人』東京創元社、1969年、60-74・78-81・97・267頁。ISBN 978-4-488-63501-5 



2006年(3歳)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/10/23 06:33 UTC 版)

ウェルアームド」の記事における「2006年(3歳)」の解説

この年ドバイ遠征し遠征初戦1月19日行われたシャドウウェルファームトロフィー(一般競走)をライアン・ムーア騎乗し制し2勝目挙げた以降遠征中はムーア騎乗することになり、続く2月10日UAE2000ギニーG3)は9着、3月21日UAEダービーディスクリートキャット敗れて11着という結果終わりその後休養入ってレース出走せずに3歳終えた

※この「2006年(3歳)」の解説は、「ウェルアームド」の解説の一部です。
「2006年(3歳)」を含む「ウェルアームド」の記事については、「ウェルアームド」の概要を参照ください。


2006年(第8版)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 15:38 UTC 版)

SI併用単位」の記事における「2006年(第8版)」の解説

2006年の第8版においては次のようになった。これは2004年CIPM決定よるものである。 併用単位: 分、時、日、度、分、秒、ヘクタールリットルトンネーパベル削除されヘクタール追加された。) ただし、ネーパベルデシベル3つは、SI単位とは考えられていないが表8に記載されており、CIPMによりSI単位との併用認められている。 併用単位実験的に得られるもの): 電子ボルトダルトン統一原子質量単位天文単位ダルトン追加された。原子質量単位の名称が統一原子質量単位となった。ただし、ダルトン統一原子質量単位は同じ単位であり、名称と単位記号異なるだけである。)

※この「2006年(第8版)」の解説は、「SI併用単位」の解説の一部です。
「2006年(第8版)」を含む「SI併用単位」の記事については、「SI併用単位」の概要を参照ください。


2006年(平成19年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/19 21:49 UTC 版)

sorachoco」の記事における「2006年(平成19年)」の解説

既存イベントライブでの活動加え5月から「目指メジャーデビュー」を合言葉に3ヶ月連続単独合同ライブイベント参加7月ライブにてコロムビアミュージックエンタテインメントからのデビュー決定発表したまた、テレビ番組『クーパカポカポ』(tvk)のオープニング・エンディングテーマ担当した

※この「2006年(平成19年)」の解説は、「sorachoco」の解説の一部です。
「2006年(平成19年)」を含む「sorachoco」の記事については、「sorachoco」の概要を参照ください。


2006(平成18)年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/04 07:32 UTC 版)

稲井」の記事における「2006(平成18)年」の解説

宮城工業株式会社吸収合併し、現在の株式会社 稲井 塩釜工場創業する。

※この「2006(平成18)年」の解説は、「稲井」の解説の一部です。
「2006(平成18)年」を含む「稲井」の記事については、「稲井」の概要を参照ください。


2006年(出演者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/18 09:44 UTC 版)

ファントム (宝塚歌劇)」の記事における「2006年(出演者)」の解説

宝塚歌劇公式ページ参照 出雲綾専科所属夏美よう梨花ますみ大伴れいか・高翔みず希鈴懸三由岐 春野寿美礼眉月凰絵莉千晶彩吹真央悠真倫 花純風香真飛聖橘梨矢愛音羽麗涼葉らんの 紫万新舞城のどか未涼亜希桐生園加・貴怜良 桜一花・嶺輝あやと・華形ひかるわかな・紫峰七海 望月理世花野じゅりあ珠まゆら・舞名里音・華城季帆 初姫さあや日向燦紫陽レネ・星紀はんな・桜乃彩音 扇めぐむ夕霧らい・祐澄しゅん・愛純もえり朝夏まなと 華耀きらり・聖花まい・月央和沙花ちな・花咲りりか 望海風斗天宮菜生澪乃せいら華月由舞・嶺乃一真 浦輝ひろと初輝よしや・湖々マリア芽吹幸奈彩城レア 遼かぐら梅咲衣舞煌雅あさひ冴月瑠那瀬戸かずや 瞳ゆゆ夏城らんか野々すみ花白姫あかり鳳真由 花蝶しほ輝良まさと春花きらら花峰千春・彩咲めい 真瀬はるか鞠花ゆめ天真みちる初花美咲日高大地 銀華水花織千桜月野姫花神房佳希・花輝真帆 悠南はやきは全日休演

※この「2006年(出演者)」の解説は、「ファントム (宝塚歌劇)」の解説の一部です。
「2006年(出演者)」を含む「ファントム (宝塚歌劇)」の記事については、「ファントム (宝塚歌劇)」の概要を参照ください。


2006年(2年目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 01:06 UTC 版)

愛媛マンダリンパイレーツ」の記事における「2006年(2年目)」の解説

1月16日監督コーチ沖泰司就任また、コーチには斉藤浩行加藤竜人それぞれ2月就任した3月1日付でリーグ直営からIBLJ全額出資愛媛マンダリンパイレーツ株式会社運営移管され、7月までに愛媛県企業である星企画が全株式取得した前年反省踏まえ、苦手としている高知善戦した高知との対戦成績1215敗3分)。前期は、沖新監督掲げ守り勝つ野球チーム内に浸透しミス自滅する試合少なくなった。また、4月投手浦川大輔近平省悟活躍一時首位立った。しかし、その後高知香川首位争い割って入ることができず前期3位終わった後期前年首位打者調子上げ投手陣踏ん張ったが、攻守とも好不調の波が激しくチーム勢いをつけることができず、後期3位終わった個人タイトル56打点打点王獲得浦川最多奪三振獲得したチーム成績は振るわなかったが、荒木一や梶原有司など将来性のある選手順調に伸び次年度期待を抱かせた。またシーズン直前アドバイザリースタッフとして発足時から携わってきた藤田元司死去しそのままポスト空席となる。 前年続いて観客動員数リーグ最多記録した。ただし、他のチーム同様、動員数前年より減少した

※この「2006年(2年目)」の解説は、「愛媛マンダリンパイレーツ」の解説の一部です。
「2006年(2年目)」を含む「愛媛マンダリンパイレーツ」の記事については、「愛媛マンダリンパイレーツ」の概要を参照ください。


2006年(J1)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/28 04:36 UTC 版)

アビスパ福岡」の記事における「2006年(J1)」の解説

監督 松田浩 水谷雄一 中村北斗 金古聖司 千代反田充 アレックス 久藤清一 城後寿 ホベルト 薮田光教 田中佑昌 グラウシオ 2006年 J1 第09新潟戦(J1復帰後初勝利チームスローガンClimb to the top ! 松田体制4年目薮田光教前神戸)、布部陽功久藤清一(共に前C大阪)などを補強したが、12終了時点で1勝6敗5分の16位。5月22日松田監督から解任後任V川崎神戸の元監督川勝良一就任2006 FIFAワールドカップによるリーグ戦中断期間に神戸からバロンを完全移籍、また大宮から佐伯直哉東京Vから飯尾一慶期限付き移籍獲得シーズン成績16位。J1・J2入れ替え戦J23位神戸に2分けながらアウェーゴール差で敗れ1年でのJ2降格決まったシーズン終了後に川勝が監督辞任5回戦勝ち残っていた天皇杯沖野等代行監督務めた。なお、この年運営会社商号福岡ブルックス株式会社からアビスパ福岡株式会社変更された。

※この「2006年(J1)」の解説は、「アビスパ福岡」の解説の一部です。
「2006年(J1)」を含む「アビスパ福岡」の記事については、「アビスパ福岡」の概要を参照ください。


2006年(5歳)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/13 15:31 UTC 版)

マラーヘル」の記事における「2006年(5歳)」の解説

この年前年続きドバイ遠征し、初のダート戦となるドバイワールドカップ出走したエレクトロキューショニスト敗れて6着だった。帰国後は前年と同じローテーション走りジョンポーターステークス (G3) で前年同じく5着、続くハクスレイステークス (G3) で連覇達成前年2着だったハードウィックステークス (G2) も制した。そして重賞競走2連勝挑んだキングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークスではハリケーンラン敗れて6頭中5着だった。続くインターナショナルステークスでは、勝ったノットナウケイトから短頭差での2着、12月には前年続いて香港遠征して香港ヴァーズで5着となり、レース後は休養入った

※この「2006年(5歳)」の解説は、「マラーヘル」の解説の一部です。
「2006年(5歳)」を含む「マラーヘル」の記事については、「マラーヘル」の概要を参照ください。


2006年(AFCチャンピオンズリーグ初優勝)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/07 01:21 UTC 版)

全北現代モータース」の記事における「2006年(AFCチャンピオンズリーグ初優勝)」の解説

2006年 2006年のACLでは、グループステージガンバ大阪準決勝蔚山現代FC下し、初の決勝進出を果たす。そして決勝戦では、シリアアル・カラマを第1戦・第2戦通じて3-2下し、初のアジア王者輝いた同年12月アジア代表としてFIFAクラブワールドカップ2006出場するも、出場6チーム中5位に終わった2007年2007年ACLにも、前回優勝チームとして決勝トーナメントから出場したものの準々決勝浦和レッズ敗れた。特に全北ホーム行われた第2戦では、全北選手執拗なラフプレー行い試合後にレッドカード提示され全北主将キム・ジェヨン主審対し中指突き立てるなどの行為問題となった

※この「2006年(AFCチャンピオンズリーグ初優勝)」の解説は、「全北現代モータース」の解説の一部です。
「2006年(AFCチャンピオンズリーグ初優勝)」を含む「全北現代モータース」の記事については、「全北現代モータース」の概要を参照ください。


2006年(第4回)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/23 02:50 UTC 版)

仙台カップ国際ユースサッカー大会」の記事における「2006年(第4回)」の解説

MVP デニウソン MIP ケヴァン・モネ=パケ 遠藤康3年連続出場。'04,'05年は東北代表) 東北 下田光平 その他 アレシャンドレ・パト ヤニック・サグボ アントニー・モデスト ガリー・ボカリ マロリー・マルタン ダミアン・プレッシ 遊佐克美(Cap.) 清水圭介 乾貴士 森村昂太 平繁龍一 長沢駿 東北 鈴木弾

※この「2006年(第4回)」の解説は、「仙台カップ国際ユースサッカー大会」の解説の一部です。
「2006年(第4回)」を含む「仙台カップ国際ユースサッカー大会」の記事については、「仙台カップ国際ユースサッカー大会」の概要を参照ください。


2006年(2年目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 00:52 UTC 版)

徳島インディゴソックス」の記事における「2006年(2年目)」の解説

シーズン開幕前の2月20日に、新コーチ衣川幸夫深谷亮司決定した3月1日付でリーグ直営からIBLJ全額出資徳島インディゴソックス株式会社運営移管され、7月までに徳島県企業であるユーセイ・ホールディングスが全株式取得したコーチのほか、前年オフ捕手全員を含む選手大量解雇行い大幅なメンバー入れ替え行った。しかし、エース角野雅俊のケガによる出遅れ前年活躍した番場由樹不調投手陣手薄になり、チーム編成大きな誤算生じた。また捕手経験不足が響き投手支えることができなかった。攻撃面では入団2年目選手伸び悩み機動力活かすことができなかった。先発投手佐藤広渡邊隆洋やストッパー小林憲幸好投見せるなど明る材料もあったが、前期後期とも最下位終わった個人タイトル小林11セーブをあげ、最多セーブポイント獲得した9月22日から10月12日まで、元メジャーリーガー多田野数人スポット参戦短期在籍)。 シーズン終了後小野和幸監督来季契約結ばないことを発表した後任には元広東洋カープ白石静生就任した2006年10月11・12日にアメリカの独立リーグチームであるセントポール・セインツ交流戦開催した結果セインツの2勝)。

※この「2006年(2年目)」の解説は、「徳島インディゴソックス」の解説の一部です。
「2006年(2年目)」を含む「徳島インディゴソックス」の記事については、「徳島インディゴソックス」の概要を参照ください。


2006年(3歳)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 15:21 UTC 版)

ジェイペグ」の記事における「2006年(3歳)」の解説

5月2日ケニルワース競馬場競走馬デビュー迎え勝利を挙げた次の競走勝利し、その次は重賞初挑戦となるランガーマンステークス (G3) に出走したが5着だった。その後は3戦して2勝、2着1回となり迎えたケープクラシック (G3) を制して重賞競走勝利を挙げた。さらに続くスランゴール・カップ (G2) も制して重賞競走2連勝達成して2歳終えた

※この「2006年(3歳)」の解説は、「ジェイペグ」の解説の一部です。
「2006年(3歳)」を含む「ジェイペグ」の記事については、「ジェイペグ」の概要を参照ください。


2006年(2年目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 23:08 UTC 版)

高知ファイティングドッグス」の記事における「2006年(2年目)」の解説

2月20日、坊西コーチ後任として小牧雄一コーチ就任発表された。 3月1日付でリーグ直営からIBLJ全額出資高知ファイティングドッグス株式会社運営移管されたが、その後出資者確保した他の3球団異なりIBLJが全株式保有する状態が続いた前年主力メンバーがほぼ残留しまた、新加入の山本伸一中心に機動力駆使した攻撃相手圧倒した守備面では國信貴裕、梶田宙中心に堅守投手盛り立て接戦をものにした。2006年シーズン前半前年続き開幕ダッシュ成功して優位に戦い進めた5月投手陣調子崩し香川首位明け渡したが、6月3日香川との直接対決高梨ノーヒットノーラン達成しチーム勢いがついた。その後は、引き分け挟んで11連勝快進撃で他のチーム寄せ付けなかった。6月29日の対徳島戦に勝利し前期優勝2006年シーズン前期後期2シーズン制)を達成した2006年シーズン後半選手育成主眼置いた采配戦い進めた。そのため、出場機会少な控え選手先発メンバーに使う試合増えた。それでも投手陣三本柱高梨相原上里田光正が安定した投球試合作り後半戦強さ見せつけた。終盤入り首位独走した香川猛追したが及ばず後期2位となった。なお、後期雨天中止となった香川1試合代替試合実施せず44試合終了している。個人タイトルでは相原17勝を挙げ最多勝上里田が11セーブ最多セーブポイント山本伸一36盗塁盗塁王それぞれ獲得した観客動員22,448人で1試合平均510人だった。 年間総合優勝賭けた2006年リーグチャンピオンシップ後期優勝香川との対決となった結局1勝3敗で敗れ2年連続年間総合優勝逃したホームでの第1、2戦に相原高梨左右エース立てながらミス絡み、2試合とも落としたことが最後まで響いた2006年11月21日行われたプロ野球ドラフト会議角中勝也千葉ロッテマリーンズからドラフト7位で指名を受け、チーム初めNPBに進むことになった。なお、高卒1年目支配下NPBドラフト指名受けた独立リーグ選手は、その後10年間、事例がなかった。

※この「2006年(2年目)」の解説は、「高知ファイティングドッグス」の解説の一部です。
「2006年(2年目)」を含む「高知ファイティングドッグス」の記事については、「高知ファイティングドッグス」の概要を参照ください。


2006年(J2)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 15:11 UTC 版)

柏レイソル」の記事における「2006年(J2)」の解説

チームスローガン : 「タフネス明神智和G大阪波戸康広土屋征夫大宮玉田圭司名古屋大野敏隆東京V矢野貴章永田充新潟へ完全移籍したが、4年ぶりの復帰となった北嶋秀朗清水から完全移籍で、SEパルメイラスから前年神戸プレーしていたディエゴ期限付き移籍獲得したJ2リーグ戦は横浜FC神戸自動昇格争い2位神戸勝ち点差1の3位迎えた最終節湘南戦に勝利し神戸仙台敗れたため、2位での自動昇格決め1年でのJリーグ ディビジョン1(J1)復帰果たした。なお、84得点2006年シーズンJ2最多得点であった合言葉として「一心同体」が使用されシーズンであった

※この「2006年(J2)」の解説は、「柏レイソル」の解説の一部です。
「2006年(J2)」を含む「柏レイソル」の記事については、「柏レイソル」の概要を参照ください。


2006年(全21タイトル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/19 03:49 UTC 版)

Xbox Live Arcadeのゲームタイトル一覧」の記事における「2006年(全21タイトル)」の解説

1月25日 Marble Blast Ultra 2月07Crystal Quest 3月09Jewel Quest 3月16日 フィーディング フレンジー 3月23日 Astropop 5月10日 UNOマイクロソフト) - Xbox LIVE ビジョン無料ダウンロードコードが付属2014年12月末配信終了7月12日 フロッガー 7月19日 クローニング クライド 7月26日 ギャラガ 8月09パックマン 8月30日 タイムパイロット 9月13日 スクランブル 9月28日 ドゥーム 10月11日 ディグダグ 11月02日 TotemBall(マイクロソフト) - 無料ライブカメラ必須11月08魂斗羅 11月22日 Small Arms 12月06RoboBlitz 12月13日 Assault Heroes 12月20日 Novadrome 12月27日 ニューラリーX

※この「2006年(全21タイトル)」の解説は、「Xbox Live Arcadeのゲームタイトル一覧」の解説の一部です。
「2006年(全21タイトル)」を含む「Xbox Live Arcadeのゲームタイトル一覧」の記事については、「Xbox Live Arcadeのゲームタイトル一覧」の概要を参照ください。


2006年(J1)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 14:09 UTC 版)

京都サンガF.C.」の記事における「2006年(J1)」の解説

クラブスローガン :「ONE FOR TEAM -情熱旋風-」 柱谷体制3年目4月G大阪から手島和希5月名古屋から角田誠期限付き移籍獲得したが、シーズン当初より低迷し10月柱谷監督から解任ヘッドコーチ美濃部直彦監督就任したが、11月26日G大阪戦に敗れ最下位決まりJ2降格決定した

※この「2006年(J1)」の解説は、「京都サンガF.C.」の解説の一部です。
「2006年(J1)」を含む「京都サンガF.C.」の記事については、「京都サンガF.C.」の概要を参照ください。


2006年(2歳)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 06:59 UTC 版)

マウントネルソン」の記事における「2006年(2歳)」の解説

10月競走馬デビュー迎えたが2着、約2週間後に初勝利を挙げた次に連闘重賞およびG1競走初挑戦となるクリテリウム・アンテルナシオナル出走。スピリットワンをアタマ差で下しG1競走勝利を挙げた。この勝利ロックオブジブラルタル産駒G1競走勝利となった

※この「2006年(2歳)」の解説は、「マウントネルソン」の解説の一部です。
「2006年(2歳)」を含む「マウントネルソン」の記事については、「マウントネルソン」の概要を参照ください。


2006年(3歳)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/12/20 12:58 UTC 版)

マルシャンドール」の記事における「2006年(3歳)」の解説

休養終えて3月復帰戦で初勝利を挙げた。続く4月準重賞競走は2着、5月準重賞競走制して2勝目挙げ重賞競走初挑戦となったポルトマイヨ賞 (G3) も制して重賞競走勝利を挙げた次のリゾランジ賞 (G3) こそ6着だったものの、G1競走初挑戦となったモーリス・ド・ゲスト賞では、8番人気の評価覆してG1競走勝利を挙げた。この勝利フレディ・ヘッド厩舎にとっても管理馬のG1競走勝利となった。しかし続くフォレ賞は7着という結果終わりその後休養入った

※この「2006年(3歳)」の解説は、「マルシャンドール」の解説の一部です。
「2006年(3歳)」を含む「マルシャンドール」の記事については、「マルシャンドール」の概要を参照ください。


2006年(第2回)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/21 05:24 UTC 版)

香川レインボー映画祭」の記事における「2006年(第2回)」の解説

11月25日26日開催ビーイング・ノーマル - Being Normal2003年韓国誓いますか?/誓います - Tying the knot2004年アメリカ梵天 - Bonten(2004年日本東京のどこかで - Somewhere in Tokyo(2006年、日本プリカちゃん - Plica-chan(2006年、日本ゲストトーク - 大阪府議会議員 尾辻かな子

※この「2006年(第2回)」の解説は、「香川レインボー映画祭」の解説の一部です。
「2006年(第2回)」を含む「香川レインボー映画祭」の記事については、「香川レインボー映画祭」の概要を参照ください。


2006年(ローラ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/04 14:04 UTC 版)

ハイクロフト・レーシング」の記事における「2006年(ローラ)」の解説

2006年にハイクロフトは、ダイソン・レーシング英語版)から購入したMG-ローラ・EX257で、ALMS参戦開始した2006年シーズンプチ・ル・マンを含む4レース出場しプチ・ルマンでは3位だった。チームLMP1クラスチームランキング4位でシーズン終えた

※この「2006年(ローラ)」の解説は、「ハイクロフト・レーシング」の解説の一部です。
「2006年(ローラ)」を含む「ハイクロフト・レーシング」の記事については、「ハイクロフト・レーシング」の概要を参照ください。


2006年(2年目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 00:33 UTC 版)

香川オリーブガイナーズ」の記事における「2006年(2年目)」の解説

3月1日付でリーグ直営からIBLJ全額出資香川オリーブガイナーズ株式会社運営移管され、7月までに徳島県企業であるS.R.Dが全株式取得した。 このシーズン堂上隼人筆頭長打力のある打者戦力補強して得点力上げたまた、入団2年目選手新加入選手との激しポジション争いで力をつけた。投手陣では、入団2年目深沢和帆リーグ代表する左腕投手成長した前期は、5月入って投打咬み合い8連勝し一時高知ファイティングドッグスから首位奪ったが、その後高知との直接対決で勝つことができず、前期優勝逃した後期チーム状況好転し序盤から勝ち星重ね首位独走した期待されていた主砲森田丈武復活して堂上とともにホームラン量産し相手投手脅威となった。この二人クリーンアップ組んだ若林春樹チャンス活躍しチーム勝利貢献した投手陣先発ローテーション金城佳太、塚本浩二入り、層が厚くなり、夏場連戦をうまく乗りきることができた。後期終盤入り高知猛追したが、香川首位キープした9月24日の対愛媛戦に勝ち、後期優勝達成した前年同様、雨天中止となった高知1試合代替試合実施せず44試合後期終了した個人タイトル堂上本塁打王首位打者二冠獲得し深沢最優秀防御率獲得したリーグチャンピオンシップ前期優勝高知との対決となったビジターでの第1、2戦に連勝して勢いをつけ、3勝1敗で勝利し年間総合優勝達成した10月26日監督芦沢真矢コーチ森博幸退任することを発表10月27日、新監督として前愛媛監督西田真二、新コーチとして前徳島コーチ柳田聖人それぞれ1年ぶりにリーグ復帰することが決まる。 11月21日行われたドラフト会議深沢読売ジャイアンツからドラフト5巡目で、伊藤東京ヤクルトスワローズから育成選手ドラフト指名受けた

※この「2006年(2年目)」の解説は、「香川オリーブガイナーズ」の解説の一部です。
「2006年(2年目)」を含む「香川オリーブガイナーズ」の記事については、「香川オリーブガイナーズ」の概要を参照ください。


2006年 (ns-3の基礎開発)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/05 07:23 UTC 版)

ns (シミュレータ)」の記事における「2006年 (ns-3の基礎開発)」の解説

ns-2の開発開始から10年経過する過程で、CPU進化において高クロック化からマルチコア化へのパラダイムシフト起き無線ネットワーク普及急速に進み始めた。それに伴って、ns-2のソフトウェアアーキテクチャでは、開発当初想定していなかった並列化によるシミュレーション処理のスケール無線ネットワークへの対応が難しいという問題現れ始めてきた。その2つの問題対処するために、アメリカ国立科学財団 (NSF)の支援の下で、Tom Henderson, George Riley, Sally Floyd, and Sumit Roy等が先導するチームにより、ソフトウェアアーキテクチャ全面的に刷新したns-3が開発された。ns-3では、開発者がOTclとC++という異なプログラミング言語オブジェクト間の関連性意識しなくて済むようにシナリオ,コア共に記述言語C++統一された。この変更により、ns-2とns-3の間のクラスモジュール互換性無くなったまた、Gustavo CarneiroによりPythonバインディングWafビルドシステム開発され新たに導入された。さらに、無線ネットワークのシミュレーションコードの充実,MPIによる並列化対応が行われた。ソフトウェアアーキテクチャ刷新に伴い、ns-2まで存在したビジュアライザであるNam廃止された。その代わりに、シミュレーション実行終了時出力されるトレースファイルを読み込んでトポロジ上にパケットフローを表示するオフラインビジュアライザとしてNetAnimが、シミュレーション実行中にシミュレータ内部アタッチし、パケット流れトレースしてトポロジ上にパケットフローを表示するオンラインビジュアライザとしてPyVizが用意された。ns-2の時代ドキュメントの不足を反省し各種ドキュメント拡充されDoxygenによりソースコードから生成されAPIリファレンス用意されるようになった以前メジャーバージョンであるns-2では過去開発され有線ネットワークプロトコルのシミュレーションコードが充実していた。しかし、最新のns-3では、ns-2とのクラスモジュール互換性捨てて無線ネットワークへの対応を強化したため、有線ネットワークプロトコルのns-3ネイティブなシミュレーションコードが不足している状態である。そのため、学術界全体としてns-2からns-3への移行難航しており、ns-2の開発停止後も長らくの間、有線ネットワーク分野ではns-2、無線ネットワーク分野ではns-3という住み分け続いている。 依然としてns-3の開発継続されているが、未だにns-2と比較して実装されていないアルゴリズム多くネットワーク基本的な動作にもバグが多い(マルチキャスト転送で、ノード接続されNIC枚数倍だけ不必要にパケット複製して送信するバグが、2016年3月24日リリースのns-3.25まで修正されていなかった)。従って、ns-2と比較してシミュレータとしての信頼性が低い模様である。

※この「2006年 (ns-3の基礎開発)」の解説は、「ns (シミュレータ)」の解説の一部です。
「2006年 (ns-3の基礎開発)」を含む「ns (シミュレータ)」の記事については、「ns (シミュレータ)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「2006年」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「2006年」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「2006年」に関係したコラム

  • 株365の相場と金相場との関係

    株365で取引可能な日経225証拠金取引、DAX証拠金取引、FTSE100証拠金取引、FTSE中国25証拠金取引の4銘柄と金相場とはどのような関係にあるでしょうか。下の図は、株365の4銘柄のもとにな...

  • 株365の相場と原油相場との関係

    株365で取引可能な日経225証拠金取引、DAX証拠金取引、FTSE100証拠金取引、FTSE中国25証拠金取引の4銘柄と原油相場とはどのような関係にあるでしょうか。下の図は、株365の4銘柄のもとに...

  • CFDのトウモロコシ相場の見方

    CFDのトウモロコシ相場は、生産国や消費国の情勢、気候などにより値動きが大きくなります。この値動きは、テクニカル指標では分析できないほど荒い値動きになります。ここでは、過去のトウモロコシ相場を振り返り...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「2006年」の関連用語

2006年のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



2006年のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの2006年 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのウェルアームド (改訂履歴)、SI併用単位 (改訂履歴)、sorachoco (改訂履歴)、稲井 (改訂履歴)、ファントム (宝塚歌劇) (改訂履歴)、愛媛マンダリンパイレーツ (改訂履歴)、アビスパ福岡 (改訂履歴)、マラーヘル (改訂履歴)、全北現代モータース (改訂履歴)、仙台カップ国際ユースサッカー大会 (改訂履歴)、徳島インディゴソックス (改訂履歴)、ジェイペグ (改訂履歴)、高知ファイティングドッグス (改訂履歴)、柏レイソル (改訂履歴)、Xbox Live Arcadeのゲームタイトル一覧 (改訂履歴)、京都サンガF.C. (改訂履歴)、マウントネルソン (改訂履歴)、マルシャンドール (改訂履歴)、香川レインボー映画祭 (改訂履歴)、ハイクロフト・レーシング (改訂履歴)、香川オリーブガイナーズ (改訂履歴)、ns (シミュレータ) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS